スウェーデンと日本の教育のどこが違うか?(その1)

1. 学校も地方分権されている
スウェーデンでは、自治体への地方分権が大変進んでいます。地方自治体は、所得税(市民税)の課税権を持っています。所得税は、全国平均30%ですので、スウェーデンの自治体は財政的に豊かだと思います。そして、市民の生活に最も近い教育、福祉、エネルギー、上下水道、レジャー等を管轄しています。

スウェーデンでは、学校の地方分権も行われました。戦後、貧富の差による学歴差をなくすために、かなり中央集権的な教育が行われてきましたが、80年代にその弊害がでてきたため、教師たちがもっと教育現場、または地方に合った教育方法を選択できるよう、地方分権をしてほしいと政府に要求していったのです。

地方分権されると、教師は国家公務員から地方公務員になりました。それまでは、教育庁が詳細なカリキュラムを作成していましたが、目標の設定のみとなり、必須科目の学習時間数など基本的な決まりはありますが、その目標をどのように達成するか、どの科目を何時間、何年生から始めるかなどの詳細は、地方自治体の教育委員会と学校の校長や教員が協議で決めることができるようになったのです。教育庁が学校庁になり、学校庁が全国テストで全国の学校の学力コントロールを定期的に行うようになりました。

これは画期的なことでした。この改革で、学校が地方文化の特徴を出したり、英語教育やダンスや音楽、野外教育などの特徴を持たせることができるようになったのです。以前は公立小学校のみだったスウェーデンですが、かなり多様性のある学校教育ができるようになったのです。また、もう一つの大きな変化は、学校の校長が、学校の経営者となり経営の経済性も追求されるようになったことです。

また、近年、大きく変わったことは、高校の運営に企業がかなり進出してきていることです。日本では、私立の高校や大学があるので当然と思われますが、長年全て公立だったスウェーデンでは新しいことなのです。残念ながら、中には、企業利益を優先して学校の質に問題が出る学校も出てきて社会的に批判されています。そこで、学校庁が、今後、学校の操業許可の条件を厳しくすると発表しています。

2.1歳から生涯学ぶ
日本で、今、保育園と幼稚園の合併が議論されています。スウェーデンでも、1970年代から働く女性が増え、主婦が少なくなり、ほとんどの子どもが1歳から保育園に入る時代となったため、1996年に、社会福祉省管轄の保育園が就学前学校(プレスクール)と名称が変わり、文部省の管轄に移行しました。

なぜ文部省の管轄になったかというと、人間は1歳から生涯に渡って学ぶという考え方が基盤にあるからです。そして、保育園を文部省の管轄にすることにより、親の厚生のための保育から、それぞれの子どもの発達と学習を重要視した活動へと位置づけられるからです。 子どもや若者の教育活動は生涯学習プロセスの一部であり、全体として文部省が把握するというシステムにしたわけです。

それから、もう一つ変わりました。以前、就学年齢は7歳だったのですが、1996年に6歳児を対象とした就学前学校クラスという、新しい学校形態が導入されました。これは義務教育ではないので親が選択することができますが、ほとんどの親が、小学校一年生にあがる前の1年間、この就学前学校クラスに子供を入れています。それゆえ、スウェーデンでは義務教育が9年から10年になったとも考えられます。現在、基礎学校を卒業した学生の31%が職業コースに、51%が進学コースの高校に進んでいます。

 

 

 

 

濱田健

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:06 |コメントする    Print This Post


スウェーデンと日本の教育のどこが違うか?(その2)

3.詰め込み教育より、子どもの学ぶプロセスを大切にする教育方法
スウェーデンの基礎学校の学習テンポは、日本に比べるとかなりゆっくりしています。新学期(秋学期)は、8月中旬から12月のクリスマス休暇までで、1月から6月上旬までは春学期という2学期制です。夏休みは6月上旬から8月中旬までなので、約10週間あります。冬は、2月にスポーツ休暇が1週間あります。その他、イースター休暇が4月に1週間、11月に秋休暇が1週間、クリスマス休暇が2週間あります。 それゆえ、年間の登校日数は178日と少なく、日本の210日より約1ヵ月短いです。

 さらに、夏休みは学期が変わるので宿題はありません。知識を詰め込む学習より、一人一人の子どもがどのように学ぶのかを見て、そのプロセスを大切にする教育方法を長年導入してきました。それゆえ、2012年からは小学校6年生から成績表をもらうことになりましたが、長年、中学校2年生まで成績表はありませんでした。

スウェーデンでは、先生が教壇に立って皆が一斉に同じことをするという学習の形より、グループで勉強したり、個人で自習をするという学習方法が多く見られます。

4.民主主義が学校教育の価値観
スウェーデンの学校で母国語教師をしていた時、教師研修で強く印象に残ったことがありました。それは、教師研修のテーマに入る前に、必ず主催者の挨拶があり、スウェーデンの学校教育の目標と価値観を確認していたことです。

「人は皆、同等の価値があり、平等であること。そして、お互いに連帯感を持つことが大切であること。これらの価値観は、授業にも学校の組織の中にも浸透していなければならない。」

これは、民主主義の哲学となる価値観です。スウェーデンの学校で先生が子どもに接する時に常に脳裏にあり、言葉だけではなく行動にも現わさなければならないと言われている価値観なのです。 

スウェーデンは、民主主義は完璧ではないが、それ以外にできるだけ多くの国民が幸せになる社会を構築する土台となる主義はないと考えています。そのために、民主主義社会の一市民として自分の言動に責任がとれる国民を育てるのが学校教育の目標である、と考えているのです。

それゆえ、子どもが自分で考え、自分の意見が言える人になるよう育てることを目指しています。子どもが、先生やテレビや大人の言うことを、そのまま鵜呑みにするのではなく、批判的に考えられるようにすることが先生の役目なのです。これは、当時の私にとって大きな驚きでした。でも、今、よく納得できます。その成果は、スウェーデンが、世界でも有数な民主主義の社会を築いていることに表れているからです。

 

 

 

濱田健

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:18 |コメントする    Print This Post


スウェーデンと日本の教育のどこが違うか?(その3)

5.人生のやり直しがしやすい学校システム
スウェーデンの基礎学校も高校も大学も授業料は無料です。ただし、大学の場合、教科書は有料です。また、18歳で成人をすると、親には扶養義務がなくなります。それゆえ、親宅から大学に通えない場合、生活費は子どもが自分で支払うことになります。大学教育は子どもが自分で自分に投資をするというがスウェーデンの常識なのです。それゆえ、まだ、将来、何になりたいか分からない高校生は、大学に行かず、働いたり、海外旅行をしたりします。そのため、高卒での大学進学率は日本よりずっと低いのです。

その代わり、将来、今の職業で自立をするのが難しくなったとか、人生の途中で、自分はどうしてもこの仕事に就きたいと思うと、やり直しが比較的容易にできるシステムになっています。例えば、私の娘は新聞記者でしたが、数年前30歳で失業してキャリアを変える決心をしました。そして、医者になることを決心すると、大学の医学部に入学を申請するための準備を始めました。高校で取得した単位が社会科学系だったので、大人の高校(高校の科目をもう一度勉強して大学入学に必要な単位をとることができるシステム)で自然科学の科目(数学、物理、化学、生物)の単位をとり直しました。

それから、全国一斉の大学入試を受けました。スウェーデンの大学は、全て国立です。その入試の点数か、高校の成績表のどちらか良い方で、どの大学に入れるかが決まります。娘は、希望するカロリンスカ医学大学に無事合格しました。

この、大人のための高校の授業料も医学大学の授業料も無料です。学生は生活費と教材のために、国のローン制度を活用します。毎月9000クローナ(約12万円)をローンとして借りますが、その内の2000クローナは返す必要がありません。

このように、1歳から生涯、大きな学費の負担がなく学ぶことができるのが、スウェーデンの教育の良いところだと思います。税金が高くて貯金はできませんが、子どもの学費のために貯金をする必要はないのです。また、私も、定年退職をした後でも、大学で勉強できると考えると、スウェーデンの税金の高さに納得をしています。

 

 

 

 

濱田健

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:09 |コメントする    Print This Post


「学校は子どもの創造性を奪っている」

間違うことを否定される、考えることをやめさせる、失敗を恐れ、思考が停止する。これが教育。
>大人になる頃には、たいていの子どもはその能力を失ってしまいます。間違いをすることを恐れるようになるのです。企業の経営も同じで、間違いを犯すと非難されます。全国の教育制度においても、間違うことは最悪だと教えられているのです。その結果、教育が創造的能力を失わせているのです

リンク

■失敗を恐れない子ども、恐れる大人

ロビンソン卿 最近とてもいい話を聞いたので、お話ししましょう。絵のレッスンを受けていたある6歳の少女が、教室の後ろのほうで絵を描いていました。先生が言うには、この子はこれまでめったに集中しなかったそうですが、この絵の授業では違ったのです。先生は興味を引かれて少女のところに行き、「何を描いているの?」と尋ねました。少女は「神様の絵を描いているのよ」と答えました。「でも、神様がどんな姿をしているか、誰も知らないのよ」と先生が言うと、その子は「すぐにわかるわ」と答えたのです。
(会場笑)

息子のジェームズがイギリスで4歳だった時……厳密に言うと、息子はどこにいても4歳だったのですが。息子はキリスト降誕劇に出たのです。どんな話か覚えていますか? メジャーな話ですよ。メル・ギブソンが続編を作ったんです。……違いましたっけ?(笑)ご覧になったかもしれませんね、『キリスト降臨2』です。
ジェームズがヨセフ役をするというので、私たちは興奮しました。主要な役の一つだと思いましてね。「ジェームズ・ロビンソンがヨセフだ!」と書いたTシャツを着させたサクラで会場を埋め尽くしましたよ。息子の台詞はありませんでしたが。

東方の三博士が来る場面はご存じでしょう。三博士は黄金、乳香(frankincense)、没薬の贈り物を携えてやって来ます。これは本当に起こったことですよ。私たちは劇を観ていたのですが、三博士の順番が違っていました。後で博士役の子に「あれで大丈夫だったの?」と聞くと、「うん、何で? 間違ってた?」と言ったんです。たぶん順番を入れ替えたんでしょう。とにかく、頭に布巾を巻いた三博士役の4歳児たちが入ってきて、贈り物の箱を置き、1人目の子が「黄金を捧げます」、2人目は「没薬を捧げます」と言い、3人目は「これはフランクからの贈り物です(Frank sent this.)」と言ったのです。
(会場笑)

共通して言えるのは、子どもたちはイチかバチか、やってみるのです。わからなくても、やってみるのです。そうでしょう。子どもは間違いを恐れないのです。間違えることと創造的であることは同じではありませんが、間違うことを恐れていては、独創的な考えは浮かびません。

大人になる頃には、たいていの子どもはその能力を失ってしまいます。間違いをすることを恐れるようになるのです。企業の経営も同じで、間違いを犯すと非難されます。全国の教育制度においても、間違うことは最悪だと教えられているのです。その結果、教育が創造的能力を失わせているのです

 

 

 

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:26 |コメントする    Print This Post


5000人の天才児を45年間追跡してわかった、親が知るべき「8ヵ条」

子供の興味を封鎖しないこと、それが重要

リンク:リンク
—————————————————

 米国では、知的能力が突出して高い児童を「ギフテッド(天才児)」と呼ぶ。そんな天才児たち数千人を追跡調査した結果、次のことがわかったという。

 「知的に優秀な子供に対し、その才能が伸びるように教育的な介入をすると、介入しなかった場合とくらべて、大人になってからの職業上の業績、幸福度、クリエイティビティ、収入など、数多くの点でプラスの効果が出ることを検証できました」

だが、ベンボウはこう釘をさす。

 「自分の子供を天才に育てようとするのは、どんな親にもオススメできません。そんなことをすると、子供の社会性や心などに、いろんな問題が出てくることがあります」

「失敗しないように」ではなく「失敗から学べるように」する

 では、「賢い子」を育てる親は、どんなことを心がけるべきなのだろうか。

 英国の科学誌「ネイチャー」に掲載された「天才児の育て方」という記事で、ベンボウは、親の心がけとして以下の8ヵ条を推奨している。

【1】子供に多種多様な経験をさせる。

【2】子供が強い興味や才能を示したとき、それを伸ばすチャンスを与える。

【3】知的な欲求と心の欲求の両方をサポートする。

【4】子供をほめるときは、能力ではなく努力をほめる。つねに自分を高める努力をするような心構えを子供に身につけさせる。

【5】子供が知的リスクをおかすことを奨励する。子供が失敗することに否定的にならず、失敗から学べるようにする。

【6】レッテル貼りに気をつける。子供に「天才児」のレッテルを貼ると、それが子供の心の負担になりかねない。

【7】教師と協力して、子供の欲求を満たせるようにする。頭のいい生徒は、「レベルの高い課題」「特別な学習支援」「自分のペースで学習する自由」を必要としている。

【8】子供に知能テストを受けさせる。テストの成績が良ければ、子供にレベルの高い勉強をさせたいと申し出るときの根拠となる。また、テストを受けることで、失読症やADHD、社会性や心の問題が明らかになることもある。

 

 

 

土偶

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:25 |コメントする    Print This Post