高齢の父親の息子は「ギーク度」が高い!特別な才能を持つ?

高齢の父親の息子は「ギーク度」が高い!学業優秀でキャリアも有望、特別な才能を持つ?

 あなたが若い男性で、かつ近い将来に「ギーク(Geek)」な息子が欲しいなら、ある程度の年齢まで待つのが賢明かも知れない。

 米マウントサイナイ・アイカーン医科大学シーバー自閉症センターのMagdalena Janecka氏らは、高齢の父親の息子の方が若い父親の息子よりもギークになる可能性が高いことを示唆する研究成果を『Translational Psychiatry』6月20日号に發表した。

 「ギーク」とは、知的能力や集中力が高く、デジタルテクノロジーなどの特定の分野にマニアックな関心や才能を示すものの、社交は苦手なタイプの人を指すスラングだ。

父親が35歳以上なら男児の「ギーク度」は57%は

 発表によれば、Janecka氏らは、英国の双生児を対象とした研究である「双生児初期発達研究」(TEDS)に参加した子ども7781人の12歳時の知能レベル、特定の対象への過剰な関心度、反復行動の頻度、社交性、社会的孤立などの評価データに基づいて、子どもの 「ギーク度」をスコア化した。

 その結果、父親が35歳以上なら男児の「ギーク度」のスコアが高まり、男児の57%はギークになる傾向を父親から強く受け継いでいた。また、51歳以上の父親を持つ男児は、25歳未満の父親を持つ男児よりも、理系分野で高得点を取る確率が32%も高かった。

 一方、女児のギーク度と父親の年齢との間に有意な関連性は認められず、母親の年齢による影響も見られなかった。

「高齢の父親を持つ息子は学業面でもキャリア面でも有望であることを示した」

 Janecka氏は「高齢の父親を持つ息子は、自閉症や統合失調症を発症する可能性が高いとされてきた。だが、今回の研究は高齢の父親を持つ息子は学業面でもキャリア面でも有望であることを示した。高齢の父親の方が若い父親よりもキャリアが確立され、裕福である可能性が高いので、息子は恵まれた環境で成長し、レベルの高い学校に進学できるのかも知れない」と説明する。

 さらに、Janecka氏によると、ギーク度の高さと自閉症には共通した遺伝子変異が関与している可能性があり、遺伝子変異は高齢の父親に多くみられる傾向にあるという。

 Janecka氏は「このような遺伝子変異を持った子どもは学業で優秀な成績を収める。だが、自閉症と知能指数(IQ)の高さは共通した遺伝子が関与しているとする研究成果が示すように、多くの遺伝子変異に他のリスク因子が加わると、自閉症の原因になるリスクが強まる」と推測する。

56歳で父親になった俳優ジョージ・クルーニー氏の息子は、ギークになる?

 高齢の父親を持つ男児は、絶大なベネフィットとリスクを併せ持って生まれ、成長するのだろうか? たとえば、56歳で父親になった俳優ジョージ・クルーニー氏の息子は、自閉症のリスクを抱えたギークになるのだろうか?

 Janecka氏は「父親の年齢が高いほど、12歳の時の息子のギーク度が高く、16歳の時の学校の成績が良かった事実を確かめたにすぎない。関連性や相関関係が必ずしも因果関係を意味しない、だが、若いギークたちが将来を担っていくならば、息子を持つ時期が遅れた男性たちにとって、この研究成果は朗報だろう」と話す。

 ギークは、父親の精子で起きる突然変異によっても現れる。父親がギークなら息子もギークになりやすく、両親がギークなら、教育熱心なので、息子がギークになるように育てやすい。

 ギークと関連性が高い遺伝子は特定されていないが、精子の突然変異は年齢が高いほど起きやすくなり、数学的能力は遺伝すると示唆する研究も少なからずある。

 2001年に父親の年齢と子どもの重度統合失調症の相関関係を示したニューヨーク大学のドロレス・マラスピナ博士は「この研究は、父親の年齢が高くなると突然変異の確率は上がるが、必ずしも悪い突然変異ばかりではないことを指摘したのは意義深い」と評価する。

 ギークな男性は、恋愛においても性的な関係においても、晩生な男性が多いらしい。まだ父親になるのは早いと考えている人、理想のパートナーにまだ巡り会っていない人は、待つメリットがあるだろう

-------------------
以上、リンク より転載

川内麻生

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:46 |コメントする    Print This Post


作ることと壊すことは表裏一体・・・幼少期の学び方について

設計の仕事。近年、新卒で入って来る若者を見ていて「材料」に対する「直感」がはたらかないのがずっと気になっていた。(年々鈍感になっているような気がする)

材料とはいわゆる建材のこと。コンクリート、金属、木材・・・色々ある。で、重要なのは、これらの材料をどう使って壊れない形をつくるか。この時の直感がすごく弱い。重さや硬さから推測して、適度な寸法や構造フレームが頭に浮かばない。結果として、期待を大きく外した図面が出来上がってきてギョッとする。
設計の仕事には、ある程度の経験や知識は必要。しかし、材料や寸法の感覚があれば、大外れの図面にはならない。したがって、若者の直感のはたらかなさからは、もっと奥のほう、根本的な何かがすっかり抜けているように見える。

◆見ているだけ
そんなことを感じてから、若者の行動を観察してみた。すると「見ているだけ」の人が多いことに気づいた。
たとえば、建材のサンプルをもらったとき、彼らは興味深そうに見ている。けれど、押したり叩いたり曲げたりしない。手触りや重さを測るようなしぐさもない。じーっと見る。
建設現場に連れて行ったときも同じ。写真を撮って解説をメモするのは一生懸命。しかし、手が届くところに初めて見るものがあるにも関らず、触りたそうなそぶりがない。すごく視覚に頼って学んでいる印象を受ける。

◆触る ⇒ 壊す
見ているだけ、という若者に物足りなさを感じて、童心に返ってみた。くわえて、周りの幼児たちを観察してみた。すると、わかってきたことがある。

子供は、見知らぬ物を見つけたら、ともかく触りたい欲求がわきおこる。触る前に、危ない・臭い・気持ち悪い等を慎重に確かめる子はいるものの、誰しも触れそうなら触ってみる。そのうえで、一通り遊んで気がすんだら、子供は最後にどうするか。実は、誰も止めなければ「壊そう」とすることが多い。特に男の子はそうなる。何かにぶつけて割ってみたり、引っ張ってちぎってみたり、やり方は色々だが、ともかく破壊する。

大人は、子供たちの無闇な粗暴さを見ると、反射的に制止してしまう。が、これが決定的にダメ。若者に感じる物足りなさは、多分、これが影響している。

◆壊すことは大いなる学び
子供たちの小さな破壊行為。実は、これが大変重要な学びである。
どうすると壊れるのか、どんなふうに壊れるのか。放っておけば、物に限らず昆虫などの生物にも破壊行為がおよぶ。彼らはいったい何をやっているのか。それは、おそらく、壊すことから対象の性質を学んでいるのだ。一度の破壊行為では壊れる感覚が身につかないので、何度も壊す。繰り返すうちに対象の性質がわかってくる。すると、壊さなくなる。
大人にはそれが「飽きたからやめたのだ」と映る。しかし、そうではない。感覚として身についた、すなわち、学び終えたから壊すのを止めたのだ。

◆作ることと壊すこと
もの作りを考えたとき、材料の性質はものすごく大切。たいていの場合、材料で決まる。
では、材料の性質とは何か。それは、突き詰めると限界性能である。色々な外圧(耐水・耐圧・耐火・耐熱 等など)に対して“これ以上やったら壊れる”という限界ライン。限界性能を知ってはじめて、合理的な形や材料の組み合わせが思い浮かぶ。
重要なのは、限界性能とは、壊してみてはじめて知れるということ。土木や建築の学校では、コンクリートを圧壊させる様子を見せてくれる。が、その真の目的=壊すことの重要性を教えてくれる先生は少ない。
壊すことは、生み出すことにつながる。作ることと壊すことは表裏一体である。

◆日本人の創造性
日本人の創造性は低下の一途。一般には“理系離れ”が影響している等と言われる。が、それは本質ではない(なにせ、理系大の新卒生の性質が変わってきている)。
大事なのは、幼少期の学びの深さだ。そのうち「壊す」という行為は、決定的に重要。色々なものを壊した経験は、創造性の幅を広げる。

都市という人工空間で育った子供たちは、不憫なことにそのような経験が少ない。ものづくりとってもレゴブロックのようなものだし、外で遊ぼうにも公園のような危険を排除した施設しかない。そのうえ、親たちが見張っていて「危ない」とか「汚い」とか言って、やろうとするそばから介入する。おかげで、失敗(≒怪我)はしないが、重要な学びの機会をことごとく逸している。

自然の中で遊びまわる腕白な子供。そこで養われる感覚や観察力が対象への同化力を規定する。日本人の追求力の原点には、豊かな自然が与えてくれる深い学びがある。したがって、これを復活させていかないと、理系の大学をいくら増やしても意味がない。

教育制度等の狭い問題ではない。子供たちにとっての学びとは何か。親を含めた大人たちが、枠を外して、見方を変えないといけない。

多田奨

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:26 |コメントする    Print This Post


TV、動画、ゲーム|親が知らないと後悔する我が子への健康被害

TV、動画、ゲームは百害あって一利なし。昔からテレビを見過ぎると頭が悪くなると言われていましたが、最近では科学的根拠も明確になり、こどもの思考停止の要因の1つになっていると言われています。

リンクより引用。

先日レストランに行った時、隣のテーブルにまだ幼稚園児くらいの子ども2人と両親がいました。食事は終わっていたようですが、両親が話をしているので、子どもを黙って座らせるためにタブレットを渡して動画を見せていました。(確かにおとなしくずっと画面に釘付け・・)

今では当たり前の風景になっているかもしれませんが、きっと家でも子どもがうるさいと感じるときは、TVやYouTube、ゲームをベビーシッター代わりにして静かにさせているのだろうな、と想像できます。

こうした現代の親が子どもに当たり前にさせている行為が、実は、ゆくゆく我が子の成長や健康状態に重大な影響を与えることになる恐ろしい研究結果がわかってきました。これは、まずマスコミでは大々的にニュースにはできませんね…(笑)
 
■子どもに与える3つの衝撃健康被害
「健康被害①-長時間視聴によって子どもの脳の発達に悪影響大」

東北大学の医学研究所によるMRIを使った健常小児の脳発達研究によって、長時間のTV(動画)視聴が、発達期の子どもの脳の認知機能発達や言語能力へ悪影響することが発見されました。

昔から “テレビの見すぎはダメ!バカになるぞ!” とよく言われていた何となくのイメージは、実は科学的根拠により事実だったのです。

また、イギリス政府機関の一つである英国公衆衛生サービスの調査結果によると、テレビや動画の前で多くの時間を過ごした英国の子どもたちは、うつ病や不安症、社会的適応力や身体活動問題がみられたそうです。

ゲームも脳解析により同様のマイナス研究結果が明らかになっています。「米国精神医学誌Molecular Psychiatry」でゲームを長時間やると、認知能力のある前頭前皮質や、学習・記憶にかかわる海馬などの脳発達がマイナスに作用する相関性が発見されたと報じられました。

「健康被害②-子どもの電子機器接触は恐ろしい電磁波を浴び続ける」

これも、メディアで大きく取り上げられることはないのですが、実は子どもにとって本当に健康に危険な社会問題になっていると言っても良い問題です。

米国研究の調査により2mG以上の電磁波を浴びると小児白血病が1.93倍、小児筋肉腫瘍が3.26倍になるという結果が発表されました。さらに、スウェーデンの大規模な疫学調査を行った所、2mG以上の電磁波を浴びると小児白血病2.1倍、小児筋肉腫瘍が1.5倍と発表されています。

数値こそ差はありますが、子どもが電磁波を浴びる影響は、計り知れないほど恐ろしい結果を招く危険性があることは紛れもない事実です。

さて、ここに出てきた「2mG」という磁場発生量を覚えて下さい。

よくYouTubeなどはタブレットで視聴する子どもも多いと思いますが、Wifiが「入」になっている状態ですよね。
pad1.jpg
この時点でYouTubeなどの動画を見てなくても常にマイクロ波周波数帯の放射を強烈に浴びていることになります。この数字はiPhoneなどのスマホよりも高いと言われています。その磁場量は、20mGの測定結果を出しており、「2mG」の10倍に相当する数字なのです。

最近の液晶テレビは、限りなくゼロに近いmGと言われていますので、タブレット視聴よりは安全ではありますが、メーカーによって差はあり、3mG近い測定値を出している機器もあるようです。

もっともテレビから1M以上離れれば問題はないですが、小さい子がテレビに近づいて画面の前にずっといる場面を見かけることがありますが(怖)、この行為は本当に止めたほうがよいです。

「健康被害③-長時間視聴で肥満児へ。そして驚きの骨の健康問題まで」

英国小児科学会年次総会で発表された調査によると、毎日1時間以上TVを見た幼稚園児は、過体重になる可能性が39%高く、小学1年生で肥満になる可能性が86%になるという結果が発表されました。

米国小児科学会の研究結果でも、子どもの1日のテレビや動画視聴時間が2時間以上の子どもは、肥満度(体格指数)が、テレビ、動画を見ない子どもと比べて男児は0.16ポイント、女児は0.29ポイントも増加することがわかりました。

これは必然の結果で、テレビや動画を見ているときは全く動かず身体活動がストップするのに加え、その間にジュースやお菓子を食べる傾向が強くなることが指摘されています。

また、別の研究では、あまりにもテレビや動画視聴が長いと後に骨の健康状態を悪化させる可能性があることを示唆しました。

長い時間座って高脂肪と高糖分食品を摂取する子どもは、健康的な骨格の成長に害を及ぼす可能性があり、結果的に骨量不足になり、骨が弱く将来的に骨粗鬆症になる懸念があげられているのです。

研究結果では、1日2時間以上テレビや動画視聴していた成人(被験者20歳)は、骨のミネラル含量が低いことがわかりました。

■子どもの健康被害は世の仕組みを知らない思考停止の親の責任

さてさて、この3つの健康被害で子どもの心身に最悪の影響を与えていることがわかったかと思います。

よく考えてみて下さい。はっきり言ってテレビ、動画、ゲームは子どもにとって百害あって一利なしのものになっていることは科学的根拠もあり明らかなのです。

つまり、本当は国が規制に乗り出さないといけないことなのです。国民の健康や安全を守るのが国の一番の責任ですからね。でも絶対にしませんね。そして、メディアは自分の首を絞める警告など絶対にしません。どれだけの経済的損失が起きるか・・・。

我が子の健康を守るのは親しかできませんし、親の責任でもあります。とにかく親が自分たちの時間も欲しいから、とかそこまで関心ないから、という理由で思考停止に陥り、子どもに好き放題させて良いことは一つもないことだけははっきりしましたね。

家族でこの事実を理解し合い、せめて1日の使用時間のルールを子供と作るなど話し合ってみたらいかがでしょうか。

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 10:14 |コメントする    Print This Post


スマホによって道徳感がかわる

スマホユーザーはPCユーザーと比べて理性的で非感情的な意思決定を行う傾向にあるという研究結果(英研究)(リンク)より引用します。

英シティ大学ロンドンの研究によると、スマホユーザーはPCユーザーよりも合理的かつ非感情的な決定を行う傾向にあるそうだ。

本研究は、デジタル世代の道徳的な判断を取り上げた先駆的なものである。これによれば、ジレンマのある状況における道徳的な判断は、その人のデジタル環境に影響を受けるらしく、私たちとコンピューターとの付き合い方について重要なことを示唆しているという。

■義務論的判断と功利主義的判断
道徳的な判断がスマホとPCにいかに影響されるのか調査するために、1,010人の被験者が集められ、”トロッコ問題”というよく知られた道徳的ジレンマにおける行動を質問した。これは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験である。

道徳的判断は大きく義務論的判断と功利主義的判断に分けられる。

義務論的判断は、一般に自動的あるいは直感的な反応であり、ジレンマの感情面によって促される。一方、功利主義的判断は、非感情的あるいは合理的/制御された考察の結果であり、予測される結果を意識的に評価することでなされる。

別の言い方をすると、義務論的視点は道徳規範あるいはルール(法律など)と一致するかどうかで行動を評価し、功利主義的規範は帰結に基づき行動を評価する。

■トロッコ問題とは?
トロッコ問題とは次のようなものだ。線路を走るトロッコがある。線路の前方に作業員5人が縛られており、動けないでいる。このままでは轢き殺されてしまうだろう。あなたはたまたま分岐器のそばにおり、レバーを引けばトロッコの進路を変えることができる。しかし、その別の進路の先にも人が1人いる。トロッコがそちらへ進めば轢かれてしまうだろう。

ここで被験者は「何もしない(5人が轢き殺される)」か、「レバーを引く(1人が轢き殺される)」か選ばなければならない。 

実験では、次にような派生バージョンにも回答してもらった。

前回と同じく、線路の先に5人がおり、このままではトロッコに轢かれてしまう。今回、あなたは線路を見下ろせる歩道橋におり、隣に太った男が立っている。もし太った男を線路につき落とせば、トロッコを止めることができる。

どちらの問題でも被験者は1人の命と引き換えに5人を救うかどうか決めねばならないが、レバーバージョンでは非感情的で、太った男バージョンは感情的だ。

被験者にこの問題を質問した結果、太った男を犠牲にするとの回答(功利主義的反応)は、スマホユーザーが33.5パーセント、PCユーザーが22.3パーセントだった。

レバーバージョンでは、1人を犠牲にするとの回答率の違いは縮小し、スマホユーザーが80.9パーセント、PCユーザーが76.9パーセントだった。

また問題への回答に10秒の制限時間を設けた場合、功利主義的な反応が見られる傾向にあった。つまり時間的プレッシャーがある状況においては、二者択一的状況において功利主義的意思決定が促進されたということだ。

■スマホユーザーはより非感情的かつ合理的な決定をする傾向
こうしたジレンマへの回答を見ると、スマホユーザーはより非感情的かつ合理的な決定をする傾向にあることが窺える。その原因として、PCと比較した場合、スマホの利用ではしばしば時間的プレッシャーが増し、さらには心理的な距離が増すからではないかと専門家は推測する。

人付き合いから仕事や買い物まで、私たちの日常の様々な部分がオンラインで送られるようになった。そうした状況が人々の道徳的意思決定を変化させる可能性があるのであれば、無数の人々が日々スマホを使うことの影響を慎重に考察しなければならないだろう。

村田頼哉

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 10:28 |コメントする    Print This Post