「勉強は無意味」と思う子を変える「立体思考」①

東洋経済ONLINE(リンク)より引用します。

緑進学院代表取締役の石田勝紀氏の記事です。   

*********************************

今回は、ある思考法についてお話しします。その思考法とは「立体思考」です。この見方を教えてあげると、今やっている勉強と将来との接点が見える場合があります。

物事の見方には、点で見る方法、線で見る方法、平面で見る方法、そして立体で見る方法があります。このような表現はこれまでも聞かれたことがあるかもしれません。「物事を点で見るな、線で見ろ」とか「立体的に見るべき」などが代表的です。

●重要なことは、「もともとは立体だ」ということ
身近な例でいえば、事件を扱う刑事さんが思い浮かびます。一つひとつの証拠(点)からつなぎあわせて、文脈を作り(線)、そして全体像(平面)を想像し、目的を探り、事件の解決(立体)へと繋げていきます。このようなプロセスは、何も刑事のみならず、私たちの日常でも非常に役立つ思考です。これを子どもの勉強に当てはめてみましょう。

たとえば国語でいえば、ある1つの文の訳はわかる。しかし前の文や後ろの文とのつながりは見えない(わからない)としたら、このような人は点しか見えない人です。前後の文の意味のつながりはわかるが、文章全体の意味がわからない人は、線は見えているが平面が見えていない人。さらに文章全体の意味はわかったが、その文章が自分の人生や社会とのつながりにおいてどのようになっているかがわからない人は、平面は見えているが、立体的に見えない人ということになります。

ここで重要なことは、「もともとは立体だ」ということなのです。つまり、自分の人生や生活、社会という大きな文脈の中で、その出来事や文章などの意味が存在しているという「事実」があるのです。

受験では、平面まで見えると、合格します。はじめは点の勉強、次に線として見るようにして、最終的に平面という全体像がわかり理解できるという状態です。しかし、平面思考で止まっている人は、受験が終われば、それで終了なのです。つまり、まったく社会や自分の人生とつながっていかないということなのです。実にもったいないことですね。立体的に見えている人は、自分や、社会とのつながりが見えるので、学校での勉強はすべて学びとなり、今後に役立っていくのです。

社会人になって、やりたくて始めた勉強が、身に付いていき、面白くなっていく場合、まさに、立体的視点があるため、面白く感じるのです。それを上からやれと言われたからと仕方なしに勉強している場合、それはせいぜい試験に合格できる程度の平面レベルですから、勉強していて結構つらいことでしょう。

*********************************

②へ続く。

長安

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:20 |コメントする    Print This Post