上手な子どものしつけ方・7つのコツ

リンク

より引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①否定語は使わない
②「やらないのを叱る」のではなく「できたことを褒める」
③ラベリング法
④共感で聞き分けがよくなる
⑤自主性が失われる言葉
⑥「ワクワクする言葉」を使う
⑦「You & I」で褒める

①否定語「~しないでね」は使わない
「大人の脳」と「子どもの脳」は構造が違います。
とくに幼い子は…
「イメージできないと行動に移せない」という特徴があります。
イメージとは「頭のなかで映像化」すること。
たとえば…
「こぼさないでね」
「あわてないでね」
という言葉。
イメージしづらいですよね!
これを、イメージしやすいように変換してあげる必要があります↓
「こぼさないでね」
↓↓↓
「そーっと入れてね」

「あわてないでね」
↓↓↓
「ゆっくり歩いてね」

「騒がないでね」
↓↓↓
「静かにね」

コツは…
「~しないでね」を「~してね」に変換すること。
このようにイメージしやすくすると、子どもは聞き分けが良くなります。

②「やらないのを叱る」のではなく「できたことを褒める」
「歯磨きしなさい!」
「はやく宿題をすませなさい!」
子どもを叱って動かすのは簡単なことですが、それはその場限り。
子供を無理やりしつける母親
叱れば叱るほど…
子どもは、そのことがイヤになってしまいます。
イヤになれば…
「バレなければいいや」という気持ちすら湧いてくるものです。
反対に…
「ピカピカに歯を磨けたね!」
「宿題がんばってるね、偉いね!」
と褒めていれば、子どもは段々そのことを好きになっていく。
好きになれば、自主的に動くようになります。
コツは…
「できて当たり前のこと」を褒めることです。
 

③良いレッテルを貼る
不思議なもので…
人に「レッテル」を貼ると、その通りの人間になっていきます。
「算数が苦手なのね」と言われれば、本当に算数が苦手になってしまいます。
反対に…
「優しい子ね!」と言われ続けていれば、次第に「優しい子」になっていきます。
「シッカリしてるね!」と言われ続けていれば、次第に「シッカリした子」になっていきます。
人間は、自分について評価が与えられると『その評価を裏切らない行動』をとってしまう。
これを「ラベリング」といいます。
たとえ、今はできていなくても構いません。
子どもには「良いレッテル」をどんどん貼っていきましょう。
それから「悪いレッテル」は貼らないことです。

④共感すると聞き分けがよくなる
子どもを、頭ごなしに否定することはありませんか?

「嫌だ!もっと遊びたい」
↓↓↓
「もうダメ!帰るわよ」

「あのオモチャ欲しい!」
↓↓↓
「ダメに決まってるでしょ!」

このように…
頭ごなしに否定すると、子どもはますますダダをこねます。
このようなときは『まず共感』するのがベスト↓

「もっと遊びたいよね~、でもね…」
「オモチャほしいよね~、でもね…」
親が「共感」を示すことで、子どもは親の話を聞くようになります。
不思議と聞き分けがよくなるのです。
これは幼児だけでなく、中高生でも大人でも同じです。
 

⑤「~しなさい!」で自主性が失われる
しつけで一番大切なのは…
「自主性を育てる」こと。
●自分からすすんで、掃除をする
●自分からすすんで、勉強をする
このような「子どもの自主性」を潰してしまう言葉が…
「~しなさい!」
「~しなさい!」と言われ続けた子は『指示待ち人間』になってしまいます。
自主性を失うのです。
とはいっても…
「~しなさい!」を使わないなんて、難しいですよね。
どうしたら良いのでしょうか?
「~しなさい!」を「~しよう!」に変えればいいのです。

「7時よ、早く起きなさい!」
↓↓↓
「7時よ、もう起きようね!」

「はやく宿題をしなさい!」
↓↓↓
「はやく宿題をすませようね!」

それぞれ言っている意味は同じですが…
「~しよう」と言われた子には「やらされた感」がありません。
「自分でがんばった」という気持ちになれるので、自主性を失わずに済むのです。
 

⑥「ワクワクする言葉」を使う
「イヤなこと」をさせるには…
「ワクワクするような言い方」をするのがベスト。

「掃除しなさい!」
↓↓↓
「掃除するとピカピカになるね」

「お風呂に入りなさい」
↓↓↓
「お風呂上がりは気持ちがいいね」

「野菜も食べなさい!」
↓↓↓
「野菜を食べると強くなれるよ」

子どもを動かすためのキーワードは
「ワクワク」です。
面倒なことでも、ワクワクすれば面倒でなくなります。

⑦「You & I」で褒める
「スゴイね!」「偉いね!」と褒めていれば、子どもはいい風に変わっていいます。
しかし「変わるまでに時間がかかる」のが難点。
そこで…
「You & I」という、とても効果的な褒め方をご紹介します。
通常の褒め方は主語が「You」↓
「(あなたは)優しいわね!」
「(あなたは)がんばってるわね!」
この後ろに…
「わたしがどう感じたか」という「I」を加えれば、
「You & I」の完成です。
具体的には、こんな感じ↓
「優しいのね!お母さん嬉しいわ」
「勉強がんばってるね!尊敬するよ」
「歌がうまいのね!感動したわ」
「You & I」で褒めると、子どもはとても喜びます。
普通の褒め方より、何倍も効果があるのです。

 

 

 

 

がらがらどん♪

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:49 |コメントする    Print This Post


子連れ出勤は社会性のある子を育てる

20年前から“子連れ出勤”を続ける授乳服メーカー「モーハウス」 の様子を伝える記事を紹介します。

「子どもと一緒に出勤できます」 20年前から“子連れ出勤”を続ける授乳服メーカー「モーハウス」(リンク

“子連れ出勤”は、子供たちにとっても、社会と接する良い機会だとわかります。いいですね。

~以下、リンクより一部引用
 ================================================================
■子連れ出勤は社会性のある子を育てる

 「みなさん子どもと一緒に楽しそうに仕事をしていて、何よりもそれがきちんと利益を生み、給料を払って成立している会社組織であること自体がとても素敵だなと。イメージがガラッと変わり、将来が明るくなりました(笑)」

 取材中もほかのスタッフのひざの上に座ってごきげんの福子ちゃん。見ているこちらが福をもらえるような笑顔だ。

 「産後4か月から最初は週2回でゆっくり復職したのですが、子どもが場所や人に慣れてからは私じゃなくても誰でもいいので(笑)、一緒に子育てしてもらえて助かっています。家でふたりきりだったら、もっと大変だったと思いますね」

 モーハウスでは子連れ出勤の期間を、事務系スタッフの場合は子どもが1歳になるまで、ショップスタッフの場合は2歳になるまでを大まかな目安に、個別に相談して決めている。

 「ここに来ていた子どもたちはみんな社会性がある子どもに育っている」と光畑さん。

 「小さい頃から社会に出てさまざまな環境、人に触れているので、コミュニケーション能力や環境に適応する力を持った子どもに育っているように感じます。“就活に有利です”と言うと短絡的すぎますが(笑)、分断化された社会の中で、多様性のある環境に小さい頃から身を置くことは悪いことではないと思います」(光畑さん)

 

 

 

 

斎藤幸雄

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:49 |コメントする    Print This Post