子どもに火を体験させるのは教育の原点

キャンプ道具を売り込むための記事ですが、子供に「火」を体験させるというのは確かに教育の原点のような気がします。

始原人類は火を囲み、仲間と語り合い親和を深め発想を広げていきました。しかし取り扱いを一歩間違えると集団に大損害を与えるわけで細心の注意を払わないといけないものでもあります。

そんな仲間の期待を一点に集める火を取り扱うこと。これは教育の原点というか同化の原点を学べるような気がしています。

リンク)より引用

——————-以下引用——————-

■子どもに火を体験させるのは教育の原点
焚き火は注意力や現場対応力など、大げさではなく「生きる力」を身に着けるのに最適です。そして、こうした焚き火こそ子どもが体験すべきものだと力説するのは、ユニークな教育論で定評がある教育環境設定コンサルタントの松永暢史さん。松永さんは『わが子を伸ばす四大必須科目「音読」「作文」「暗算」「焚き火」』(飛鳥新社刊)や『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』(扶桑社刊)という自著でも子どもをキャンプに連れていくことがいかに大切な教育であるか、そしてなかでも焚き火ほど教育に適したものはないと言っています。

「自然の中で過ごすキャンプは子供にさまざまなことを教えてくれ、日常では巡り合えない多くの体験をさせてくれます。たとえば、昆虫はどんなところに棲んでいるか。木登りに適しているのはどんな木か。効率よく魚を捕まえるには、どうやって川の流れをせき止めればいいか。どんな木を集めればいい焚き火ができるか(略)自然はどんな図鑑よりも多くのことを教えてくれます」(『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』)

 キャンプでは思わぬアクシデントがつきもの。突然の雨、風…。そんなアクシデントに見まわれたき、どうやって乗り越えるのか?そのとき親が手を貸さず、子ども自身に一切まかせることが大切だと松永さんはいいます。子ども同士で知恵を出し合って問題を解決していく。キャンプでの焚き火はそんな体験に最適なのです。

 「子どもに火を扱う体験をさせるーこれはあらゆる教育の原点でありこれより「上」はない。燃える火を見つめること、それに関わることの体験は他の一切の教育を捨象する。子どもに焚火の火を与える体験の大切さを了解できない者は、ほぼ「教育」に関係ないものたちである」(JOKER 松永暢史のブログ)とまで言い切るのです。

■14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児も焚き火愛好家!
もっとも、そんな難しい理屈を並べなくとも、子どもたちに焚き火をまかせれば、もう夢中になってさまざまな創意工夫をこらすに違いありません。

 「この木はあっちの木よりどうも燃えがいいようだ」
 「こっちに空気を通すと炎があがるぞ」
 「アルミ缶は燃えきるのだろうか?」
 「火の粉に触ったけどあんまり熱くないのはなんで?」
 「どうすれば焚き火の上にフライパンが安定しておけるか?」

などなど、次々に疑問が湧いてきてスマホやゲームそっちのけで夢中になるにでしょう。

5歳でカナダに渡り、14歳でカナダのトップ大学5校が奨学金を上乗せして争奪戦を展開したことが世界中でニュースとなり、このたび初の著書「ザ・ギフティッド」(扶桑社刊)を上辞した天才児大川翔君。実は大川君も焚き火愛好家であることをブログの中で公言しています。脳の発育と焚き火の関係を語るうえでも、これは非常に興味深い事実でしょう。

「たき火はとても楽しい。火をおこし、大きく育てる。そして最後には炭を作る、その過程がとても面白い! 同じようなことをしているように見えて、毎回、条件が少しずつちがう。良い炭を作るには、工夫が必要だ。良い炭作りに成功したときは、達成感がある! 炭ができたら、次にたき火をするときに、それをまた使うんだ」(実録!翔の『極楽カナダ生活』)

 大川君は幼い頃から年に何度も家族でキャンプに出掛け、そして焚き火を楽しんでいるそうです。そんな大川君も「最初、真ん中に燃えやすいものを置いて、取り囲むように、マキを置く。風が通るように。そして、火をつける。マキにしっかり火がつくまでが難しい」と語るように、たかが焚き火されど焚き火というわけで、なかなか奥が深いものなのです。

<薪は燃やしきる>
 河原やキャンプ場などでだれかが焚き火をしたあとの残骸をみるほど不快なものはありません。焚き火にくべた薪はしっかりと燃やしきるのが基本です。ちゃんと燃やせば最後は真っ白に燃え尽きて灰になります。

また、消火には十分な注意を!水をかけただけでは火は消えません。

 キャンプの夜、ゆらめく炎をながめ、薪をくべる。たったそれだけのことなのに、子どもたちはきっと、何時間でも飽きることはないでしょう。そして、普段、扱うことのできない火に触れさせることは、計り知れないほど子どもの感性を豊かにするでしょう。感動することを覚えさせること、美しいものをみせること、これに勝る教育はないのです。

ぜひ、この秋親子で焚き火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

——————-以下引用——————-

 

 

 

 

 

松下晃典

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 09:16 |コメントする    Print This Post


「焚き火」がコミュニケーション力を高める!?

最近子供に火を扱わせることが少なくなりました。これってかなり同化力(コミュニケーション力)を低下させる大きな問題なのかもしれません。

リンク)より引用

——————–以下引用——————–

■「焚き火」がコミュニケーション力を高める!?

大阪ガスと東北大学の川島隆太教授との研究結果によると、「火を使うことで脳が活性化される」ことがわかっています。

キャンプで火を使うシーンといえば…、ライターやマッチで着火剤に火をつける時や七輪で火をおこす時、また、ガスコンロに点火する時など、数多く遭遇しますよね。

また、火を使うと言えば、焚火があります。親御さんの中には、「焚火を見ているとリラックスした」という経験のある方はいらっしゃいませんでしょうか。

焚火を囲んでいると、ついつい長居してしまい、普段、話さないようなテーマについて語ったり、胸の内に秘めていたことを明かしたり……。

“火には癒やし効果があることも忘れてはなりません。炎が揺れるのを見ていると、気持ちがとても落ち着きます。
 火は、大昔から人と人とのふれあいの場をつくる、重要な役割を果たしてきました。焚火を囲むと、コミュニケーションが弾むし、心も開きやすくなる。
 一緒にいる人との距離が縮まるのが実感できます 

— 出典『キャンプで子育て GUIDE for FAMILY CAMP』

 家族で一緒に焚火を眺める時間は、お子さんにとっても貴重な機会となりそうですね。

また、焚き火は、火育の場としても良いでしょう。

家にいるとスイッチひとつで火を使うことができますが、キャンプ場で火をおこす時は、木炭や薪を使って丁寧に準備する必要があります。

火の扱い方を学ぶ絶好の機会とも言えるのではないでしょうか。

■「暗闇」が4つの感覚を高める!?

火だけなく「暗闇」もまた、学びの機会といえます。

普段、街にいるときは街灯や看板、車のライトなどで夜は案外明るいものです。

しかし、自然の中にぽつんと立ってみるとどうでしょう。夜がどれほど暗いかがわかるでしょう。それと同時に、星の美しさに驚くことも。

都会で暮らしている方にとって、「外で暗闇の中にいる」という機会は、そうあるものではありません。

 同書の中で紹介されている富良野自然塾では、「闇の教室」というプログラムを実施しているようです。これが大変興味深いプログラム。同自然塾のHPでは以下のように紹介されています。

“全く光のない世界で様々な“闇”の体験ができる日本初の常設スペースです。人間が持っている五感のうち、視覚を完全に封じることによって視覚以外の感覚が蘇る不思議で感動的な体験です。

 人類は長い間、夜になると闇の中で暮らしてきました。今のように皓々たる光の中で生活するようになったの はそれほど昔のことではありませんし、現在でも地球上の多くの人々が闇と共に暮らしています。
しかし、日本などの先進国、特に都会では夜になっても闇はありません。

 文明の進歩と共に忘れ去られてしまった闇をもう一度体験し、“闇と光”の意味を考え、今われわれ人間が置かれている文明社会を見つめ直してみませんか 
ー自然塾のHP

太陽が沈んだらランタンをもって散歩に出かけたり、焚き火を眺めたり、月明かりに照らされたり。真っ暗闇とはならないものの、普段、都会ではなかなかできない体験が可能です。

 暗闇の中でも私たちは様々な情報を得ることができます。

耳を澄ませてみると、焚き火の音や、川が流れる音、遠くには動物の動く音が聞こえるかもしれません。体感する温度も日中と夜とでは異なるでしょうし、木の香りや土の香りなどに気づくことも。

人間本来もっている感性を再確認する。
自然にはたくさんの学びがあることがわかりましたね。

——————–引用終了——————–

 

 

 

 

松下晃典

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 09:05 |コメントする    Print This Post