斜陽の「そろばん塾」がにわかに増えた舞台裏-「右脳を鍛える」をウリに、500教室を突破-

(以下引用)―――――――――――――――――――――――――――
(リンク

一昔前にはどの街でも見かけた、そろばん教室だが、近年めっきり姿を消してしまった。1986年に1万3010教室あった(事業所統計調査)ものが、2014年時点で6753教室に減っている(総務省経済センサス基礎調査)。
しかし、口コミだけで全国532教室に広がっている異例のそろばん教室がある。現在、全国で1万人以上の生徒が通う「そろばん塾ピコ」だ。
ピコはそろばん塾の看板を掲げているが、「そろばんのプロ」を育成することが目的ではない。「そろばんの学習で右脳を鍛え、IQを高める」ことを目指しているという。そのため、昔からある街のそろばん教室のように、そろばんそのものの技術向上や有段者育成を目指さない。
ピコに通っている主な生徒層は、幼稚園の年長生から小学校2年生の子どもたち。週2回1コマ50分の授業でそろばんの基礎を習い、ある程度習熟したらフラッシュ暗算を追加で10分学ぶことができるという、独自の教育プログラムを展開している。
3年ほどで取得できる2級の検定取得を目標としているが、飽くまで2級を取得するまでの過程で、自然と右脳を使って計算・暗算力が鍛えられ、受験勉強の下準備ができるためだという。

■京大生の習い事の2位は「そろばん」
ピコを創業したのは、現役の京都大学生が提携塾を通してインターネットTV電話で個別指導をする、「京大個別会」の代表者・孝橋一(たかはし はじめ)氏だ。孝橋氏がアルバイト講師の京大生120人にアンケートを取ったところ、習い事の1位がピアノで、意外にも2位がそろばんだった。
3位の水泳を上回り、半数に当たる約60人が幼少期にそろばんを習っており、その多くが2級取得者だったことに着目。そろばんが右脳を活発化させるという研究成果も出てきたことから、全国のそろばん教室を見学・研究し、2007年にそろばん塾ピコを開設した。

当初は、「衰退産業のそろばん教室がうまくいくわけがない」と、融資の相談に行った銀行には門前払いをされたが、「京大生の半分が経験した習い事」をうたったチラシを打つと、無名のピコにすぐに40~50人の生徒が集まった。
2校目で、運よくそろばん10段の資格を持つ大学生のアルバイトを採用でき、指導方法などのノウハウを確立。京大個別会で提携していた塾からの要望があり、2009年にそろばん塾ピコの商標と指導ノウハウを他校に提供するフランチャイズ(FC)展開を本格的に始めた。
ピコが急拡大した背景には、加盟しやすいFCのパッケージがある。加盟の際に必要なのは、加盟金30万円(既存の教室の紹介があれば15万円)だけ。商標やノウハウの見返りに、ピコ本部へ支払うロイヤルティは1教室あたり月1万5000円と低額だ。
さらに2校目以降を開設すると、すべての教室のロイヤルティが減額される仕組みを導入している。インターネット上で受けられる塾長・講師の研修は、何度受けても無料としている。
生徒からの月謝は週2回の授業で5000円~6000円を目安にしているが、加盟者が自由に設定できる。
そろばん経験があればパートの主婦でも教えられることから、講師の採用ハードルも高くない。教室として公民館やレンタルルームなどを借りられれば、個人でも始めることができるという。

■独自の検定試験を毎月実施
では、ピコの本部はこれだけでどう収益を上げているのか。実は、日本商工会議所珠算能力検定試験とレベルを合わせた独自の「ピコ検定」を本部が毎月行っており、FCの教室で検定を受験する生徒が増えれば増えるほど、検定料が本部に入る仕組みだ。
ピコはこれまで加盟教室募集の広告などを打ったことがなく、本部のホームページすら存在しない。京大個別会で提携していた約60の塾から始めたのが、口コミで広がり、現在は法人・個人を合わせて200程度の加盟者に広がった。全国で532あるそろばん塾ピコの大半が直営ではなくFCによる運営だ。
塾業界は受験生ビジネスに振り回されやすく、特に地方の塾は競争激化で生徒の争奪戦となっている。加盟者の中心である地方塾は、ピコを兼営することで空いた教室の稼働率を上げ、将来受験生となる未就学児~小学生を取り込めるメリットがある。
孝橋氏は、「経営不振にあえぐ地方の塾の駆け込み寺のようになっている。毎月10~20校のペースで教室が増え続けており、今後3年内に1000教室を突破できる」と話す。現代のそろばん塾の勢いはまだまだ止まらなそうだ。

穴瀬博一

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:36 |コメントする    Print This Post


詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・1

小さい頃に、近所の子供たち(異年齢:小学校前の子供から中学生まで)が集まった時に、将棋をしていた記憶があります。

小さな子供にはハンデを付ける(角落ち、飛車落ち、飛車角落ち、支援者を付ける等)ことによって、できる限り対等の勝負ができるようにして、みんなが将棋盤を取り巻き、ワイワイ、ガヤガヤしながら楽しんでいたことを思い出します。また、将棋が強くなりたいという思いから一人の時は詰将棋をやっていたことも。

詰将棋や本将棋をすることよって、先読みをする、持ち駒をどこに打つか、どうすればわからない時に可能性を感じる手を打つ、勝ったときや詰将棋を詰めたときの喜びや爽快感等々、今思い起こせば、詰将棋や本将棋で「工夫思考や潜在思念」の強化が図れていたのではと思う。

将棋は、インドが発祥の地のようですが、日本でも古い時代から取り入れられた遊び。この古い遊びで、自然遊びが出来ない状況で、かつ、学校教育(暗記教育)では絶対に習得出来ない「工夫思考や潜在思念」を現在の子供たちに習得してもらえないか・・・授業に取り入れることによって。

そんな思いで、まず詰め将棋を調べて見ました。

・・・・・・・・・・・

 詰将棋の学習効果:リンク より

詰将棋の学習効果は、計り知れません。将棋のプロでさえ、結局は詰将棋しかないと言う人もいます。将棋で強くなるためには最終的には詰将棋しかないという意味です。

将棋のプロは、片っ端から目に付いた詰将棋を解きます。とにかくあらゆる問題を解くのです。(森九段より)

我々アマチュアには到底無理な話ですが、市販の一般的な詰将棋ぐらいならば挑戦できます。
将棋七冠王になった羽生プロでさえ、毎日詰将棋を150問解いているそうです。・某プロによると、一手詰も解いているそうです。
それぐらい、詰将棋は将棋の【基礎練習】として重要なのです。

詰将棋は、野球で言えば素振り、サッカーならばパスやシュート、あるいはリフティングに相当するでしょう。
学校の勉強の数学ならば、計算練習、国語や英語ならば音読が、そのレベルの基本練習になります。
物事は、基礎練習なしでは、上達しません。将棋も強くなりません。この基礎練習の充実と絶え間ない継続が、将棋上達の大きな鍵です。是非肝に銘じておいて下さい。

以下に、詰将棋の学習効果を書きました。更新については、【将棋・上達の探求】で随時お知らせ致します。

01.終盤力が高まる:-略-
02.将棋の終盤の構想を早い段階から描けるようになる
・詰将棋での長手数の読みの訓練は、とても重要である。
・この訓練により、中盤の終わりや終盤の入り口で大まかな寄せの構想を描けるようになる。
・これができると、将棋の展開を有利・優勢に持ち込める。

03.長手数の詰みを読み切れるようになる
・手筋を多く含んだ詰将棋より、実戦での長手数の詰みの方が易しい場合も多い。
・練習を重ねると、実戦でそういう詰みを逃さなくなる。

04.「詰みそうだな!」と感じることが多くなる
・感覚的に詰みの有無を掴めるようになる。
・また、その嗅覚が優れるようになる。
・深く長く読めるようになるほど、その直感が早くなる。

05.「将棋は、自分の頭で考えただけ強くなるゲームである。」:-略-
06.無意識の読みが発動するようになる
・一目、一睨みで詰ませられる詰将棋が多くなると、無意識に読みを進められるようになる。
・数多く詰ますと、脳が勝手に読みを進めてくれる。
・これは経験者しかわからない。
・脳が勝手に読んでくれるので、意外と楽な部分もある。

07.脳に将棋回路、詰将棋回路が早くできる
・脳に将棋回路を作るためには、局面の狭い詰将棋が優れている。
・最初は5×5に収まるような狭い範囲で練習すると良い。(5×5の詰将棋)
・絶え間ない練習が、いずれ脳内に将棋回路や詰将棋回路を作ってくれる。
・この回路のおかげで、将棋の読みが正確になり、また深く読めるようになる。
・また、これらが脳内将棋盤の土台になる。

08.脳内将棋盤と準脳内将棋盤ができやすい:-略-
09.自分の読みの癖、弱点がわかる:-略-
10.勝手読みを減らせる:-略-
11.返り読みをしない練習ができる:-略-
12.駒を最大限に活用できるようになる
・詰将棋が苦手な人は、その解けない理由をわかっていない。
・それは、将棋の駒の性能を最大限に生かせていないのだ。
・駒の性能を生かし最大限に活用できれば、自然と詰将棋は解けるようになる。
・将棋が弱い人も同様だ。
・本人が思っている以上に、駒を生かせていない。
・将棋の駒は、自分の分身だ。あるいは、自分の部下だ。
・自分を王様(殿様・領国の主)だと思うことだ。
・そして、自分の部下(兵士達)の能力を生かせる配置や戦いを考えよう。
・会社に勤め多くの部下を従えている大人には、話が通じるはずだ。
・特に、5人の仕事を3~4人でこなすような努力をしている人には。
・少ない戦力でどう戦うかは、将棋も仕事も全く同じだ。
・ちなみに、管理人は、若い頃から3人の仕事を1人でこなしていた。

13.駒の代用が上手になる
・将棋の駒は、いつも必要な時に必要な駒があるわけではない。
・そういう時には、知恵を絞って駒の代用を考える必要がある。
・その訓練として、詰将棋の練習は最適である。
・詰将棋は、敢えて不便さな状況にして難易度を上げている問題が多数ある。
・詰将棋を解く時には、他の持ち駒でも解答を考えると、問題作成者の意図がわかることもある。

続く

加藤俊治

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:39 |コメントする    Print This Post


詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・2

「詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・1」の続きです。

・・・・・・・・・・

 詰将棋の学習効果:リンク より

14.集中力が上昇する
・詰将棋は、将棋と違って解答がある。
・解答のない将棋の実戦では、その集中力を維持しにくい。
・だが、部分図の詰将棋では、解答が解けるまでの数分間の集中力が大幅に上がる。
・場合によっては、その集中力が30分、60分を超える。
・この集中力アップこそが、将棋上達の最大の鍵とも言える。
・将棋が強い人ほどこの集中力は高く、雑念の入らない深い読みをしている。
・また、将棋が強い人ほど集中している時の時間の流れが遅くなる。
・つまり、時間を有効に使えるのだ。
・同じ30分を60分や90分に使えるということだ。
・時間の流れは、人によって異なる。
・これは、経験者しかわからないかもしれない。

15.頭の回転が速くなる
・瞬間詰将棋やフラッシュ詰将棋で脳を鍛えると、頭の回転が速くなる。
・これにより、実戦での読みも数倍速くなる。

16.将棋の筋が良くなる:-略-
17.読みの切り捨てや早期の打ち切りが適切になる:-略-
18.詰まないことがわかる
・詰将棋では、詰むことばかりを読んでいる訳ではない。
・詰まない変化も数多く読んでいる。
・これが、将棋上達に頗る効果的だ。
・自玉に詰みがないことがわかれば、敵玉に必死かければ将棋は勝てる。

19.序盤と中盤の構想力が身に付く
・詰将棋で読みを訓練すると、あらゆる局面で指し手を読む力がアップする。
・それは、将棋の終盤だけでなく、序盤と中盤にも通ずる話である。
・一部のプロのこれを認めているが、本当はプロ全体が把握していることである。

20.逆転勝ちが増える:-略-
21.実戦詰将棋を解くための基礎固めになる:-略-
22.必至(必死)や寄せの基礎練習になる:-略-
23.中段玉や入玉の寄せがうまくなる:-略-
24.将棋の局面で急所に目が行くようになる
・詰将棋のように狭い局面で急所を探す基本的な練習をしていると、実戦のような広い局面でも急所に目が行くようになる。
・棋譜並べや次の一手の併用でその効果は大きくなる。

25.根気や根性が身に付く・容易に諦めないようになる
・詰将棋を諦めないで解いていると根性が身に付く。
・実戦の際不利な局面や敗勢になっても容易に諦めなくなる。

26.思考力が高まり将棋の局面を深く考えられるようになる
・普段から詰将棋や棋譜並べ、次の一手などで将棋の局面を深く考えていると、実戦でも深く考えられるようになる。
・その効果は長期的に続けていると実感しやすい。
・深い思考から逃げる人は、将棋は強くならない。
・既存の定跡を疑うこともしないのでありきたりの将棋になる。
・思考力の上昇は、疑問力の上昇にもつながる。

27.粘り強い将棋になるので、金星が増え勝率が上がる
・「25」と関連しますが、粘り強い将棋により思わぬ勝ち星を拾うようになります。

28.先入観や偏見がなくなる
・定跡重視の将棋ではないので、先入観や偏見のない将棋を指せるようになります。
・山崎隆之プロがその典型的なプロ棋士です。彼は詰将棋で将棋が強くなったそうです。

29.定跡を疑い定跡以外の指し手でも良い将棋を指せるようになる:-略-
30.指し手の幅が広がり将棋の可能性が広がる:-略-
31.大量にこなすと自信が付く・自分の読みにも自信が付く
・将棋以外すべてそうですが、量をこなすと自分の指し手に自信が付きます。
・これは、詰将棋でも次の一手でも実戦でも同様です。
・自分の大好きなことで量をこなしましょう。
・自信を付けるためには、繰り返すことと大量にこなすことが不可欠です。
・将棋の実戦(ネット将棋を除く)では、自信満々に指すことが大切です。
・自信満々に指す人には、何かしらの裏づけがあるのです。
・それは、本人の過去の積み重ねである場合が多いです。
・自分が自信満々に指すと、対戦相手はどうしても弱気になります。
・弱気になれば指し手も消極的になります。
・将棋を含む勝負事では、これがとても大切なのです。
・自信満々に指すための積み重ねをどうぞお忘れなく!!!
・ちなみに、将棋のプロでも自信が無さそうに指していると、大抵の場合負けます。

32.詰み形を多く知り寄せ方の幅が広がる:-略-
33.頭が柔軟になる
・28~30と関連します。
・固定観念がなくなるということです。
・頭が固い人ほど詰将棋の学習効果を否定します。
・人間の脳はそれほど単純ではありません。
・数学は、計算問題と基本問題を速く正確に解ける人ほどこの教科を得意にします。
・将棋の場合は、詰将棋と次の一手が数学のそれらに相当します。
・詰将棋や次の一手で基礎固めをしっかりやる人ほど、あとから伸びます。
・また、発想の幅が広がり面白い将棋を指せるようになります。
・もちろん、実戦練習があってこその話です。

加藤俊治

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:50 |コメントする    Print This Post