やっと入れた保育園… でもそこは地獄だった 待機児童の実態

待機児童の実態について
リンク

———————————————

二次募集は無理だと分かっていたので、わらをもつかむ気持ちで「お願いします」と即答。ネットで調べると、関東に10園以上展開するチェーンのようで、明るい写真と、「保育士は全員正社員」「愛情を持って育てます」といった園の運営に関する言葉が書かれており、ほっと一安心。夫とも「とにかく認可に入れるまで、ここに入れよう」と話し、上司にも連絡を入れた。

説明会では、保育士と運営会社のスーツの男性が現れた。週末だったため園児の様子は見ることができず、かわいいイラストの切り絵が貼ってある保育室を見学し、入園約束金2万円を払って終了した。部屋はマンションの1階にある30畳程度の1部屋。毎日散歩に行き、0~2歳中心。保育士は0歳児クラスでは園児2人につき1人、1歳児クラスでは園児3人につき1人、2歳児クラスでは6人につき1人が配置されると聞き、安心した。

昼食は給食センターからの配達で、コンビニ弁当のようなメニュー(揚げ物あり)がプラスチック容器に詰められているものだったため、まだ1歳になったばかりの息子には手製のお弁当を持たせることに決めた。職場復帰と同時に始まる弁当作りは不安だったが、離乳食も完全に終わってないうちから揚げ物を食べさせるよりはいいかと決意。復帰は間近に迫っていたが、やっと安心でき、登園バッグやお弁当袋を縫うなど、少しでも息子に何かしてあげたいという気持ちだった。

そして4月。A園に通い始めて10日目に、連載冒頭の恐怖のシーンを目撃した。

■入園説明会での内容はほぼウソだった。

A園は、入園式も何もなく、1週間の慣らし保育から始まった。いつ迎えに行っても園児(0~2歳)約40人に対して、保育士は2~3人。しかも、常に連絡ノートを記入するのに必死で、子どもたち(ほとんどがまだハイハイか伝い歩きの赤ちゃん)は部屋中に散らばって泣くか、床を這っているか、とぼとぼと歩いているか……。不審に思い「オモチャなどで遊ばないのでしょうか?」と連絡ノートに書いた次の日には、お迎え時にこれ見よがしに床にオモチャが数個散らばっていた。一緒に歌を歌ったり、絵本を読んだりする姿は一度も目にすることがなかった。

 

 

 

 

大越菜央

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 19:04 |コメントする    Print This Post


子育ての悩みはまずは口に出してみること

以下引用サイト
リンク

**************************************

公園であったお母さん、こどものおけいこ先で知り合ったお母さん、私達は母親になると母親が集まる世界でいろいろな女性との出会いがあります。しかしとかく子どもレベルの話しで終わってしまいがちです。

きのう熱を出した、どこどこの小児科医はどうだ、野菜を食べないで困っている、あそこでこども靴のバーゲンがあるなどの範疇でのこどもレベルの話しが大半の人とのつきあい程度ではないでしょうか。

これを一歩超えて少し親しくなった段階でもせいぜい夫の仕事について、どこどこに旅行したことがある、というまだ表面的な事実だけを話す程度ではないでしょうか。

しかし本当の所はもう少し踏み込んでこどもがかわいく思えないときがあること、自分は本当は働きに出たいこと、夫とうまく行っていないこと、姑にいじめられていること、女の体のこと、避妊のこと、セックスレスの悩み、昔の彼のこと、家庭の経済的悩み、好きになれないIちゃんのお母さんのこと、まで話したいと思うときがあるのではないでしょうか。

私達は女同士だから本当はこういうことも話したいけれども実際にはこどもがいっしょにいるときであれば話しが中断されてしまったり、昼間の公園で陽がさんさんと照っているもとで夫婦のふとんの中での話しなどはとうていできません。

またそれ以上に周りのお母さん方にこんなことを話したらうわさとして流されてしまうのではないかとか、こどもを殴ってしまったことでも話せばひどい母親だと敬遠されてしまうのではないかと躊躇しとても話せません。

■カミングアウト

長い間、都会の窮屈な住居で子育てをいらいらしながらしていた母親は衝動的なこどもへの虐待、あるいはたまの平手打ちなども他のお母さん方にはとうてい告白できなかったのです。

しかし徐々にその風潮もくずれ、今ではそのような環境に押し込められればだれだってノイローゼになってしまう、ぶってしまうこともあるということが世間で理解されてきました。私は決して児童虐待を肯定しているわけではありません。私は単に今まで口にできなかった事を女性はもっと堂々と気持ちに素直になって言ってみるべきだと提案しているのです。

こんなことを感じている自分はおかしいのではないか、こんなことを言ったらきっとみんなから異常な母親として村八分を受けるのではないか、と思わないでとにかく言ってみることです。

そこには、「あら、Oさんもそういうことがあるの?実は私も先日、こどもをぶってしまったの。後からすごく後悔したんだけれども。」と会話が発展し、自分だけが孤立化してそのように感じているのではないということに気がつくと思います。

母親失格と思っていたのに、そのように感じることがあるのも普通なんだと受けとめられてきます。同じような悩みを抱えている人が近くにいて、話し合えることに気がつくはずです。

疑問は投げかけてみましょう。もしかしたらみんなも同じなのかなと声をかけて聞いてみましょう。どこかにきっと、「あら、私もそう思っていたの。こういった気持ちはおかしくないよね。」と同調してくれる人が必ずひとりくらいは現れるはずです。また現われなくてもいいではないですか。

すべて周りのお母さんがみんな家でも公園にいるときと同じような笑顔でこどもとしょっちゅう遊んでいると思ったら大間違いです。自分で思いつめないで、話すことでかなり心が軽くなるものです。つらい子育ての部分にも元気がわいてくるはずです。

今は子育てが本当にやりにくい時代になっているのです。自分一人でない、みんなもがんばっているんだ、同じことで悩んでいるんだと思うことは、私達の中に大きな力を与えうるのです。解決策が見出せることもあります。

夫に話しても限界を感じたり、壁にぶつかることがあります。悩みを分かってもらえるのは同じ境遇のもとにいるもの同士だけということもあるのです。そのためそのチャンスを見逃さないでください。このように心を開くことによってできた友はかけがいのない一生の友となるはずです。

 

 

 

 

西本圭

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 19:14 |コメントする    Print This Post