子どもの想像力を奪わないで!~消えたおままごとの理由~

親や大人たちは子どものためを想い、良かれと思っていろんなおもちゃを買い与えようとしますが、ちょっと待って!そのおもちゃは子ども達が本当に望んでいるものでしょうか?

「園舎はなく、園庭は街ぜんぶ!」「子どもも大人も一緒に過ごして、どちらも主役になれる」「親も子ども達も保育士も、みんなフラットな関係で育ち合う」という場所【おやこ保育園】を実現されている、小竹めぐみさん・小笠原舞さんの著著『いい親よりも大切なこと』P75~76から引用します。

*****************************
(引用開始)

◆おままごとセットの落とし穴

 よく知る、とある保育園での話です。この園には、既成のおままごとセットがありませんでした。子ども達は、積み木やフェルトを丸めて縫ったものなど、いろんなものを食べ物に見立てておままごとをしていたのです。しかしある年、それぞれのクラスに最新のおままごとセットが導入されました。ガスコンロ、水道、調理器具、お皿、野菜、オムライスまでもが揃ったとても立派なものでした。

 その後、その園の子どもたちにある変化が起こったのです。
 室内でのおままごとに集中する時間が圧倒的に短くなったのです。さて、何が起こったのでしょう?

 おもちゃのリンゴは、もうリンゴでしかありません。同じく、おもちゃの包丁でカットすると、マジックテープの付いたリンゴが2つに割れて、まるで本当に切ったように見える楽しい仕組みもあります。でも、やっぱりリンゴ。以前だったら、お皿に見立てたものに積み木が載っていて、「今日はシャケおにぎりだよ」「ケーキをどうぞ」などと、同じものから、子ども達がそれぞれ、どんなものにでも変身させていました。積み木でない他のものを載せてもいいし、何を使ってもよし!というように、とても柔軟だったのです。
 ですが、リンゴやナスなど「それでしかない」というものになった瞬間に、想像力に限界が出てきて、おままごとの内容が狭くなりました。それはそうです。明らかにリンゴの形のものを、お魚だと想像するのは、かえって難しいでしょう。想像力を使う必要がなくなり、集中する時間が短くなったということです。

 一方で、園庭でのおままごとは、以前と同じように集中力が続いていました。外にはおままごとセットがないので、泥だんごや砂利などをご飯に、葉っぱをお皿に見立てるなど、子どもたちが想像できる余地があったからでしょう。
 おままごとセットを買ってはいけないということではありません。わざわざ立派なセットを用意しなくても、身近にある、ちょっとした何かを見つけて、子どもたちは楽しく遊ぶことができることを知っておいて欲しいのです。

(引用終了)
**********************

アインシュタインは幼い頃、ひとり積み木で黙々と遊び続けていたといいます。積み木のように、自分の頭や心でいくらでも展開していけるものだと、考える力、好奇心、探究心など様々な力を育て続けることができるのかもしれません。

想像力を使う余白があり、「何にでもなれるもの」。それが、子どもが飽きずに楽しめるおもちゃとなるものの何よりものポイントだと、小竹さん、小笠原さんは言います。子ども達と接する時は、その視点を頭においておきたいものです。

 

 

 

 

久保田彰子

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 18:04 |コメントする    Print This Post


ダジャレ、連想ゲーム効果で脳が活性化、連想力を鍛える方法

ダジャレには、場を和ませる力があるのはもちろんですが、それを使える人も頭の回転が早くてちょっと羨ましいと思うことも多いです。
やはり、これには多様な情報を連想して繋げていくことで、脳が活性化していくそうです。
そして、その連想する力は、勉強や仕事にもとっても役立つのです。

ritual-success.com/post-11115より引用

ダジャレ、連想ゲーム効果で脳が活性化、連想力を鍛える方法
について紹介します。

(中略)

■連想力を鍛える事の仕事へのメリット

ビジネスシーンであれば、目的はハッキリしている訳です。

先ほどの連想ゲームで言えば、最初のワードと最後のワードは形がだいたい決まっています。

例えば

新製品のプロモーションの場合、

スタートがイベントの開催
ゴールがイベントの成功

に導く為にどうすればいいか、連想をして行く訳です。

目的が変わらない訳ですから、途中のイベントのプログラムを組み替え

新しいプログラムの進行を頭の中でシュミレーションします。

実際に途中で誰かが遅刻しても臨機応変に対応できます。

ビジネスの現場ではこうした柔軟な発想や対応が勝負を を決める事がありますが、

連想力を鍛える事で こうした対応力も伸びます。

■ダジャレ、連想ゲームの勉強への効果

記憶術にも連想は応用できますが、

例えば、

「難解なものを何か身近にある
分かりやすいものや具体的なもの
 に置き換える」

という手法があります。

例えば、

法律や金融といった抽象的な
概念を覚えるとき、

そのまま覚えるのは難しいですが、

「法律」を
「お兄さんの部屋にあった六法全書」

「金融」なら
「駅前にある信用金庫」

などと具体的なイメージに変換すれば記憶に定着しやすいです。

「債権者は債務者に対し、
 暴力的な債権の取り立てを行使した場合…」

と言った難解な法律用語でも、

債権者を顔見知りの銀行員、債務者を親戚のオジサン

と登場人物を設定し具体的なストーリーに連想してみると、意外にも覚えてしまうものです。

英語でも語呂合わせを使うと、

delight(うれしがらせる)

「de」を出口君と名付け、
 「light」は灯りですから、

「出口君が灯りを付けてうれしがらせる」

と連想イメージを膨らませます。

こうしたダジャレのような覚え方も脳への定着を図る事が出来るのです。

■連想を鍛えると脳が活性化

この連想と言うのは脳がますます活性化する アクティビティーの一つです。

「人は連想力一つで、 蛇口のぽたぽた落ちる水から、

ナイアガラの大きな滝へと創造を広げることができる

同じように、インプットされた些細な犯罪データから、

あらゆる事件を解決することも
可能なのだよ…ワトソン君」

というのは名探偵シャーロック・ホームズのセリフですが、

この名探偵の言葉通り、空想や創造、連想の働きはときとして

たったひとつの事実のかけらから、壮大なストーリーを作り出します。

しかもこれらは、脳のニューロン同士が回路をつなげる働きもするのです。

つまり脳が活性化する訳です。

■子供の脳は連想の天才

こうした連想力は子供は大得意です。

近所の普通の坂を自転車で下るだけで、ジェットコースターを連想し、

ドライブでトンネルに入ろうとすれば、モンスターの口に入るんだ!といって楽しんでいます。

子供の脳にはまだ情報が少なく、知識や常識で塗り固められず、フラットに世界を見ています。

ところが大人になればなるほど、知識や常識で自分を知るようになり、柔軟な思考が苦手になり、
 大胆な発想をしたりすることが苦手になってきます。

私たちも童心に返り子供のような心理状態になれば、もっと連想力が鍛えらるかもしれません。

ある俳優さんがテレビで言っていたのですが、

「自分好みのきれいな女性を見ると

その人がどんな家に住んでいて、どんな食生活をしていて、どんな風に家族と会話して

今何の用でここを歩いていて、これから何処へ行くのか、

そういう風に空想を巡らせるのが趣味なんですよ」

と言っていましたが、ある種の連想ゲームをやっているようなものといえるでしょう。

■ダジャレで脳が活性化する

その人は独学で陶芸や書画に親しみ、個展も数回開いていると言います。

多芸多才の俳優さんでライフスタイルもユニークなら趣味もユニークで、

脳の活性化を自然に出来ている人だと感じたことがあります。

恋の力は脳を活性させる力があるので、

特に好みの異性について連想ゲームを展開するのは、

脳を若返らせるのに一石二鳥ですね。

連想力を高めれば それだけたくさんのニューロン回路を駆使することになり、

当然ニューロンのネットワークも増えていきます。

そしてこの連想ゲームのような仕組みを仕事や学習に活かせば

勉強の効率アップとともに脳の活性化も図れ、一石二鳥なのです。

(後略)

 

 

 

喜多雅子

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 18:42 |コメントする    Print This Post