日本の学力低下は著しいですが、詰め込みと塾の増加が続けば、徹底的なまでに進むはずです

株式日記と経済展望リンクより転載します。
———————————-
◆シュタイナーが「子どもへの詰め込み教育は絶望的な社会を作る」といった100年後に、完全なるその社会ができあがった日本。その日本人の生命エネルギーは驚異的なまでに低下しているかもしれない 2015年10月7日  In Deep 

「詰め込み教育は、さらに深刻な影響をもたらす可能性がある

ことを最近知りました。

下は、約 100年前に、ルドルフ・シュタイナーが人智学協会の会員向けに行った講演の一部です。

シュタイナーの『人間の四つの気質―日常生活のなかの精神科学』というものに収録されています。

シュタイナーの 1912年の神智学協会会員に向けての講演より

『大学には多くの学部があり、教授たちが思考と研究以外のことに、一年中かなり駆り立てられています。学生が試験のために知らなくてはならないことを、二、三週間で習得させます。つまり、最も必要なものを詰め込むのです。そのような詰め込みが最悪なのです。

小学校でも詰め込み教育が行われるようになると、その害は想像を絶するものになるでしょう。詰め込み教育の本質は、心魂つまり存在の最奥の核と、詰め込まれるものとの結びつきが、まったくないことです。心魂は詰め込まれる内容に、関心を持てないからです。

習得したものをしっかりと自分のものにしたい、という気持ちがないのです。人間の心魂と自分が習得するものとのあいだに、興味の絆がわずかしかないのです。

その結果、活動的に公的生活に関わることができなくなります。詰め込まれたものが、自分の職業の課題と内的に結びつかないからです。心魂が、頭の活動から遠く離れているのです。』

人間にとって、頭の活動と心魂が遠く離れていること以上に悪いことは、他にありません。

戦後の日本の教育は、上の 100年前の講演でシュタイナーが述べていた、

> 小学校でも詰め込み教育が行われるようになると

を具現化したものですが、

> その害は想像を絶するものになるでしょう

とシュタイナーは言っていて、今の日本は、学校だけでも詰め込みなのに、そこに加えて、小学生の 40%が塾に通い、中学生の 70%が塾に通う。

シュタイナーは上のことを述べた後、エーテル体などの単語を使った言葉を述べますが、難しい言葉はともかく、シュタイナーが言うには、詰め込みは、ただ知識が身に入らないだけではなく、

「人間の生命エネルギーを弱くする」

と言っています。

それが問題なのです。
シュタイナーの言っていることが、あまりにも今の日本の「健康的状況」とリンクするからです。

人間の生命エネルギーが弱くなっているかもしれない現在

先ほど、「塾に行くと成績さえも悪くなる」と「さえも」と書きましたが、成績が悪くなることなどはどうでもいいのです。小学生の時の成績など将来の何に関係があるものかと思います。

そんなことより、この「生命エネルギーが弱くなっていく」ことがコワイのです。

生命エネルギーという言い方ではなく、単に「生命力」でもいいですが、確かに、私たち日本人は年々、弱くなっています。

どうしてそうなってしまったのかはわからなくとも、弱くなっています。

身体そのものも弱くなっているでしょうが、「精神系の疾患」の増え方が著しいです。

精神疾患別増加数

・現代日本でなぜ精神疾患が増えているのか

理由はともかく、ものすごい増加であることは確かです。

ただ、上のグラフで、赤い部分は「うつ病」ですが、これがに関しては、過去記事「ふと思い出す世界を支配する医薬品ビジネス」の後半の方に書きましたが、うつ病が増加した理由は「うつ病啓発キャンペーン」と、抗うつ剤投与を無理矢理上昇させた、ということが大きく、ビジネス的な理由によるものだと思われます。

なので、うつ病は除外しましても、多くが 1999年との比較で、何倍という単位で増えています。

たった 10年ほどの間にどうしてこんなに増えたのか。
さまざまな理由が考えられて、実際のところはよくわからないですが、とにかく、

「日本人は心も体も弱くなっている」

ということは言えるかと思います。

それに加えて、少子化が止まる気配はありません。
その少ない子どもたちも、詰め込みで勉強を「心から憎む」ようになり、そして、時間的余裕もない。
心も弱る。体も弱る。

冷静に考えてみれば、子どもに対して最も大事なことは、

・その子の身体の健康
・その子の心の健全
・生きている上での安心感

くらいでいいわけで、何より、詰め込みが「現実的に成績さえも悪くする」ことは、上のほうの通塾率の分布でもわりと示されていて、詰め込みを続けていると、実際に「知能的にも日本人はどんどん劣ってきてしまう」と思います。

日本の学力低下は著しいですが、詰め込みと塾の増加が続けば、これはさらに徹底的なまでに進むはずです。なので、現実の社会的にも損失の部分が大変に大きいように感じるのです。

そして何より、今以上、日本人の心と体が弱くなった場合、それはもはや日本という国の死活問題になると思うほど、現状の「病気の増加」ぶりはひどいです。(後略)
———————————–
以上です。

 

新聞会

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:11 |コメントする    Print This Post


褒めるのではなく喜ぶことが最高の充足空間への鍵

>共認機能の真髄は、そこにある。共認の生命は、相手(=自分)の期待に応合することによって充足を得ることである。294529

上司は部下の頑張りを褒める
先生は生徒の頑張りを褒める
親は子供の頑張りを褒める

でもこれって相手=自分になってない。。どっちかと言うと、自分→相手って感じ。

上司は部下の頑張りを喜ぶ
先生は生徒の頑張りを喜ぶ
親は子供の頑張りを喜ぶ

こっちの方がお互い充足しそう。相手=自分って感じも出る。

思い返せば、ほんまに嬉しい時って、褒められた時よりも、みんなで喜びあった時やもんな。

当たり前のことだが、これはかなり大きい気づきかもしれない!

 

 

 

桜木花道

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:32 |コメントする    Print This Post


AsMama創業者が語る、使命感・志は人々の期待の中から成起する。

るいネットでも注目を集めている、子育て支援の会社AsMama(アズママ、横浜市中区)。
子育てシェアサービス事業で、近所に住む顔見知りの主婦らに送迎や託児を1時間あたり500円程度で担ってもらう仕組みを作り上げ、会員数は2万人。
働きながらの子育てに悩んだり、自分の時間が取れなかったりする母親にとって心強い支援インフラを築きつつあるAsMamaの創業者である甲田恵子社長のインタビュー記事です。

自分たちの存在意義に疑問を感じ、事業継続を迷ったときに目を向け、立ち戻ったのは、「改めて、実現基盤はあるのかどうか。」=「人々の期待」でした。

本気で追求していたら、誰だって、迷い立ち止まることがある。
そこに実現基盤があるのなら、必ずそれは実現されてゆく。
進むべき道は、人々の期待が示してくれているのだから、何度も何度も掴み、塗り重ねてゆけばいいんだと教えてくれています。

リンクより引用。
————————————————————–
■SNSで募った11人の同志とともに子育て支援で起業

SNS上でつながった同志11人とともに立ち上げたAsMamaだったが、子育てを助けるという社会的な使命を担う一方で、経営者としては会社としてビジネス化することも考えなければならない。  

子育て支援の輪を作りながら、そこへ企業がスポンサーとして商品をPRしたり、消費者の声を聞いたりする形で協賛してもらう形を考えつく。これは成功をおさめ、会社の収入も増えるなど経営も安定化しつつあった。しかし、ある時に気付く。  

「数百人規模の親子コンサートイベントを主催したことがあり、お客さんは満員になって協賛してくれた企業の方にも喜んでもらえたのですが、壇上で子育て支援の話をしても広い会場がシーンとなって誰一人反応してくれない。自分たちは単なるイベントを主催するだけの存在になっているのではないか、と思うとショックで、どうしていいのかわからない状態になりました」。  

創業者である社長に迷いが生じたことで、今まで共に歩んできた仲間は去っていき、会社には甲田社長だけが残された。

■泣きながら1000人の声を拾い使命感が再燃

「もう事業をやめてしまおうか」と開店休業状態となったところで、助け舟を出したのが、先輩起業家らと半年間かけて事業計画を磨く「社会起業塾」だった。  

NPO法人ETIC. (エティック)が主催するこのプログラムは、「課題やニーズに立ち返って、社会を変える計画を作る」というコンセプト。事業の在り方に迷いが生じた甲田社長にぴったりだった。  

ここで鍛えられるなかで、起業の原点や社会のニーズを再確認してみることをアドバイスされる。甲田社長は1000人に対面アンケートを行うことを決意。幼い我が子を連れ、拡声器を手に街頭へ出て、見知らぬ人に声をかけ続けた。 

 しかし、無視や拒絶をされるばかりではなく、時には不審者として警察官にまで職務質問され、交番へ連行されることも経験。1000人に話を聞くという難しさに道端で泣いてしまったこともあるほど過酷な2カ月間だったという。  そんな苦心の末に得られた1000人の声が甲田社長を二度目の再起動を促した。「近くに頼れる人が誰もいないから心配」「子どもがいるとできないことばかり」など、リアルな悩みを聞いた結果、子育て支援の必要性を再び認識。真剣に事業を行っていかねばならないとの使命感が刻まれることになった。

■女性進出を促す日本に必要な「未来の子育て」提案

そして昨年(2013年)4月、これまでの子育てコミュニティのなかで行われていた支援サービスをWeb上で正式に仕組み化し、子育てシェアサービスとして開始。万が一に備えて最高5000万円が補償される保険制度も苦労の末に整え、支援が行われるうえでの不安を少しずつ取り除いていった。  

ビジネス化の面では、子育て社員へのバックアップを行いたい企業での支援活動や、住宅提供者である公団などの依頼で子育て支援サポート業務をすることによって、収入を得る形に変えた。保育園や幼稚園、行政などとの協業も積極的に行っている。  

AsMamaのサービスは、働く母親はもちろんだが、専業主婦や父親も対象としているのが特徴だ。子育てに関わる人が孤立することを防ぎ、自分の時間を持つことは子どもにも好影響を与える。これが「未来型の子育て」だと甲田社長はいう。  

日本の人口減や低成長によって、社会での女性活用が声高に叫ばれている。政府や行政の動きに先んじて、小さなベンチャーがこれからの社会に対応した新しい子育てスタイルを提案し、多くの共感者を集めているのは心強い。
————————————————————–
(引用終了)

 

 

 

中川翔子

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:49 |コメントする    Print This Post


休み時間が苦痛だと感じる子供が急増中!

小学校の頃、休み時間といえば待ち遠しい時間。
ところが最近は休み時間が苦痛と感じる子供が急増しているそうです。
以下引用ですリンク

---------------------------

小学校のころの休み時間といえば、2時間目と3時間目の間や給食後の休憩時間が楽しみだったという人が多いのではないでしょうか。いまは親や教諭が指示する教育が乳児期から始まっているため休み時間が苦痛と感じる子どもが急増しているそうです。
昔は畑仕事などで生計をたてなければならなかったため乳飲み子の時期ですら嫁がお昼に一度帰るまでは籠の中に入れられて縁側に置かれていました。
現在は育児休暇を取得して赤ちゃんと密接な関係を築く育児が主流となっているため常に母親が指示するという環境がごく一般的なものとなっています。

中略
トイレトレーニングやおむつはずれの時期からその傾向が強まるようです。親が指示しないと排泄しませんし、お出かけ前におもらしされて困るのは母親だからです。排泄の指示以外にも持ち物の確認や遊び方ですら指示されることがあります。
遊び方を指示すると書くとそこまで細かく指示していないと思われるかもしれませんが、絵の描き方ひとつとっても髪の毛はてっぺんから生えている、目は必ず2つで足は地面に着くようにするなど子どもの自由な発想を奪っている人は結構多いものです。

中略

◆子どもが母親に依存しないと遊べない理由
子どものために親がしてあげられることは一緒に遊んであげることと思っている人が多いのではないでしょうか。幼児期からそのような価値観で育ててきた子どもは親の手をひくことが多いです。
親も仕方なく手をひかれてイヤイヤ付き合ってあげるという光景はよく目にします。お友達がお家に来てもらっても結局は子どもと一緒に遊ばされてママ友さんとゆっくりお話しする時間もなかったりします。
遊んであげないと子どもが可哀想だし遊んであげないと「子どもが一緒に遊びたがってるのにあのお母さん無視してた」など言われるのを恐れて、公園や支援センターなど人前では家にいる以上に構ってあげる人も多いです。

中略

◆自主的に行動できる子供にするためにできること
もちろん母親が一緒に遊びたいときは遊んであげてもいいのです。問題はお母様が他の用事があるときにいかに毅然とした態度で断れるかということです。
もし一緒に遊び疲れて静かな時間が欲しいと思ったら遠慮なく子どもに伝えてよいのです。「ママは静かな時間がないと充電が切れてしまうの。だから少しベッドで眠らせてね。」といって5分だけ寝室の鍵をかけてもいいのです。

 

 

 

山田太郎

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:06 |コメントする    Print This Post


社会問題への探究心を育む本物の学習(文京大女子中高の取り組み)

東京都文京区に、子どもたちの探究心・追求心に火をつける取り組みを行っている文京大女子中高がある。この学校では、歴史ある国際教育に加え、文部科学省が特色ある学校として認めるSGH(スーパーグローバルハイスクール)やSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に認定されている。単なる国際交流・文化交流や体験に留まらない、本気の追求が行われている。

この仕掛け役は、各教科の先生たち。学校の明確な目標設定を行えるようにと、文部科学省の認定を大きな課題とした。学校トップも「それなら、やってみろ」ということで、先生たちは夜を徹して教育内容の見直しや申請書類の作成に取り組んだ。当初は「本当にうちで認定されるのだろうか」という疑念もあったようだが、やってみたら、まず生徒が大きく変わった。それを原動力とし、平成24年度には、都内の女子高初のSSH・SGH認定を実現。そして、その認定を機に、先生たちも一段と元気になり、教育の中身を充実させ続け、今や、女子中高とは思えない研究者顔負けの探求力を養う教育にまで高度化している。

教育の成果は、学校の廊下を歩くと一目で分かる。
彼女らが追求した成果品がボードとして掲示されており、中には全て英語で記載された高度な研究内容もある。そして、最近注目されているアクティブラーニングを行う大きなBAL Studioのホワイトボード一面には、生物の「代謝」原理の図解化を元に議論がなされている。彼女らの対象は、受験勉強という狭い枠組みから脱し、社会や自然の摂理といった、より普遍的な社会問題・環境問題にある。彼女らが直面しているのは、まさしく、日本や世界が今、求める答えなのである。

コース内容は、6 年間を4区分で段階的に目標が明確になるように構成。そこでは、何のための勉強か?を問い、そのための授業目標を設定し、夢をはっきりさせることを目標にしている。常に、「君の興味はどこ?」と問いかけることが重視されている。中1ではファンダメンタル・ステージがあり、ここで、興味・目標の設定の仕方、モチベーションの上げ方、追求の仕方を学ぶことができる。

授業では、能力アップカリキュラムが実践され、生徒自らが課題設定を行い、チームで教科横断的に追求することで、生徒の課題追求活力をあげている。
中学生の研究では身近な事象への興味関心の分析に留まる研究も見受けられるが、それでも食品・化粧品の研究が多く、社会全体の健康や食品に対する不安感が追求の動機にある。高校生になると、興味関心が、医学・理学・薬学・生物学などの分野に繋がり、社会貢献にまで発展しようとする課題設定が多数あり、目覚しい成長が見て取れる。

追求過程では、課題難度が高いので一人では無理で、チームで追求する必要がある。それが、みんなで追求することの楽しさにつながっており、仲間と一緒に何かを実現できる基盤となっている。このとき、必然的に高校で学習する内容を越えた部分もあるが、生徒が捉えた興味・関心を、教員が原理追求まで深く掘り下げるように自考を促す指導を行うことで、生徒は高い成果を上げている。そして最終的には、これらの成果を英語で発表しており、サイエンスと国際化といった重要な課題の連携を果たしている。

自分たちを取り巻く社会の不整合感を発端に、言葉になっていない潜在的な意識で捉えた興味・関心から発生する身近で具体的な疑問から入り、さらに自然科学的な追求プロセスを経て深化させている。これが、社会(≒誰か)の役に立つための勉強がしたいという意識潮流に合致したカリキュラムが展開されている。

 

 

 

白海豚

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:24 |コメントする    Print This Post


詰め込み教育は「人間の生命エネルギーを弱くする」

詰め込み教育の弊害は、今や至るところで指摘されるようになりました。
ですが今から100年も前に詰め込み教育の重大な欠陥を察知し、警鐘を鳴らしていた人がいたようです。

In Deep (リンク
より以下引用。

——-

●シュタイナーが「子どもへの詰め込み教育は絶望的な社会を作る」といった100年後に、完全なるその社会ができあがった日本。その日本人の生命エネルギーは驚異的なまでに低下しているかもしれない

以下は、約100年前に、ルドルフ・シュタイナーが人智学協会の会員向けに行った講演の一部です。

大学には多くの学部があり、教授たちが思考と研究以外のことに、一年中かなり駆り立てられています。学生が試験のために知らなくてはならないことを、二、三週間で習得させます。つまり、最も必要なものを詰め込むのです。そのような詰め込みが最悪なのです。

小学校でも詰め込み教育が行われるようになると、その害は想像を絶するものになるでしょう。詰め込み教育の本質は、心魂つまり存在の最奥の核と、詰め込まれるものとの結びつきが、まったくないことです。心魂は詰め込まれる内容に、関心を持てないからです。

習得したものをしっかりと自分のものにしたい、という気持ちがないのです。人間の心魂と自分が習得するものとのあいだに、興味の絆がわずかしかないのです。

その結果、活動的に公的生活に関わることができなくなります。詰め込まれたものが、自分の職業の課題と内的に結びつかないからです。心魂が、頭の活動から遠く離れているのです。

人間にとって、頭の活動と心魂が遠く離れていること以上に悪いことは、他にありません。

 

 

 

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:43 |コメントする    Print This Post


子どもは「ほめるのではなく、共に喜んで」育てる。

野矢茂樹さんの『哲学な日々』(講談社)に、子育てについての記述があります。世間では子どもは「ほめて育てる」とよく言われます。しかし、著者はそれを完全に否定し「ほめるのではなく、共に喜ぶ」ことが重要だと書いています。

また、「ほめて育てる」ことに弊害があることは、過去のるいネットの投稿でも紹介されています。(299672

では、著書から全文を引用します。

*********************************

41 ほめるのではなく

 「ほめて育てる」と、よく言われる。確かに、ほめられるとやる気が出る。だから、子どもを伸ばそうと思ったなら、ほめることはとても効果的である。しかし、「ほめて育てる」という方針は根本的にまちがっている。

 ほめられて育った子が、ほめられるためにがんばるようになる。そしてそこから抜け出せない。これが最悪のシナリオである。例えば、一人暮らしをしたとしよう。もしほめられるためにがんばることしかできないならば、誰もほめてはくれない部屋の掃除など、がんばる気にはならないだろう。部屋がきれいになるとうれしい。このささやかな達成感があるから、掃除をする。何かを為すときには、そのこと自体がもたらす達成感こそが、その行動の原動力になるのである。この、自分自身の内側から生み出される駆動力を、「ほめられるためにがんばる」という行動原理は奪ってしまう。

 ほめる者はほめられる者よりも優位に立つ。だから、ほめられたいと思う気持ちは、自分よりも優位の者を求めることにつながる。子どもは大人たちを出し抜き、追い越していかなければいけないのに、ほめられようとして上目づかいになり、ほめてくれる人に自ら進んで隷属しようとする。ほめて育てようとする人たちは、おそらくは無自覚のうちに、そうして子どもを支配しようとしている。

 では、どうすればいいのか。ほめるのではなく、共に喜ぶこと。何かがうまくできたなら、一緒に喜んで、子どもが感じている喜びを増幅する。そうして、その子が自分の内側から感じる喜びを引き出してあげるのだ。
 
 何かを為したことがもたらす喜びが、ほめることによって、ほめられた喜びにすり替えられてしまう。もっと子どもの内側から沸いてくるものをだいじにしなくてはいけない。

 振り返って、私たち大人はどうか。今も自分の内側から、泉はこんこんと湧いているだろうか。

*********************************

 

 

 

長安

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:59 |コメントする    Print This Post


過熱する受験競争が引き起こした悲劇

「NEWSポストセブン」2016年2月26日より引用します。 

*********************************

●受験失敗心中 母親の過剰な熱意利用する受験産業の被害者か

 神奈川県相模原市のとある団地で2月18日、15才の長男と47才の母親が死亡する事件が起きた。長男は16日17日に高校受験があったがインフルエンザのためうまくいかず、母子で悩んでいたという。警察は心中を図った可能性が高いと見て調べている。

 長男の受験に対して、かなり熱心だったというこの母親。往々にして受験戦争は母親が子供以上にのめり込む。塾に通わせ、学校説明会に走り回り、息子の偏差値に一喜一憂するのはいつも母親である。父親とは明らかに一線を画すこの熱量はどこから生まれるのか。精神科医の香山リカさんが語る。

 「強すぎる母性愛は行き着くところ、子供の人生と母親を一体化させてしまうんです。子供の人生を通して、母親自身が自己実現を図ろうとする。特に、自分の居場所が家庭にしかない母親はこの傾向が顕著です。普通に考えれば受験なんて人生のごく一部ですが、子供が全てになっている母親の場合、一歩引いた立場で見ることができない。子供の成功も失敗も全て自分のことですから。なんとしても合格させようと躍起になり、子供以上に受験戦争に囚われてしまうわけです」

 今回の事件もまた、母親は長男の教育に並々ならぬ熱意と愛情を注いでいた。いつしか母親は長男の化身となり、わが子を通じてしか自分の努力、成果を確認することができなくなっていたのかもしれない。

 「仮に子供が受験に失敗したら、全て母親自身の失敗になる。子供を通じた自己実現の道が絶たれたと感じ、子供を慰めるどころか、一緒に絶望してしまう。相模原の事件も、不可解な心中の背景にはこうした母と子の一体化があったのではないか」(前出・香山さん)

 加えて、母親にとって最もわかりやすい成功の指標が偏差値と学歴ブランドだったことが、悲劇を加速させたのではないかと指摘する。

 「より偏差値の高い高校に入れ、より有名な大学に行かせなければ…という考えの人間は、えてして精神的な視野狭窄に陥りやすい。“A校に行けなければ終わりだ”と自分自身を追い詰めてしまうんです」(前出・香山さん)

 学習塾「探究学舎」塾長の宝槻泰伸氏も、学歴ブランド志向に染まり、過剰ともいえる受験熱を持った母親に何度も相対してきた。

*********************************

政治家や官僚の無能ぶりが顕在化し、学歴社会(エリート主義)は崩壊しつつあります。そんな中で、このような悲劇が起きています。

将来の可能性を秘めた子どもが命を絶ってしまうことの虚しさ。そして、そこまで母親を精神的に追い詰めてしまった受験競争の恐ろしさ。

関西でも最難関中学の受験が熱を帯びています。こういった事件が繰り返されないよう、中学受験塾は保護者への過剰な実績アピールではなく、メンタルケアや意識教育に力を入れてもらいたいです。

 

 

 

長安
 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:11 |コメントする    Print This Post