「親の失敗談」が子供の“最高の栄養”になる 「どう生きるか」を考える材料は身近にある

 子供たちは学校・塾以外の時間を家の中で過ごしていますが、家庭ヒアリングの内容を読む限り、保護者と生徒の会話はどうしても勉強やしつけ等、親が主導権を持った会話になっているようです。
 しかし、心の中ではお互いに聞いて欲しい違う話題があるはずです。でも、どこか歯車がかみ合わなかったり、対面で話すには恥ずかしさもあり、ギクシャクしてしまうのではないでしょうか?

 そのようなときに、親側からこんな切り出しをしてみては・・・という話がありました。
*************
リンク
○話す人と聞く人の心をつないでくれる
 杉山少年物語(筆者自身の体験談です)は、多くの場合、うまくいったことよりも失敗したことのほうが受けました。でも、時には一生懸命頑張って成功した話もしました。
(中略)

 こういう話は、話す人と聞く人の心をつないでくれます。心理学の言葉を使っていえば、自己開示によって親密度を高めることができるということになります。つまり、この人も自分と同じ人間なんだということがわかることで、ぐっと親しみが増すのです。「お父さんもドジや失敗をしていたんだ」「お母さんも運動が苦手だったんだ」と感じれば、自然に親しみが湧くのです。

○親の話から、生き方のモデルを学ぶことができる
 ですから、私は、親である皆さんも、自分が子どもの頃の話をしてあげるといいと思います。皆さんのお子さんは、親である皆さんが子どもの頃のことをどれだけ知っていますか? ほとんど知らないのではないでしょうか? だいたいいつも、「なんで○○できないの。○○しなきゃダメでしょ。ああしなさい。こうしなさい」というようなことばかり言っていて、きっと子どもたちはみんな聞き飽きています。

 皆さん自身の物語をしてあげると、親子の親しみがより一層増すのはもちろんですが、それ意外にもいいことがいっぱいあります。子どもはそこからなんらかの教訓を学ぶかもしれません。

 これは東京都の吉田さんという40代の女性に聞いた話です。吉田さんの長女は、今は高校生ですが、中学1年生のときに部活動の人間関係で悩んで、それを吉田さんに打ち明けてくれたことがありました。そのとき、吉田さんは娘さんの話を共感的に聞きつつ、自分が同じように中学生の時にクラスの人間関係で悩んだ話をしてあげました。すると、数年後に娘さんが、「あのときお母さんが自分の話をしてくれて、ありがたかった。お母さんも同じことで苦しんだんだ。だから、私のこともわかってくれているって感じた。それに相手との距離の取り方がすごく参考になった」と話してくれました。

 また、親の話から生き方のモデルを学ぶことができるというのも大きなことです。子どもたちは人生経験が少ないので、生き方とか人生というものがまるでわかっていません。テレビや本、マンガ、アニメ、小説、伝記などで少しずつそれを学んでいくわけですが、いちばん身近な親の物語をしてあげるとすごくよい栄養になります。目の前にいる実在の人物ほどインパクトのあるものはないからです。

 さて、こういったことは職場でも当てはまります。職場の上司という立場の人は、よく「○○じゃダメ。ああしなさい。こうしなさい」という話をしてしまっていると思います。聞いている人は、いい加減うんざりしています。それよりもぜひ、自分自身の物語を話してあげてください。そのほうがみんな真剣に聞いてくれますし、親しみも湧いてきます。何らかの教訓を得て生かしてくれるかもしれません。とにかく、いろいろな面でよい波及効果があると思います。

 ただし、家庭で話すときも職場で話すときも、気をつけてほしいことがあります。それは、説教、道徳教材、自慢、愚痴などにならないようにすることです。そうではなく、物語であり文学であることが大事です。物語・文学のよさは、押し付けがましくなく、それでいて栄養がたくさんあり、そこから何を得るかは聞く方の自由ということです。

*************
 筆者の具体的な失敗談は省略しましたが、最も身近な大人である親も、同じ年頃の頃は進路や仲間関係で悩んでいたこと、その後の人生の中でも失敗をしてきたことを話し、それを乗り越えてきた経験で得たことを語り合うことは、お互いを観察し、同化しあうことに繋がるのではないでしょうか。

 勿論、先生・塾講師でも可能なことですが、授業内でこのようなことを行なうと脱線することは目に見えており、追求への緊張感を削ぐことになるのでNGでしょう。

 

 

 

 

坂本伸一

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 00:51 |コメントする    Print This Post


12歳で「文房具図鑑」を出版した子のママに聞く! 子どもの“創造力”をぐんぐん伸ばす秘訣とは(その1)

リンク より引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学6年生にして、『文房具図鑑』(いろは出版)を出版した山本健太郎くんという少年をご存知でしょうか?
168品目にも及ぶ文房具を自身で実際に使ってみたレビューを手書きで細かく描き、メディアでも天才少年と言われたほど、思わず大人でも見入ってしまうような、人を惹きつける図鑑をまとめ上げた文房具少年です。
まさに健太郎くんは創造力の塊!
今回は、そんな健太郎くんを育てたママであり、『創造力が伸びる! 子供の夢中を止めない小さな習慣』(扶桑社)の著者である山本香さんにインタビュー。
健太郎くんが、これほどまでに創造力を発揮することができるに至った秘密を読み解きます。

◆子どもの「夢中」を邪魔しない!
山本さんは著書の中で健太郎くんが「天才少年」と呼ばれることについて、戸惑う反面、「『夢中』の天才」であるかもしれないとおっしゃっていますが、健太郎くんが「『夢中』の天才」になるにおいて、ご自身の行動が影響している部分はありましたでしょうか?
山本香さん(以下、山本):もし私の行動で影響していることがあるとすれば、息子が夢中になっているときに、その気持ちがつぶれてしまわないように応援したり、それを邪魔しないように見守っていた事くらいでしょうか。
私自身、子どものしぐさや言葉などが可愛くて、「カケラノート」と称して小さなメモ帳にその様子や発した言葉を綴ったり、出かけた時に気になる事をメモしたり、何か作ったりしているのですが、それが息子の描く事に影響していたかはわからないです。
というのも、こちらから描く事を強要したこともないですし。
――そうなんですね!山本さんの「カケラノート」を書く習慣などに、健太郎くんも影響されている部分があるのかと思っていました。
山本:どうなんでしょうか?(笑)実はうちでは主人も私も漫画はあまり読まないのですが、息子は大好きです。息子が漫画に夢中になって描くようになった時期がありまして。それは、親以外の周囲の影響もたくさんあったと思います。
お父さんが読んでいる新聞の片隅にあった4コマ漫画を見て好きになったり、幼稚園にあった『かいけつゾロリ』の本を見て夢中になったり、私の兄の部屋にあった漫画に夢中になったり。あとはお友達の影響もあると思います。
見るだけではなく描きたいと思って描くようになったのは、息子の中で描かずにはいられない何かワクワクする気持ちが芽生えて、その気持ちが手を動かしていったのかもしれないですね。
息子が小さい頃、漫画を夢中になって描いていたときに「けんたん、漫画家になりたいんだ。どうしよう」と言っていたのがとても可愛くて印象的でした。
「好きで好きでたまらない!」という気持ちがすごく伝わってきて、それだけ好きになれるってすごいなって思った事があります。
「夢中」から何かを生み出すのは、親ではなくて子ども自身!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(その2)に続きます。

 

 

 

 

がらがらどん♪

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 00:57 |コメントする    Print This Post


12歳で「文房具図鑑」を出版した子のママに聞く! 子どもの“創造力”をぐんぐん伸ばす秘訣とは(その2)

リンク より引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――健太郎くんの「夢中」を止めず、創造力を育てるために、ご自身が能動的に行なっていたことってあるんでしょうか?
山本:先ほど言ったような、夢中になっている時に邪魔をしない、というのもそうですが、こちらが能動的に行なっていたことでいうと、息子が夢中になっていることに対して、こちらが何か応援出来ることはないかなと探して、実際にその機会を提供したことはありました。
例えば、『かいけつゾロリ』に夢中になっていた時は、作者の原ゆたかさんのサイン会情報を知り、事前に電話してなんとか整理券を取ったりしましたね。その時、息子は本当に行きたかったみたいで、お仏壇のリンをチンチーンと鳴らしてご先祖様に整理券が取れるようお願いしてましたよ(笑)
――健太郎くんが文房具に興味を持ち始めてからはどうでしょうか?
山本:文房具に夢中になった頃はいろいろな文房具屋さんへ連れて行ってみたり、図書館で「文房具」と検索して文房具の本を借りたり、本屋さんで息子が好きそうな本があったらお土産に買ってきたり……
息子のためにしてあげている、というよりは、親も子どもが教えてくれた世界を一緒に体感して楽しんでいるという感じでしたね(笑)
でも、あくまでも「その中で何かに気付いたり、掴むのは本人」というのは大事なことかなと思っていたので、こちらの思いを強要しないようにしていました。
私は息子が夢中になっている分野や時間を「神聖な夢中ゴコロの領域」と捉えていて、そこには足を踏み入れすぎないように心がけていたように思います。
――「神聖な夢中ゴコロの領域」……確かに子どもならば誰でも持っているもの、という気がします。
山本:神聖な領域と言えば、小さな頃にごっこ遊びでいろいろ楽しそうなお話を自分で作って独り言のように話していたことがあったのですが、そういうときはなるべく話しかけないようにしてました。
聞いていると、とっても楽しいんですよ!
夢中になって絵を描いているときも同じで、頭の中に広がっている楽しそうな夢中世界を中断しないように、そっとそのままにしておいたりしていましたね。
ワクワクや思い出を共有しよう

――想像しただけで可愛いですね!他には何か、健太郎くんに良い影響があったと思われることはありますか?
山本:良い影響があったかはわからないですが、私が子供の頃、父からもらってとてもワクワクして嬉しかった缶入りのお年玉缶は息子にもあげています。缶の中に一年間小銭を貯めていって、お正月にお年玉としてあげるんです。
小さな子どもの頃は、お札より小銭の方が身近で使いやすいというのもありますし、一体いくらあるんだろうと自分で数える楽しみもありますので。最近は一緒に数えた後に、お札に両替してあげたりしていますが、いくら入っているのかわからないドキドキ感は親子共通で盛り上がれるんですよ。
「1年かけて親が貯めてくれた」と思うことで、受け取る子どもの気持ちも変化してくると感じます。
あとは1年間の成長記録を誕生日ボードにして作っています。なかなか写真を撮りっぱなしですべてはプリント出来ないのですが、誕生日にはその1年間の成長を感じながら、いろいろな思い出も振り返りながら写真やその時、息子が夢中だったものも入れながらコラージュして親からのメッセージを付けて贈っています。
思い出の物を捨てる前に「ありがとう」と感謝の言葉掛けをしたり。まだ捨てたくないものはアレンジしてまた生まれ変わる楽しさを感じてみたり。
――忘れがちですが、そういった実際に手をかけたものに対する思い入れというものは、親子両方の心に残るものですよね。
山本:そうですね。今は多くのコミュニケーションが携帯メールのやりとりに変わってしまいましたが、一時期は息子が留守番するときに手書きのメモをよく書いていまして、そのメモに息子が楽しい返事を書いてくれて、アナログな手書きメモのコミュニケーションがお互いに楽しかったというのもありましたね。
一人で留守番する寂しさが、メモでのコミュニケーションの楽しさを教えてくれたと思っています。
そして、これは本人にもういいやと言われたらやめようと思ってますが、毎年、銀杏が綺麗な季節に定点観測成長記録のように、同じ季節に同じ公園に写真を撮りに行っています。自然の景色はそんなに変わらないのに子どもの成長はこんなに早いというのが感じられて、1日1日大切にしてほしいなという思いもありまして。
誕生日ボードや定点観測成長記録は、私自身が忘れかけていた、子どもの成長を蘇らせることのできる貴重なひとときになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(その3)へつづく

 

 

 

 

がらがらどん♪

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 00:09 |コメントする    Print This Post


12歳で「文房具図鑑」を出版した子のママに聞く! 子どもの“創造力”をぐんぐん伸ばす秘訣とは(その3)

リンク より引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆子どもの発信してくれるすべては親の宝物
――子どもの「夢中」を止めたくない、好きなことを見つけて夢中になってほしいと思いながらも、つい余裕がなく自分の都合で動いてしまい、後から自己嫌悪に陥るなど、多くの母親が経験していることと思います。
実際に、そのようなことに悩まれている多くの方に対してアドバイスなどはありますか?
山本:アドバイスなんて、おこがましくて言える立場ではないです(笑)。
ただ一つ言えるのは、子どもの何気なく言う言葉や、短くもドキッとする言葉、可愛いしぐさ……思いのカケラを発信して新たな視点や気づきをくれる時期は意外と短いので、向き合う時間を少しでも大切にしていただきたいなと思います。
きっとそれで親自身も救われたりすることがあるんだと思います。
実は私自身も、息子がわりとしっかりしていたので小学生に上がってからは安心してよく留守番をさせてしまって、寂しい思いをさせてしまったことがありまして。
振り返ると実はその時が一番、こちらに向けて発信力が高かった頃のような気がするのです。お留守番メモのやりとりや、息子が自分自身で作ってくれた“ボクの掲示板”など、真っすぐこちらに向かってワクワクした目でいろいろ話しかけてくれた時期で、いろいろ発信してくれました。
その言葉や思いを、少し逃してしまったのがもったいないなと感じています。
――やはり大きくなるにつれて、男の子だと会話も少なくなっていくものですよね。それが成長なんでしょうけど……。
山本:そうなんですよね(笑)。大きくなるにつれて子どもも学校、勉強、お友達、趣味……といろいろと世界が広がっていき、やることも多くなってこちらに真っすぐに向かって発信してくることが少なくなってきていますから、今は息子の問いかけの会話の返事も極シンプルなものです。
子どもって、細胞が音をたてて成長しているようで本当にあっという間に大きくなるんですよね。
子どもがこちらに向かってたどたどしい言葉ながらも話しかけてくる時期ってすごく短くて、貴重な時期なんだなと思います。
私はそんな時期にメモをとっていた「カケラノート」が、今も読むことであの頃の風景が広がって元気を与えてくれる宝物です。
実は私自身、創造力豊かに育てようとか、そういったことを考えて育てていたわけではないんです。逆に子どもから気づきをもらうことが多くて。それによって親の方が育ててもらってるな、と思うことばかりです。

 

 

 

 

がらがらどん♪

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 00:42 |コメントする    Print This Post