育児ストレスについて

 はじめまして。淀川さん。育児ストレスが何故起こるのかを考えてみたいと思います。

 私自身見聞きした経験から判断して、特に手のかかる乳幼児と母親が一対一の場合にストレスがひどいようです。これは第一に母親の感じる被害者意識が原因でしょう。子供の世話のために自分の時間が取れない、食事や睡眠時間さえ確保できない。誰も助けてくれない、自分ひとりだけがなぜこんなにしんどい思いをしなければならないのかという意識です。

 第二に評価の問題があります。子供の喜ぶ様子や笑顔が本来は母親にとって何よりの評価であり、子育て課題のやりがいに通じるはずですが、被害者意識や不安感のためにそれらすら感じ取れなくなるのでしょう。昔であれば同居する祖父母や近所の人たちが子供のかわいさを褒め称えたり、母親の苦労への労いや自分の体験からの助言の声かけをしたりする場面が頻繁にあり、それが母親への評価となっていました。現在ではこの評価がほとんどないために、自らも存在不安に陥っている母親も多いようです。

 このように考えれば、いくら父親の協力があったとしても、子育てはやはり両親だけの個人課題ではなく、皆で取り組む集団課題でなければなりませんね。

 

 

足立晴彦

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:03 |コメントする    Print This Post