沢山もらった応望充足

雪の降る日に長男を出産しました。
その頃、母乳特に初乳の大切さが見直されだした頃で、長男を出産した次の日に生まれた赤ちゃんが、お母さんの母乳が飲めない状況があり、お医者さんよりその子の授乳を退院まで頼まれました。

2人の赤ん坊に片方ずつ授乳したのですが、自分の子人の子の区別なく可愛くて愛しくて2人の赤ん坊を抱ける幸せに浸りました。
一週間だけの乳母役でしたが、孫を授かった今でも我が子の成長と共に、ふと、授乳したその子がどうしているのか気にかかりその当事が蘇ることがあります。

>上記の事例は、生産集団である共同体を基盤とし、その共同体を維持するための規範に基づく行動が残存していたといえます。共同体を構築し、維持するには生産・闘争過程だけを共同にするだけでは不十分で、子を育てるといった生殖過程も包括しなければいけないことをあらわしています。また、誰の子というこだわりなく育てていくことで女性の自我も自然と抑制される、または自我が萌芽しないといったほうがいいかもしれません。

意識が個人に分割された現代でのお互いの助け合いといった母親たちの動機に比べると、集団に立脚している分、女性の強さを感じます。<24993
「血のつながり」、「血は水よりも濃し」等と血縁のつながりは何より強いように言われますが、それは一族や家族を血縁で結束しておかないと生きていけない時代の大きな外圧と戦うための縛りであったと思います。

子を家の労働力として育てる必要もなくなり、血縁で縛る必要もない豊かな時代の今、密室で過期待をかけ育児に悩むより、「みんなの子は自分の子」この手でぬくもりを感じ、共に泣き笑い成長を見守っていけること、困ったことも嬉しいことも叱るのも誉めるのも自分だけが背負わないで、みんなで分け合いみんなで育てることは素晴らしいと思います。

そう思えるのは、今でも一生懸命母乳を飲んでくれた赤ん坊、産湯を使わした赤ん坊、抱っこしてあやし添い寝した子、一緒に遊び叱った子、成長して挨拶されて驚いた子、手術がうまくいかず亡くなった子、喜びも悲しみも今では一人の子では味わえない多くの応望充足感を愛しく思い出すことができるからです。

浦野てる代

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 12:25 |コメントする    Print This Post


何故仕切られているのか

1950年代中学時代を送った土地は、兵庫県でありながら大阪府の保養所がありました。
そのため、周囲を山に囲まれ、田舎でありながら田んぼは殆ど周辺にはありませんが、各家庭にお風呂が無く、保養所のお客さんの使用後の大浴場を使わせて頂いていました。
夜、20~25軒くらいの家族が一斉にお風呂を使います。
赤ちゃんから年寄りまでそれは賑やかなこと、誰の赤ちゃんでも子供でもお構いなく抱っこしてお風呂にいれ洗って、若い者は年寄りの背中を流しながらお喋りに花が咲き、子供は誰の子でも構わず叱り注意もする、身内や他人などと何の隔たりもせずまさしく大家族でした。

困っているなら助けられ、余力あれば助け、小学生も中学生も赤ちゃんや幼児をお風呂に入れる一人前の期待を感じ、上手くできれば周囲から褒められ喜ばれ、大人からその場の規範を教えられ、みんなの会話から大人の世界を垣間見て、みんなで生きていく社会の仕組みを自然に覚えました。

その後、就職してその土地を去り、両親はその土地で今も生活していますが、保養所に来る人が土地の人をお風呂に入れるのはおかしいと府に申し入れがあったとのことで、お風呂は使えなくなり各家庭は慌ててお風呂を増築しました。

今では、保養所は老人専用の保養所に建て替えられ、子供の頃遊んでいた広場も大きな木の下のお地蔵様もフェンスで囲まれ入れない別世界になりました。

あの頃一緒にお風呂を使った大家族のような仲間の多くが別の地に去り、里帰りしても知らない同士で挨拶も無く素通りする、あの頃の面影は全くなくなりました。

>ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止    
 
実現論9_2_03   
   だが、肉体破壊よりももっと致命的なのは、精神破壊である。市場の拡大によって、闘争の場(職場)と生殖の場(家庭)が分断されてしまったが、これは実は、生物史上かつて無かった極めて異常な状態である。全ての生物集団は、闘争過程と生殖過程を包摂した全的な集団として存在しており、全ての生物はその中で進化してきた。もちろん人類も、原始時代からずっとそれを踏襲し、闘争と生殖を包摂した全的な集団の中で、今日の人類に進化してきたのである。原始時代だけでなく農業生産の時代もそうであって、例えば農家は、今日の家庭の様な単なる生殖と消費だけの場ではなく、それ自体が一個の生産体であり、従ってそこには、自然圧力をはじめ様々な闘争圧力が働いていた。だから子供たちは、働いている両親の背中を見ているだけで(学校など無くても)、健全に育っていったのである。だが、市場拡大によって職場と家庭が分断され、かつ家庭が絶対不可侵の聖域となった(例えば、よく「企業が悪い」「学校が悪い」と糾弾されるが、「家庭が悪い」と糾弾されることは殆どない)ことによって、家庭には何の圧力も働かなくなり、その結果、家庭は子供を教育する資質をほぼ全面的に喪ってしまった。サラリーマン家庭が孕む教育不能という問題の深刻さは、当分の間は、まだ農家育ちの祖父母や両親が居たお陰で、顕在化してこなかった。しかし、農村から都市への大移動がほぼ終わった’70年以降、その致命的な欠陥が徐々に露呈され始め、とりわけ老人と共に農家時代の諸規範が家庭から消え去った’90年以降、若者たちの間に心の欠陥児が急増し、子供の精神破壊が恐ろしいスピードで進行中である。< 

あの老人専用保養所のフェンスを取っ払って、みんなが交流できる場に何故できないのでしょう。
恐ろしい事件の続発、子供たちの精神破壊を直視すれば、核家庭・託児所・幼稚園・小学校・中学校・老人施設みんな塀に囲んで、隔離施設にすることがおかしいのだと感じるはずですが。

浦野てる代

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 21:31 |コメントする    Print This Post


最後の壁は親の意識

>自然外圧の元で課題を共認し、役割を共認し、規範を共認し、評価を共認し合う。そうした集団から本源集団は再生されていくのではないだろうか。家庭からの脱出という観点から考えると、過疎地などへの全寮制の場がふさわしいのではないかと思う。(79030)

こどもはこどもの中で育つ、という言葉を以前聞いたことがありますが、最近は教育学者のなかにも異世代の子ども集団が大事ということを言い出す人も出てきているようです。現実場面でも、学童保育や児童館などに子どもを送りこんでいる家庭が増えているなど、そういった異年齢の集団が好ましいという認識は徐々に広がってきていると思います。

しかし、そこで最後の壁になるのが親たちの意識だと思います。極論すれば、親(特に母親)にとっての最後の存在意義(証明)に子どもがなっていて、そこから子どもを引き出すために考えなければならない課題があると感じます。

初等教育ぐらいまでの年代から集団生活の必要性があると思いますが、低年齢ほど親の抵抗はより強いと思われます。最近は、働く母親が増えて保育所のニーズがかなり高まっているので、そのあたりが突破口になるかもしれませんが、都会で働く母親達が子どもの生活の場まで自分の手元から無くすのはかなりの抵抗があることが予想されます。

全寮制のような集団生活が健全な子どもを育てられるということが証明されて、社会的な共認が広がれば一気に実現すると思いますが、証明するまでには時間がかかるというネックがあります。そのように考えると、実現するためには子どもだけでなく(たぶん子どもは集団生活を選ぶと思います)親も可能性を感じて賛同するような進め方が必要になるように思います。

やはり、生産の場と一体になった(又は、繋がった)かたちで共同保育の場をセットしていくというやり方が実現性が高いし、本来、必要なやり方だと思われます。それに最も適しているのが農業なんだと思います。

親たちも可能性を感じて、進んで子どもを委ねるようなやり方の条件は何か、という観点で考える必要があると感じます。

山田渉

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:29 |コメントする    Print This Post


「みんなで子育て」再考

>仕事を終えて家に帰ってきた母親は、まず泣いている赤んぼに乳を飲ませる。それは誰の子でも差し支えない。その赤んぼが満腹して泣きやみ、まだ乳が出る場合には自分の子に飲ませる。だが、前の子に充分飲ませるために、自分の子が飲み足りないことがある。すると次にやってきた母親に自分の子供を渡して、乳を飲ませてくれと頼み、また働きに出かけていく、といったふうであった。
(24993 槙原さん「共同体では、子供はみんなで育てる。」)

 を読んで、飛騨白川郷における当時の子育ての様子が、目に浮かんできました。またそれと共に、私自身の出生時、母が大病を患い入院を余儀なくされ、近所の方から授乳してもらったという話と重なり合いました。1948年の産まれですから、地方都市にはまだ村落共同体が残存していた頃です。ほぼ同じ時期に出産された、近所の方が自分から言い出されて、お乳を飲ませて下さったのだそうです。ある時は、自分の子と他人の子である私を右と左に抱えて、二人同時に飲ませていた事もあったそうです。その後も姉妹のようにお互いの家を行き来し、よく「あなた達は乳姉妹ね。」と言われていました。かつての飛騨白川郷や他の村落共同体での子育ては、明るい太陽の下での開放された空間が連想され、何とものどかなゆったりとした時間が流れているような気がします。

 しかし、このように自分の子、他人の子という区別なく、誰の子であってもためらわず授乳するという光景は、現代では殆どと言っていいほど無くなりました。それどころか、人前で授乳するという光景すら皆無です。私が娘を出産したのが1970年。そしてその娘が今年の3月に出産しました。私が出産した頃は、私権全盛の頃であり、誰もが聖域と化した個人の家庭を守ることが第一義。自分の子、他人の子は明確に区別され、母親は他人の子と比較して、少しでも自分の子が優位でありたいと願う。表面上は仲良くしていても、一皮剥けば「周りはすべて敵」なのです。そんな時代から約30年を経て、娘がまた新しい世代の子育てをしているわけです。

 遠く離れて住んでいる娘とは、そう頻繁に行き来はできず、メールや電話で子育ての様子を聞くのですが、その度に我々の世代とは母親の意識が大きく変ってきていることに気付かされます。近くのスーパーに授乳室があり、そこで知り合ったママ達とメール交換し、子育ての悩みや情報を交換しあっている。そんなママ友達の輪が広がっていき、近隣の子育て中のママ友達が沢山でき、お互いに集まって交流会やホームパーティーを開いているとか。先日送られてきた手紙には、「今度みんなで一緒に子育てしようという話が出て、子育てサークルを作ろうと思っている」と書かれ、同封された写真には、数人の乳幼児とママ達が、誰の子の区別なく抱っこしている様子が写っていました。しかし、槙原さんの仰るように、このような子育ても、

>意識が個人に分割された現代でのお互いの助け合いといった母親たちの動機に比べると、集団に立脚している分、女性の強さを感じます。
 
のように、飛騨白川郷の女たちが、生産も生殖も包括した共同体に根ざした子育てということから比較すると、現代は個人に分断され、更にその個人の家庭も生産と生殖の場が分断されている中での子育てです。私権の終焉から、母親達の意識は共認原理へと既に移行していますが、立脚点はまだ私権の枠組みの中にあるということから来る脆さは否定できないと思います。

大木康子

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:58 |コメントする    Print This Post


共同体企業の実現⇒性の再生

今日のなんでや劇場(『彼氏彼女って何?』)の後半で議論になった、私権闘争の末に行き詰まり、衰弱しきった『性エネルギー』をどうやったら再生できるのか?の議論に、可能性を感じ、勉強になりました。

まず、性は社会から切り離され独立したものではなく社会と一体のものとして考えなければ答えが出ない。

現状、セックスの最終目的でもある『子育て』の仕組み(女たちが安心して子供たちを育てられる仕組み)が社会に殆ど存在せず、子育て不安⇒社会不安が蔓延している。

セックス後の育児を含めた『全体の見通し』が全く立たないが故に最初からヤル気にならないorヤッた後どうすればいいのか分からなくて不安⇒ヤラないし、ヤラセない⇒セックスレス。

ヤッた以上は女子供を守るという男の庇護本能⇒庇護規範が性情動にブレーキをかけている状態。
また、安全な縄張りが確保できていない状態で下手にヤッてしまったら、逃げられる⇒女の閂本能がブレーキをかけている状態。

それならば、みんなが安心して『子育て』できる仕組みを作り、『全体の見通し』を立てられれば、ようやく、性情動にスイッチが入る。

そのためには、社会の日常の生産体=企業を『共同体』に塗り替え、その中に子育て課題を組み込めば、共同体所員自らの手による『共同保育』がすぐにでも実現できる。

この取り組みは、社会の各生産体自らが子育てという社会的課題に責任をもつ仕組みといえそう。

もし、そもそも子供の数が少ない、担い手が少ないなどの理由で、ひとつの共同体企業だけでは実現不可能ならば、例えば、共同体企業同士が連携しネットワークを組めさえすればいい。
そのネットワーク内に『社会の最基底の育成システム』を包摂できる。

考えてみたら、すべての子供は、社会のみんなのために生まれてくる。
子育て課題を、今やガタガタの国家が準備した、旧い制度に押し付けるのではなく、各生産体やそのネットワーク自ら担い、真っ当な子育ての場を供給できる。

その課題実現のため、各所員の所得を減らした分を『共同保育』の活動に対して支給できれば、共同体全体あるいはネットワーク全体としての人件費は不変であり、認識転換1つで、すぐにでも実現できそう。

社会から切り離されてしまった子育ての場が再生した上でようやく、『本源の性』再生への道が開ける。

安西伸大

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:04 |コメントする    Print This Post


次代を読み、可能な領域から事業を立ち上げよう。

 静岡県の伊豆半島に位置する長泉町の子育て支援施策が、日経新聞に紹介されていた。健全な財政を背景に「母親の子育て不安」に応え、子供の虐待やいじめの無い町を目指し、出生率も上昇している様だ。工夫を重ね、複合的に施策を粘り強く継続してきたようだ。
 
 子育て不安や心の破壊が進む密室空間に閉じ込められた母子関係、税金ビジネスの閉鎖空間に幽門される老人達、これら空間はこの世の地獄に違いない。貧困が消滅した豊かな日本に、こんな地獄が発現する直接の原因は国と自治体が司る観念(人権、同権)と制度(権利一辺倒の制度・体制)にある。元々の生き方が無難志向だから、彼ら公務員が入れ替わらない限りこの世の地獄は変わりようが無い。
 出口が見えない、答えが欲しいのは、個人も家庭も、企業も役所も、皆に共通の苦悩である。然し何か工夫の余地が有りそうだ、工夫を重ねてこそ真の出口と答えに通じ、その探索こそが我々の仕事ではないか。 
 
 少子高齢化はこの先更に進行する、市場時代の家庭は行き詰まり、代わって帰属できる単位集団が再生されるには年数(解体された共同体の新たな再生)を要する。その間に財政が破綻する恐れは十二分にある。
 例えば、高齢者が集住、結社し、そして起業、就業の道筋を開発し、生涯現役の全員経営参加事業を立ち上げる策が考えられるように思う。人権、福祉観念に立脚する税金ビジネスの地獄から、高齢世代を救出する支援事業が、我々の手で実現できる基盤が在るのではないか。これは都市部の若者を対象とした、農村集落部の就農定住事業に対比される事業である。
 閉鎖空間から脱出した高齢者が、様々な事業の中から、子育てと母子支援を立ち上げるのも可能ではないか。老人福祉に投入される膨大な税と公務員の無駄使いを半減させ、高齢者の主体的な事業を立ち上げる方策を工夫すべき段階に来た様に思う。
 例えば、高齢者が立ち上げる「新事業会社」の起業支援と営業戦略、活動と実績システム、内外への情報公開のネットシステム構築まで、官民の協力で組織づくりと、立ち上げの経営支援が可能ではなかろうか。

 自治体経営は市場の勢いに波乗りするだけで、税収と起債だよりの放漫経営に終始して来たが、バブルの後先を生き延びた企業は存続の壁に突き当たるごとに、社内に蔓延る旧観念や旧体制と闘ってきた。人材と組織の活性化を最優先に取り組んできた先進企業の、次代を読み新たに組織する力を、行政に提案出来るのではなかろうか。

阿部紘

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 08:06 |コメントする    Print This Post


サルのお母さんから学ぶ子育て

『集団を作るサル類での子育て① 雌の子育てから仲間遊びへ』(69423)、を読んで、改めて人間とそっくりだなあと思いました。そして、観念を持たないサルと、人間の子育てがこれだけそっくりだということは、本能・共認回路と整合しない、旧観念に依拠するところの多い、現在の子育ては大きな問題を孕んでいるとも感じました。

江戸時代後期に日本を訪れた外国人達は、母国に帰って日本の文化を紹介する書籍を書いています。この中で、日本文化に対する評価は異文化に対する異端視や憧れなどさまざまで、これといった共通点がありません。

しかし、江戸時代の子供達の生き生きした生活については、ほとんどの日本紹介書籍で同様にふれられています。赤ちゃんを、裸の背中におんぶしスキンシップを十分に与えていること。西洋のように親の監視がなく、仲間同士で自立なに集団を形成すること。どの親も自分の子供を特別視することなく、他の子供達と同じように子供集団の一員として彼と接すること、などです。

このように個人主義や自由などの観念が広まる前の日本社会では、母親の役割や子供(集団)の役割はサル社会ときわめてにかよったものとして規範化され共認されていたということだ思います。観念のみの規範ではなく、本能・共認回路と直結した規範ゆえ、リアリティがあり、生き生きしていたがゆえに、訪れた西洋人の目に新鮮に映ったのでしょう。

それに対して、親和欠損や親和不足からの囲い込みなど、現代特有の子育て問題を考えるとき、本能・共認と直結しない旧観念の影響の大きさを改めて痛感させられます。たとえば、十分な親和充足を与えられる母親とは、現代的意味での知的といわれる女性とは対極にあると思います。

そして、現代的意味での知的とは、高学歴で、旧観念を信奉し、自由・個人・責任・義務などの言葉を巧みに操るインテリということでしょうか?これらの観念を巧みに操りながら、十分な親和充足を与えられない自分を知らず知らずのうちに正当化して、子供を染脳していくことになります。

これらは、江戸時代の規範からすると、まったく対極にありますが、それらを打ち壊して旧観念を信奉することが、進歩的と思われていたのが、それ以降現代までの一つの流れでした。そして、旧観念はほとんど現実の役に立たなくなり、子育てにはまったく害でしかないことがわかってきた現在、旧観念から自由になった若いお母さん達の、集団での子育てネットワークなども出てきています。

そろそろ、旧観念に依拠した子育て規範から脱皮し、本能・共認回路と整合した子育て規範をみんなが必要とする時代になってきたのだと思います。それを追求することが、先進的という時代に変わってきたのでしょう。

本田真吾

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 21:30 |コメントする    Print This Post