“遊び”ができる子を育てる – 「強制型しつけ」の危険性を専門家が指摘

子育てをしているママであれば誰もが一度は考える「しつけ」。「しつけ」と聞くと一方的に子供に言い聞かせるイメージがあるのですが、同じ「しつけ」でも子供との接し方を変えると子供の能力を潰すことなくみんなのためにどうするのが一番いいのかな。ということを一緒に楽しく考えていけるということが以下の記事を読んで分かりました☆

リンク
*********************************
2014年度から始まる幼児教育の無償化。第3子から幼稚園の保育料が無償になるもので、対象を一部に絞った限定的な試みだが、早期教育への注目は今後もますます高まるだろう。

■半数の親が習い事の有益性に半信半疑
実際に、早期教育への保護者の関心が高いという調査結果もある。幼児期における子供の遊び方や子育てに関する情報発信、啓発活動などを行う研究プロジェクト『プレイフルラーニング~幼児の「遊びと学び」プロジェクト』が3~6歳の子供を持つ全国の1,032人の保護者を対象に行った意識調査によると、「子供の将来に不安がある」と回答したのは61.4%。さらに、67.2%が「幼児の早期教育に興味がある」と答えている(2013年12月7日~8日の期間にインターネット上で実施)。

【意識調査の円グラフ】

しかしながら、現在している習い事に関して45.1%と約半数が「将来役に立つかどうかわからない」と答え、半信半疑ながらも子供をお稽古事に通わせていることが明らかになった。

■早期教育は開始時期ではなく、親の関わり方が重要
子供の発達的観点から見た場合、早期教育は子供にとって効果的なのだろうか。言語発達や認知発達の研究に長年従事し、子供向け番組や教材の考案・開発、監修などに多数関わってきたお茶の水女子大学の内田伸子名誉教授は次のように話す。

「重要なのは子供の発達段階に合わせた遊び方をしていくこと。そして早期教育というのは一概に時期ではなく、やり方や親の関わり方が重要です。大切なのは、”強制型”のしつけではなく、”共有型”のしつけです」。

強制型のしつけと共有型のしつけについて、内田名誉教授の解説は次の通りだ。「親の養育態度は子供の意欲や探究心を育てるうえで大きな影響を持っています。調査結果では、親のしつけスタイルは2つのタイプに分かれ、共有型しつけと強制型しつけがみられます。共有型しつけとは、子供の主体性や自主性を大切に子供との触れ合いを大事にする親の養育態度ですが、共有型しつけを受けた子供は、意欲や探究心が旺盛で、小学校に入学した後も学習意欲が高く、学力テストの成績も高いのです。一方、禁止や命令、悪いことをしたら罰を与えるのは当然と考えて子供に接する強制型しつけを受けた子供は、自尊感情が低く、学ぶ意欲や探究心も育ちません。いつも親の顔色を見ながら、指示を待って行動する態度が身についてしまうのです」。
その上で幼児期に最も大事なのは”遊び”。十文字学園女子大学人間生活学部幼児教育学科の大宮明子准教授は、「大人と子供では”遊び”の概念が違う。やっていて楽しいことというのは共通項ですが、大人の場合は仕事の息抜きなどの余暇的なもの。でも、子供の場合は純粋に楽しいことを意味し、”遊び”の結果として、考える力や思いやりの心など様々な能力を身につけていきます」。また、内田名誉教授も「やっていて楽しいということが子供の自発性を育み、学習へのその後の自発的な意欲につながっていきます」と、幼児期における遊びの重要性を強調する。

■「ほめる・はげます・広げる」の大切さ

それでは具体的に、親は何を意識して子供と関わり、子供にどのような遊び道具や教材を選ぶべきであろうか。専門家の立場からのアドバイスは次の通りだ。

「子育ての基本は3H。『ほめる・はげます・広げる』。広げるというのは思考や世界を広げること。それゆえ、おもちゃや教材選びに関してもこれがいいという決まったものはない。ただ、限定的な遊び方ではなく、広がりを持った遊び方ができるものがいいですね」(内田名誉教授)。

「子供自身が好きになるもの、夢中になるものを選んであげましょう。1歳を過ぎれば子供の好みもわかります。子供が何に興味があるのかをよく見ることが大切です」(大宮准教授)。

高い潜在能力を持つ幼児期の子供たち。その能力を伸ばすには、親の側にも柔軟な思考が求められる。しかし、それは難しいことではなく、子供自身が興味のある”遊び”という体験を思う存分させることである。また、子供にとっての遊びとは仕事や勉強をしないことではなく「自発的で主体的な活動」を指しており、そして何よりそうした体験を親子で共有することがカギのようだ。
*********************************

秀凜

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:48 |コメントする    Print This Post


赤ちゃんの教育目的のテレビ、ビデオDVDは脳の発育に悪影響?

『コミュニケーションスキル上達の道 ~人間関係マステリー~』(リンク)より引用します。

********************************
テレビは人類にとって大きな発明でしたが、赤ちゃんにとってどうでしょう? 小さな子供向けに作られたテレビ番組やビデオDVDなどは、徹底したマーケティングのもと作られています。そして子供のためと謳いながら実際には財布を握っている親に向けたメッセージを発します。
ですから、親は、教育的な番組を見せる事で、子供の脳は活性化され賢くなり、実際の学習効果が高まるだろうとあっさり信じます。
が、学術的な研究によれば、テレビやビデオを見た赤ちゃんにメリットがある、という報告は少ないです。むしろ、赤ちゃんの発達を促すと言われるものでも、教育的効果に裏付けがないという報告の方が多いのです。

●効果よりデメリットがはるかに多い?
教育目的のテレビ番組やビデオの効果を証明する研究はほとんどありませんが、逆にテレビを見ることが小さな子供たちに害となる、可能性について、論証する研究はたくさんあるのです。
可愛い我が子を賢くさせたいその親心で買ったビデオDVDは、効果よりむしろ害があるかもしれないのです。2009年のある研究によれば、テレビを見ることで、赤ちゃんが言葉を学ぶ可能性が低くなる傾向が見られると発表しています。
テレビ画面の前に長時間座っている赤ちゃんは、あまりテレビを見なかった赤ちゃんに比べ、社会性や認識力、言葉の能力で劣るといことです。
その傾向は3歳までにはっきり見られるそうです。同じく2009年に
 ワシントン大学が発表した別の研究によれば、8ヶ月から16ヶ月までの赤ちゃんが、そうした教育的なビデオを見た場合、そういったビデオをみ晒されなかった赤ちゃんに比べ、1時間に6〜8単語の学習に遅れが見られるそうです。

●子供は自然な環境で脳が発育する
幼児の脳が成長、発達するとき、テレビは必要ないですし、教育目的のビデオ、DVDプログラムも必要ないのです。逆に、悪影響を及ぼす可能性の方が高いのです。赤ちゃんの頃は、 不自然な人工物を与えるより、周りの自然なものとの関わりから学習し脳を発育させます。探検し、動き、遊び、家族と友達と付き合うことが何より大切なのです。子供のことを考える親なら、子供がただ箱の前でぼーっと座っていることから何も学べないと分かる筈です。
話して、歌って、読んで、音楽を聴き、遊んでいる方が、はるかに大切であり、どんなテレビ番組を見るより子供の発育に影響するのです。

●フランスでは子供向け番組が禁止?
こうした研究は国も動かしました。フランス政府は実際に、赤ちゃんの
 テレビ視聴を禁止したそうです。2008年7月のフランス調査報告書によれば、3歳までの子供はテレビを見ることで、発育が損なわれ、受動的になり、言葉の獲得が遅くなり、 興奮しがちになり、注意散漫になり、睡眠障害の発症率が高まるとのこと。
フランスの放送では、幼児向けテレビ番組を禁止し、小さな子供向けケーブルテレビ番組には、「3歳までのお子さんは、テレビを見ることで発育が恐れる恐れがあります。子供向けの番組でも同様の危険があります」
と警告する必要があるという規定をしたのです。
日本ではテレビ、それにまつわるマーケティングは強力ですが、あなたはこうした発表を知りどうしますか?もちろん自由な上の選択がベストだと思いますが、脳の発育に悪影響がある ということは知っておきましょう。

柏木悠斗

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:23 |コメントする    Print This Post