子供に「勉強しなさい」とだけ言うのは「死ね」と言っているのと同じ

「受験うつ」という言葉が出てくるくらい、現代のこどもたちが勉強の強制圧力によって与えられるストレスは大きい。
以下のエッセイは、妹が勉強の強制圧力によるストレスによって脳に障害を患ってしまったという方のもの。
少々過激な内容だが、今、勉強に潰されようとしている子どもたちの気持ちを如実に表しているのかもしれない。

リンク

********************************
前書き

 このエッセイは勉強について述べたものではありません。
 子供にストレスを与えることの危険性を知ってもらうことが目的であり、事実を元に問題提起、及び警告を行なっています

もちろん私も加害者の一人です。
思春期の私は自分の事に精一杯で、部屋に閉じこもった妹に目をかける余裕がありませんでした。しかし大人になった今だからこそ、分かることがあります。

悔しくてたまらない。
だから、多くの人に伝えたいことがあります。
私が持っている最大の情報発信手段を使って、文字で伝えます。

親として子供を育てている方々、いつか親になる方々。
無能な親から虐待を受けた被害者の方々。

・子供に「勉強しなさい」とだけ言うのは「死ね」と言っているのと同じ

所説ありますが、子供は何も知らない状態で生まれてくるというのが正しいです。
社会のルールはもちろん、歩き方、喋り方、簡単な言葉の意味、何から何まで知りません。

どれだけ手のかかる子であっても、適切な教育を行えば必ず立派な大人になります。

と前置きをして。
さて、子供に勉強しなさいと言い続けることの意味について説明します。

皆さん知っての通り、日本の教育は最低レベルです。
情操教育などは最上位に位置していますが、学問については最悪という他ありません。

つまり、面白くないのです。

一方で、世の中には面白い物が山ほどあります。
立派な大人達が必死に考えて、人々を幸せにする為に作り出したものです。

それが学校のツマラナイ勉強と比較になると思いますか?

子供にとって勉強は苦痛です。
大人だって、そのことを知っているはずです。

しかし大人は子供に「勉強しろ」と言います。
それは、そうしなければ社会的に不利になると知っているからです。

その通りです。とても大切なことです。
しかし嘆かわしいことに、大人はそれを教えません。

 「勉強しなさい」
 「やだ!」
 「立派な大人になれないよ!」
 「なんで!?」
 「勉強していい大学に入らないと、いい会社に入れないよ!」
 「なんで!?」
 「うるさい! いいから勉強しなさい」

最悪ですね。
この時点で殺人鬼と同じレベルです。

他にもパターンがあります。

 「宿題やった?」
 「まだー」
 「早くやりなさい」
 「あとでー」
 「さっきから後で後でって、いつやるの!? また先生に怒られるよ!」
 「うるさいなー」
 「親に向ってうるさいとは何!? 早く宿題やりなさい!」

こんなの死んだ方が良いくらいですね。
最悪です、死刑になるレベルの重罪です。

いいですか?
子供にとって勉強は苦痛なのです。

よく無駄に言葉を大事にする人がいますが、言葉は飾りで、大切なのは「意味」です。

  ごめん。
  ごめんね。
  ごめんなさい。
  申し訳ありません。
  申し訳ございません。
  この度の失態は深く反省しており、
  本件につきましては極めて忸怩たる思いがあり、

全て同じ意味です。
印象は違いますけどね。

勉強するというのは子供にとって苦痛なのです。
しかも大人が子供に勉強しろという時は、決まって子供がリラックスしている状況ではありませんか?

その状況で「ストレスを与える言葉」を子供に投げかける。これは子供にとって「死ね」と言われているのと同じです。

残酷な言葉によってストレスを与え続けられた子供は、取り返しの付かないダメージを被ります。

子供は遊びたい。
楽しいことがやりたい。

しかし親は言います。

勉強しろ。
宿題やってから。

子供の「楽しい」を徹底的に潰します。
 

では、親はどうすれば良いのか。
簡単です。楽しいことをしましょう。

本来学ぶというのは楽しいことです。
楽しくない学びは、常に間違った学びです。

 強制される義務教育なんてトイレットペーパー以下の価値しかないのだから、それを捨てて子供をストレスから救えるなら最高です。
義務教育で強制される勉強は苦痛です。
ならば大人は、その苦痛を楽しいに変えてあげる努力をしてください。

********************************

 

 

 

 

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 19:44 |コメントする    Print This Post


わたしたちはなぜ幼児期のことを忘れるのか

日本語のチカラ(リンク)より

幼児期の一番の目的の一つが、幼児期専用言語(母語)による脳の基本機能の開発と言語感覚の習得にあることは間違いないところだと思われます。

もともと幼児自身が持っている自然な機能として、幼児期専用言語の習得による脳機能の開発と言語感覚の習得があります。どんな環境においても自力で身につけていくようにできています。 幼児期の言語習得が重要な理由を挙げてみましょう。

・日本語は世界でも類を見ない習得の難しい言語です。基本的な取得でも10歳ころまでを必要とします。そのために幼児期は基本的な言語感覚を身につける重要な時期となります。
・幼児期専用の言語(母語)があります。これによって脳の機能が決まってきます。この言語を日本語で習得することによって大きなメリットが生まれます。
・幼児期健忘によって幼児期に習得した言語は、ほとんどが記憶に残りませんが、脳の発育とともに言語感覚として身についていると考えられています。
幼児期健忘については、ほとんど全ての記憶が幼児期(3歳から5歳ころ)に数週間程度の間で急速に失われるという現象です。このような現象は幼児期以降では認知症にならない限り起こりません。

幼児期専用の言語の習得を通じて、脳の機能開発を行っていることがわかってきました。学者によっては、幼児期はこのためだけにあると言い切ることもあるようです。いくら言語を覚えても、幼児期健忘によってほとんど記憶には残りません。しかし、脳の機能開発が進むと同時に、幼児期専用言語の言語感覚が蓄積されると思われています。

言語としての記憶は亡くなっても、その言語(日本語)としての言語に対する感覚は残るということですね。この幼児期専用言語は基本的には母親からしか伝承されません。母親以外との会話がある程度できるようになっても、必ず母親との確認行為があります。幼児期の専用言語は母親を介してしか習得できないようになっているようです。

母親以外の者が話しかけても会話はできますし、反応はあります。しかし、幼児が自分の言葉として習得するのは、必ず母親との確認行為が行われた言葉だけのようです。しかも、その言葉は言葉として習得するのではなく、五感のすべてで母親から感じた言語感覚として習得すると思われます。

 

 

 

 

柏木悠斗

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:08 |コメントする    Print This Post


子どもの学力は親の学歴よりも、親の接し方で変わる

保護者の学歴がお子さんの学力に影響するのではと不安に思った経験はありますか?まったく相関がないわけではありませんが、お子さんにとって本当に大切なことは保護者の学歴ではありません。保護者とお子さんの関係性が重要ということを裏付ける調査結果もあるのです。(リンク

□親の学歴と子どもの学力との相関関係
・ねえ、保護者の学歴がお子さんの学力に影響するって話を聞いたことがあるかしら?

・ええ、聞いたことがあります。確かに、医者のお子さんが医者になったり、保護者が卒業した偏差値の高い学校にお子さんも通ったりというケースは多いですよね。

・お子さんの学力と、保護者の学歴や年収、居住地などとの相関性を示す調査結果もあると聞いたわ。

・そうですね。たとえば「大卒住民が多い地域ほど、小学校5年生の算数学力が高い傾向にある(※1)」というデータも存在するようですよ。

・そうなんですね。でも、保護者の学歴は変えられないわ。うちの子は大丈夫かしら。

・まあまあ、美香さん。保護者の学歴とお子さんの学力との相関関係は確かに否定できない部分もあるけれど、それですべてが決まるわけではないのよ。本当に大事なのは、お子さんの進路や勉強する姿勢に対する保護者の考え方ではないかしら?

・私もそう思いますよ。お子さんの学力を左右する要因として、環境や保護者の接し方といった要素がやはりお子さんの学力に大きくかかわってくるのではないでしょうか。たとえば、本が好きな保護者であれば本が身近にある環境でお子さんが育ちます。また、調べることや多くのことに興味を持てる保護者であれば、お子さんにも探求することや勉強することのおもしろさを伝えてあげられるかもしれません。学習意欲を育てる接し方を心がけるなど、保護者の工夫でお子さんが勉強しやすい環境をつくることができます。 

□勉強ぎらいの親がついやってしまいがちな、わが子への態度
・学習意欲を育てる接し方や勉強しやすい環境づくり、うちはできているかしら。

・私も不安だわ。

・マスター、具体的にはどのようなことを心がければよいでしょうか?

・では、お子さんを勉強ぎらいにしてしまいやすい保護者のパターンをみてみましょう。まず、お子さんの勉強に協力的でないということが挙げられます。たとえば、お子さんが勉強している横でテレビを見る、テスト前なのに家族の予定を入れる、食事の時間がまちまちで勉強のスケジュールが立てにくいという状況になっていませんか?また、お子さんの成績や進路に無関心なのもよくありません。テストの点数だけ聞いて会話を終わらせる、宿題や提出物をやったかなどのチェックをしない、学校の話をお子さんに聞かないなど、コミュニケーション不足も学習意欲を下げる原因になってしまうかもしれません。

・なるほど。

・それだけではありません。お子さんから質問されたとき「学校や塾の先生に聞きなさい」と切り捨ててしまったり、志望校選びをお子さんにまかせきりにしてしまったりするのも避けたほうがよいでしょう。

・そうね。話を聞く姿勢を見せることも大切なことだわ。

・そして、「勉強なんかできなくても生きていける」、「行ける高校へ行けばいい」、「学校の勉強なんて、社会に出たら役に立たない」といった投げやりな発言には注意が必要です。お子さんの勉強への気持ちをそいでしまうおそれがあります。

・それでは、保護者としてはどんな心構えでいればよいのでしょうか。

・大切なのは、お子さんの適性を見極め、気持ちに寄り添いながら、学び方や学ぶ楽しさを知ってもらうことだと思いますよ。 

・お子さんが自然と勉強したくなる「親のサポート」
私たち保護者は、子どもたちにどんなサポートをしていけばよいでしょうか。

・神戸大学の西村和雄特命教授と同志社大学の八木匡教授らが行った「子育ての方法が、お子さんにどのような影響を与えるか」という調査があります(※2)。これによると、<放任型><虐待型>の保護者に育てられたお子さんは、将来の成功度や幸福度が低くなってしまいます。逆に、<支援型>の保護者に育てられたお子さんは、高学歴、高所得で、長生きできるなど、将来の成功度や幸福度が高くなるという結果になりました。

・放任型は、お子さんに対して無関心、虐待型は、お子さんを傷つけるような保護者ということですよね。では、支援型というのはどのような保護者なんですか?

・支援型とは、お子さんを信頼し、自主性を重んじる保護者のことを指します。お子さんとの時間を大切にし、いろんな経験をさせたり、困ったときには手を差し伸べたりする存在です。支援型の保護者がしていることの具体的な例として、親子で将来について話し合う、お子さんの興味関心に合わせて家に本などをそろえる、質問や相談をしやすい雰囲気をつくる、一緒に考えて答えを探すなどのことが挙げられます。そうやって、自然とお子さんの気持ちが勉強に向くようにしているんですね。

・参考になりました。私たちも支援型の保護者になれるようにがんばります! 

■参考サイト
(※1)子の学力は親の経済力より、親の学歴が影響 | 舞田敏彦のデータで読み解くDUALな疑問 | 日経DUAL
リンク

(※2)子育ての方法は将来こどもにどのような影響を及ぼす? | 国立大学法人 神戸大学 (Kobe University)
リンク

 

 

 

 

A.i

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:16 |コメントする    Print This Post


「子どもの潜在力を引き出す親」はここが違う

子どもには想像以上の可能性がある。その潜在能力を開花させてあげるのが親の役割だが、どうやればいいのだろうか。今回の対談では国立教育政策研究所 初等中等教育研究部 総括研究官の白水始(しろうずはじめ)氏に聞いた。

******************************************************************

●子どもを評価する軸はひとつじゃない
加藤エルテス 聡志(以下、加藤):本日は学びのあり方の現在と未来について、お伺いしたいと思います。まず、子どものポテンシャルを引き出すうえで、現在、日本で何が課題になっているのでしょうか。

白水始(以下、白水):やはり親や大人が子どもとのコミュニケーションの方法を考えていく必要があると思います。たとえば評価方法ひとつを取ってもいろいろある訳で、「これが正解だ」という押し付けは子どもを型にはめるので避けなければなりません。米国の例を紹介すると、東海岸では、個々人のレベルに合わせて評価方法もカスタマイズできたらいい、という話が進んでいます。正解はあるけどその正解にいたるペースが各々違うから生徒個人ごとにカスタマイズして、みんなに確実に100点を取らせようというのが東海岸のモデルです。

加藤:ゴールは同一のものでも、それまでに至る速度を子ども一人一人に合わせて変えていこうという考え方ですね。

白水:ええ。対照的に西海岸では、100点の正解はあったとしても、それはひとつの軸に過ぎなくて、人間はもっといろんな軸で考えられるべきだという考え方をします。今日見えた正解も明日変わっているかもしれない。違うペース、違うアプローチで学ぶ子どもたちを一緒に合わせてインタラクティブした方がいいのではないかというのが西海岸のモデルです。

加藤:西海岸のほうが知性を多面的に捉えているように見えますね。そもそも金太郎飴方式で典型的な「良い子」を育てようと思っていない印象を受けます。

白水:そうなのです。あと、最近ではテクノロジーの発展によってビッグデータを集めて学習指導に生かそうという動きもありますよね。オンラインの学習コースを提供しているカーン・アカデミーもそうです。そうした大量のデータを解析すれば、たとえば、微分・積分ができない子というのは実は二次関数でつまずいていることが多くて、二次関数ができない子はもっと手前の未知数でつまずいているというプロセスが見えてきます。「じゃあ君は未知数からやりなおそうか」という指導ができるようになる。

こういった、データ利用で効率的な改善策が打てることは確かにプラスです。しかし、この手法が進化していけば進化していくほど、学びって一本のレールが敷かれていてゴールが決まっているものだけだというスタイルの介入になる。

加藤:とすると、データによる効率化によって、まさに型にはまった子どもを効率的に輩出してしまうことに繋がりかねない、ということでしょうか。

白水:そうです。しかし、だからといってなんでもOKを出すのが個性を生かしている教育だととらえるのもまた極端です。ひとつのゴールにたどり着いたら、次の課題へのスタートが見えてくる。今知っていることから、次に知りたいことは何か、自分で次の問いを考えていく力を付けていくことで、学びのゴールは膨らみ、多様化していくと考えています。

加藤:知性が刺激されて、今までわからなかったことが新たにわかるようになる。ソクラテスの無知の知ではないですが、「わからないことがある」ということがわかったということですね。

●「ロングテール学習」が始まっている
白水:たとえば、シンガポールの一部の学校は「ロングテール学習」というのを本気で始めています。「ロングテール現象」は経営学的な用語ですが、既存の店舗販売だと、店の売り上げの8割を2割のヒット商品が稼ぎ出すのに対して、ネットだとニッチな商品の合計販売額がヒット商品のそれを上回るという現象のことです。

加藤:Amazonの品ぞろえも、そのロングテールで稼ぐことがはっきり見えますね。

白水:だから、教育の世界でも国数社理英の5教科の“ヒット”商品以外にも一人ひとりの子供が興味を持つジャンルがあるはずで、その家庭科の調理実習やギャンブル、考古学、恐竜の興味を学びに使う。けれどそれを全部おさえられる先生はいないので保護者と地域の大人に「得意なこと」を登録してもらって教室に来てもらって、得意がマッチした大人と子供でグループになって学ぶ。お勧めのサイトを紹介したりですね。先生はその様子を背後から見ながら、あ、この子、好きな内容ならこんな風に読めるんだと評価する、という実践です。

知は単一の軸ではなく、多様性のあるものです。社会には色んな領域、色んなやり方で才能を発揮している人が居ますよね。これからの教育制度も、親からの接し方も、たくさんの大人がたくさんの子供と関わりあって、そういった多様性を引き出すものでありたいですね。
その先に、子育てでいちばん大事な「子供も一個の人格を持った存在なんだ」「子供は私と違うんだ」という気づきが生まれてくるのではないでしょうか。

リンクより

 

 

 

 

井垣義稀

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:17 |コメントする    Print This Post


“おしごと”と呼ばれる活動が子どもの主体性と集中力を生む。

—————————————
超ユニーク! 先輩ママが驚いた「モンテッソーリ幼稚園」の教育法5つリンク
ママが語る“びっくりしたこと”体験談5つ

(1)『“おしごと”と呼ばれる活動が行われている』
ーモンテッソーリの幼稚園で行われている特徴的な活動
それは、“おしごと”と呼ばれている自由な個別活動のことです。子どもはさまざまな教具(モンテッソーリ独自)の中から自分の興味や発達に即したものを自分で選び活動します。“おしごと”は子どもたちそれぞれの敏感期を背景に、5つの分野に分けられています。

・日常生活の練習……(例:洗濯、アイロンがけ)327879
・感覚教育……(例:ピンクタワー、円柱さし、触覚板、音感ベル)
・言語教育……(例:メタルインセッツ、砂文字板)
・算数教育……(例:金ビーズ、銀行あそび、切手あそび、蛇あそび)
・文化教育……(例:太陽系の惑星の模型、世界地図・日本地図パズル)

(2)『先生があまり子どもの手伝いをしないこと』
保育参観で初めて“おしごと”の時間を見たとき、年少の女の子が水を扱う“おしごと”をしていて、誤って机や床に水を大量にこぼしてしまったそうです。先生はそのことに気がつきましたが、全く手助けをしなかったそうです。
そのお子さんは、何度も水道と席の間を行き来して、長い時間をかけ自分でこぼした水の処理をし、その後何事もなかったかのように、次の“おしごと”を見つけて集中し始めたとのこと。
困ったとき、子どもは自分で先生のそばに行って説明し、手助けを求めることになっているようです。つまり先生の助けを必要としていなっかったため、先生は見守っていたのです。
モンテッソーリ教育では、教師は“教える人”ではなく、子どもを観察し、自主活動を“援助”する人的環境要素と考えています。子どもの集中時にそれを妨げない心遣いや、子どもの自発性を“待つ”姿勢が重要なのです。

(3)『甘えん坊のわが子が、小さい子のお世話を進んでしている姿』
家では1番の甘えん坊の息子さんが、「入園してきたばかりの年少さんのお世話を率先してやっている」と、担任の先生から聞いたそうです。
モンテッソーリでは異年齢混合の、縦割りクラス編成です。そこでは、自然と上の年齢の者が下の子どものお世話をします。年下の子は年上の子どもの活動を見て学び、年上の子は年下の子の世話をすることや教えることで学びます。

(4)『「親は幼稚園での様子をしつこく聞かないで」と言われた』
幼稚園の保護者連絡会で、『「お子さんが幼稚園のことを自分で話すまでは、お母様方はしつこく様子を聞かないでください」と言われたことに驚いた』と言います。また、『「今度はこんなおしごとをやってみたら?」という提案もしないように』と注意もされたそうです。ここでもやはり、子どもたちが自発的な活動に好きなだけ取り組むことが尊重されているのです。周囲の大人に求められているのは、知的好奇心が自発的に表れるように、環境を整えるということなのです。

(5)『1つの作業を教えることに、ものすごく丁寧であること』
『幼稚園入園前の導入保育のときに、まず子どもが教えていただくのが“スモックのたたみ方”だったのですが、その手順の示し方がとても丁寧でびっくりした』とのことです
先生が机の上にスモックを広げ、丁寧に1つ1つボタンをとめていき……袖を折りたたみ……向きを90度変えて……また折りたたみ……といった様子を実際にお手本としてやって見せてくださいます。それを子どもに見せた後、実際にやらせてみます。しかし、幼稚園入園前の子どもが全て覚えられるはずもなく、めちゃくちゃにやってしまいます。
するとまたはじめから教えなおすのです。その様子を離れて見ている親は、そんなことを長い時間やっていることが不思議で仕方ありません。もっと何か楽しそうなことをやったりしないのだろうかと疑問に思うほどです。
これにもモンテッソーリのメソッドが隠れています。これを“提示”と呼び、重要としているそうです。
いかがでしたか? モンテッソーリの幼稚園では子どもの自由が確保されています。自由に選び、集中して活動するため、先生方は日々子どもたちを注意深く観察し、子どもの活動を妨げないことを第一に考えて保育にあたってくださっています。
—————————————

 

 

 

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 23:03 |コメントする    Print This Post


ママの「ストレス」は赤ちゃんにも伝わる

周りのもの全てが対象である赤ちゃん。同化能力も高いのでいつも一緒にいるママの心をいつも敏感に感じ取っています。

リンクより
********************************
【ママの「ストレス」は赤ちゃんにも伝わる?実験の結果が明らかに】
こんな経験のあるママはいませんか? 仕事から帰ってきた夫が、なぜかすごくイライラしているみたいに見える。何かトラブルがあったのか、ストレスが溜まっていそう。そんな時ほど、些細な事でケンカになったり、こちらまでイライラしてしまったり。まるで家族の中で感情が「伝染」しているような……。

実は感情は本当に「伝染」するということが心理学の実験でも明らかになっています。夫婦間でも親子間でも。

そして、赤ちゃんにも伝わるのだそうです。

イライラしたママが赤ちゃんを抱っこする実験

ママのストレスが赤ちゃんに与える影響を調べる実験がアメリカの研究者たちによって行われたことがあります。実験の流れはこうです。

対象となった70人ほどのママたちには全員1歳の赤ちゃんがいます。ママは赤ちゃんと別れて3つのグループに分けられ、2人の面接官の前でスピーチをして、その後質疑応答を行います。

1つ目のグループでは、面接官は笑顔で絶えずうなずきながら、好意的な質問を行います。2つ目のグループでは、面接官は首を横に振ったり腕組みしたり、否定的な発言ばかりを行います。3つ目のグループは面接官から何も言われることなく面接を終わります。

この面接後、ママと赤ちゃんが再会した時どのような変化が起きるか観察されました。

否定的な発言を受けたママのストレスが、赤ちゃんのストレスに?

否定的な発言をされたグループのママは、一番ストレスを感じている状態で赤ちゃんを抱っこすることとなります。するとこのグループの赤ちゃんたちは、ママに抱かれた瞬間から心拍数が上がり、ママよりも強くストレスを受けているサインが出てきたそうです。しかも赤ちゃんのストレスのサインは長い時間続きました。

この実験の結果から、ママのストレスは赤ちゃんのストレスとなること、そして長時間ストレスホルモンにさらされることで、赤ちゃんの脳の発達に悪影響を与える可能性があることがわかったそうです。

やっぱりママのハッピーは赤ちゃんのハッピー

「ママが幸せな気持ちでいるって大事」そんな言葉を時々耳にして、そうだよなあ、と思うママは多いかもしれません。しかし自分がいつも幸せな気持ちでいるかというと、筆者はちょっと自信ありません。イライラしたり、ストレスを感じたりすることが多いのです。ただ筆者はこの実験の話を知って、ママのストレスはママだけの問題ではなく、赤ちゃんにとっても大事! と実感するようになりました。

遠慮せず、もっとママを、自分自身を大切にしてあげることが、赤ちゃんのためにもなるのですね。
********************************

 

 

秀凜

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 23:18 |コメントする    Print This Post


インド人の頭脳は、家庭教育で作られる!

インドの教育について、紹介します。
リンク

—————————————

世界最高レベルの理系大学

 
写真を拡大 
インド工科大学デリー校。世界最高の研究水準と評されている。
 
インドと聞いて、みなさんは何を想像するだろうか?かつては「カレー」や「神聖な牛が道を闊歩している姿」「ガンジス川での沐浴」や「ヨガ」あたりが代表格だったかもしれないが、近年では「ITエンジニア大国」、そして話題の「インド式算数」を挙げる人も多いはずだ。

インド政府人材開発省が2008年に発表したところによると、アメリカにおいては航空宇宙局(NASA)の科学者の中の36%がインド人だ。また、博士号保持者の38%はインド人で占められ、米マイクロソフト社の職員のうち34%がインド人。外科医の10%がインド人だし、一方、英国では医師の40%以上がインド出身だ。これらのデータから見ると、インド人は知的で、特に理系の分野では非常に優秀であることがわかる。

この国で最難関といわれるインド工科大学(ITT=15の国立高等教育機関の総称)には、大学で講義が行われない試験休み期間になると、世界中の有名企業がリクルーティングにやってくる。たとえばヤフー、インフォシーク、シティバンク、シーメンス、IBM、メリルリンチなど160社が教室を借りて、各社2日間で企業説明会から入社試験・面接まで行い、一気に採用まで決めてしまうのだ。グズグズしていたら優秀な人材を他社に横取りされてしまうので、決定権のある役員も欧米の本社からやってきて、即決。採用された学生たちの多くは欧米に渡るが、初年度から年収1千万円を約束される人も少なくない。

 

 

 

大越菜央

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 23:49 |コメントする    Print This Post


子供に楽しんで勉強=追求させる為には、親や教師(講師)が楽しく追求する事です。

現在の学校教育は、殆ど無意味な内容が多い。
勉強とは、対象に対しての追求力を身に付けることであって、親が「勉強しろ、点を取れ」と上から目線で決まりきった勉強を強制しても子供は勉強嫌いに成るばかりだ。子供に勉強=追求力を身に付けさせるためには、親や教師(講師)が、自ら追求の楽しさを体感して実践すれば、子供は勉強=追求が楽しく感じるだろう。

だから、親や教師(講師)が学校の勉強以外の勉強として社会問題などを追求する事で、その未明課題に挑戦する楽しさを子供に気付かせる様に実践する事で、大人が子供への教育すると云う事だ。
そのことの記事を以下に紹介する。

MASADAYO.COM
リンク

(引用開始)

**********************************

「子どもを”勉強好き”にしたいのなら、まずは親が”勉強好き”にならなきゃいけない」

子どもの成績にお悩みのお母さんたち、ご苦労様です。
やっぱり子育てをしていて避けられないのが、子どもの勉強に関する悩みですよね。
 
[お母さんの悩み]
子どもが全然勉強しなくて困っている。
今の成績では公立の高校に進学できるかあやしい。私立の大学に進学させられるほどのお金がない。子どもの勉強に対する悩みといっても、いろいろな形のものがあると思います。
今回は、子どもが勉強嫌いで全然勉強しないというケースについてお話したいと思います。
 
[やる気(モチベーション)]
子どもが全然勉強しないとき、あなたはどんな対応をしていますか?
まさか「はやく勉強しなさい!」なんてことは言ってないですよね?
今さらこんなことを言うのも馬鹿馬鹿しいですが、「はやく勉強しなさい」と言われてやる気になる子どもはいません。

あなただってそうでしょう?仕事の中で「はやくこれをやれ!」と上司に言われて、その仕事を喜んでやれますか?普通はできないでしょう。
子どもは、「やらないとお母さんに怒られるから」という理由で勉強を始めると、勉強そのものが嫌いになってしまいます。
「子どもを育てたことがないから、そんな悠長なことを言えるんだ!」と言われればそれまでですが、感情的になられても仕方がありません。
「勉強を無理やりやらせると、勉強そのものまで嫌いになってしまう」ということに変わりはありませんから。

だとすると、お母さんがやるべきことはただ一つ。
子どもが自主的に勉強するようになるのをただ黙って待つだけです。
 
[なぜ子供が勉強嫌いか]
ではそもそも、なぜ子どもが勉強嫌いなのかを考えましょう。
子どもが勉強嫌いな理由、それは①勉強をした結果として、いい思いをしたことがないから、②勉強に楽しそうなイメージがないからです。
 
①「勉強をした結果として、いい思いをしたことがないから」についての対処法は簡単です。
子どもが学校のテストでいつもよりいい点数を取ってきたら褒めてあげる。これだけです。
「親が子どもを褒めると、子どもは親に褒められるためだけに勉強をするからよくない」みたいな話もありますが、子どもが全く勉強しないよりはマシでしょう。
「勉強をしたら親が褒めてくれるから」というレベル勉強を始めたとしても、いずれ勉強をしていくうちに勉強の面白さに気が付くことができますから安心してください。

 ②「勉強に楽しそうなイメージがないから」についての対処法は、少しレベルが高いですがその分効果も高いです。
親から口うるさく「勉強しろ!」と言われて、勉強に楽しそうなイメージを持てますか?持てないですよね。
だからまず、子どもに「勉強しろ!」というのは、辞めましょう。どれだけ言っても無駄、むしろマイナスの効果しかでません。

 子どもに「勉強=楽しい」というイメージを持たせるためにやるべきこと、それは「あなた自身が勉強を楽しんでいる姿を見せる」ことです。
子どもは単純ですから、大人が楽しそうにしていることには自分も参加したがりますよね。
例えば、子どもに「早く寝なさい」と言っても、そのあと親がテレビを笑いながら観ていたら、子どもも夜更かししたがりますよね。

 これと同じように、親が楽しそうに勉強していたら子どもも進んで勉強しようとします。
なぜなら子どもの目には「勉強=楽しい」と映るからです。
逆に言えば、親が「勉強=つまらないこと・辛いこと」と考えていれば子どもも「勉強=辛いこと」と考えるようになります。
子どもは一番身近にいる大人である親の考え方にかなり支配されることを頭に入れておく必要があるでしょう。
 
[楽しく勉強するなら]
では、あなたが楽しそうに勉強している場面を見せるためにやるべきことは何か?
それは「あなたが楽しんでできる勉強をする」ということです。何も、勉強というのは計算問題をしたり、歴史上の人物の名前を覚えることだけではありません。
昨日までできなかったことを、できるようになるためにやること全てが勉強です。ずっとやりたかったギターを始めて、毎日少しずつ上手になっていくところを子どもに見せる。

新しい資格の取得に挑戦して、毎日コツコツ勉強しているところを見せる。
料理のレパートリーに、新しい料理を組み込むために新メニューを探す。
あなたが楽しんでできる勉強をすることで、子どもも勉強が好きになります。

勉強って、分からなかったことが分かるようになるから本当は楽しいんですよ。
勉強の楽しい面に子どもが気づくようにこっそりサポートする。それが親がやるべき本当の教育です。

 *****************************
 (引用終了)

 

 

 

 

松本幸二

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 02:16 |コメントする    Print This Post


”ちょっと悪い子”で当たり前。”家ではいい子”に潜む落とし穴

子どもへの過剰な期待から「子育て」ではなく「管理」「支配」になってしまっていることに気づいていない親は多いと思います。子どものために良かれと思ってしていることをもう一度見直してみることが必要かもしれません。

リンクより
*******************************
子どもは本来わがままなもの。親やまわりからのしつけでガマンを覚えていきますが、それがなければ本能のまま生きていたいのです。園などの社会生活が始まれば自分が遊びたいおもちゃを譲ってあげたり、気分じゃないけど一緒に何かをしたり……。子どもなりに「頑張らなきゃ」いけない場面が増えてきます。だから家に帰るとわがままで甘えん坊な「本当の自分」が出て、ちょっと悪い子になったりします。

大人だって職場と家での顔が違うように、子どもも外と家で態度が違うのは当たり前のこと。「先生は”しっかりしている”と言ってくれるけど、家ではまったくいうことを聞かない子で……」とグチるママもいますが、じつはまったく心配いらないんですよね。家(家族)という吐き出せる場所があるからこそ、外では自分のわがままを少し抑えることができているわけです。

■家で”いい子”を演じているストレスが、外で爆発

一方で危ないのが、家ではいい子なのに外ではやりたい放題の子です。親にとっての”いい子”とは扱いやすい、都合のいい子のこと。家でいい子に振舞っている子は、本来持っているわがままをどこで発散しているのでしょう? 外です。

自分の思い通りにならないからと友達を脅したり、意地悪をしたり。もちろん子どもなのである程度のそうした行動はありますが、度を超えているのであれば家で”いい子”になろうと必死で頑張っている可能性があります。子どもが親に気を使い「本当の自分」を押し込めているから、その反動で”悪い子”が出てくるんですね。

親は”いい子”の姿しか見ていないので、現実を伝えられてもすぐには受け入れることができないようです。「先に手を出したのは向こうの子でしょ? うちの子はそれに対応してついカッとなっただけ」などと理由をつけて否定します。もしかしたら心の奥ではわかっているのかもしれませんが、それを認めること=それまでの子育てを否定されること。現実を受け入れたくないのだと思います。

■我が子に過剰な期待、しつけをしていませんか?

そうした親には2通りのタイプがあるように思います。ひとつめは子どもにあまり関心がない場合。自分を見てほしくて必死になった子どもは、少しでも嫌われまいと”いい子”でいるように努めます。とはいえ今の時代、圧倒的に多いのはもうひとつのタイプでしょう。

それは親が子どもに過剰な期待をしている場合。たくさんの習いごとをさせていたりするので、傍目にはむしろ愛情いっぱいに育てているように見えるかもしれません。
 親にとっての”理想的ないい子”にするために、厳しいしつけをしている家庭も多いようです。

「あれはダメ、これもダメ」といった”禁止”。「これをしなさい、あれをしなさい」という”命令”。「もっと頑張らなきゃダメじゃない!」という”努力の強要”。親自身は子どものためと信じているのかもしれませんが、どれもその子のありのままの姿を否定することになってしまっています。

よく「中学受験を控えた小学校5〜6年生になると、親に頑張らされている子が荒れて大変」などと耳にしますが、これはまさに過剰な期待を背負わされているわけですね。そうした子は「大変なら、やめてもいいよ」とママが言っても、「やめない」と答えるでしょう。期待に背いたことで親に愛されなくなることが怖いからです。

■「いい子じゃなくてもいい。そのままのあなたが大好き!」

もし自分がそんな親になっているのかも? と思い当たるのであれば、子どもに”いい子”の条件を課すことはやめましょう。言うは易しで実際にはなかなか難しいことですが、「いい子でなくても、あなたが大好き」とあるがままのその子を受け入れてあげること。

自分の希望を伝える前に「あなたはどうしたいの?」と、子ども自身の希望を聞いてあげるように心がける。親ではなく「支配者」になっていないか、自身を時々振り返ってみることも大事です。

ちなみに中には、心根がまっすぐな”家でも外でもいい子”というのも存在します。ただ自分の気持を抑えがちなことが多いので、そうした子のママは「ガマンしていないかな?」とよくよく気をつけてあげてくださいね。
*******************************

 

 

 

 

秀凜

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:11 |コメントする    Print This Post


これからの共創のかたち「リビングラボ」

リビングラボは、社会的な課題の解決だけではなく、ビジネスの現場でも消費者と企業の共創によって、新たなアイデアを生み出す場として注目されている。

イノベーションを創出できるかは、いかに従来の枠組みを超えた思考を開放していくかにかかる。リビングラボは、そのための新たなかたちとして広がっていくポテンシャルを秘めているのではないだろうか。

>生活者のニーズを拾い上げ、ニーズに沿ってサービスをデザインしていくHuman Centered Designのプロセスは、サービス開発をする現場で普及が進んできました。
>とりわけ、生活者自身が自覚していないような潜在ニーズの掘り起こしに対しては、競合優位性の高いサービスを生み出す可能性があるため、注目度も高く、行動観察手法などを導入している企業も少なくありません。

>そんな潜在ニーズを掘り起こす定性調査の手法の一つとして「リビングラボ(Living Lab)」という取り組みが注目されています。
>リビングラボとは、サービス開発プロセスにエンドユーザーを共創的に巻き込んで継続的に進行するプロセスのこと。サービス開発の初期段階から、ユーザーをコミットさせ、サービスアイデアの創出、タッチポイントのデザイン、プロトタイピングといった一連の流れを継続的に共創的に行っていくモデルです。

>「子育てママ*リビングラボ」は、子育てママの働き方と子育て、両面での支援のため、生活者、行政、企業、クリエイターが参画する共創型のプロジェクトです。

>大阪市「東成区子ども・子育てプラザ」で開催されたキックオフイベントでは子育てママ、クリエイター、大阪市や東成区の行政担当者、複数の大手企業などさまざまな立場の方が参加し、子育てママの課題に対してソリューションを検討していきました。具体的には「家事の中で、ロボットに託したいこと、託したくないことは何か?」という題目のもと、家庭生活で生じている家事労働や育児の負担、コミュニケーションについての課題をワークショップ形式で洗い出していきました。そこで出た課題をカスタマージャーニーマップなどのサービスデザイン手法を用いて可視化したり、ビジネスモデルキャンバスなどを使いながら事業化に向けた検討も行い、まる1日をかけて、サービスアイデアを具現化していきました。

>このリビングラボの活動の中で、参加したあるメーカーの開発者は、生活者の思わぬ生活行動やニーズをすくい取れたと発言していました。たとえば、子育てママの生活行動の中のある特定の時間に、ECサイトなどの販売チャネルの効果が最大化できるのではないかという仮説が立てられたと言います。企業内で検討している仮説とは異なる意外な視点が得られ、収穫があったようです。
リンクより引用>

 

 

 

 

雪竹恭一

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 00:56 |コメントする    Print This Post


次のページ »