スマホ育児に代わる、グループ追求

むずかったり、ご機嫌斜めの幼児。
そこで、ママがスマホを渡す場面に、でくわします。

すると、泣いたり、不機嫌だったりした幼児が一瞬にしてスマホに
夢中になります。いわゆる、スマホ育児です。

本来、赤ん坊は天才。
なんで?どうして?のかたまり。
だから、何でも手でさわり、口に入れ、言葉を覚えなさいと
いわなくても自ら質問し、確かめて吸収します。

幼児期は、急激な言語能力伸張時期です。
その黄金期には、誰もが
内発的な欠乏に基づき、外部に関心のベクトルを伸ばします。

この重要な時期に受身型の刺激ばかりを与えると、
本来伸びるはずの言語能力が伸びなくなるのではないか?

要旨は産経新聞 2017/7/14(金) の記事から、まとめてご紹介します。

『ゲーム・スマホと関わり→言葉の獲得遅れ 
1歳半児対象の出雲市アンケート 島根』

 産経新聞記事によりますと、「テレビやゲーム機、スマートフォンなどとの接触時間が長い子ほど言葉の発達が遅い傾向にあることを、島根県出雲市が1歳半児を対象にした調査で突き止めた」そうです。

 記事によりますと、「同市健康増進課のグループでは平成28年度、1歳半児を対象とした健康診査の際、テレビの視聴時間やゲーム機、スマホを触っている時間などについて保護者からアンケートを実施。1522人から回答を得た」とのこと。

 「この結果、有意語を3語以上話す子は、テレビを2時間以上見る比率が9・1%にとどまり、ゲーム機やスマホで遊ばない比率が77・2%だった。これに対し、3語未満の子はそれぞれ21・1%、68・2%と、メディアとの接触が多いほど、言葉の獲得が遅い傾向にあったことが分かった」としています。

 この傾向に対し、同グループは「言葉の獲得が増える1歳半ごろにメディアなどからの一方的な刺激が多い生活環境が、有意語の表出に悪い影響を及ぼしている」と推測しているようで、今後、何らかの対策が必要となりそうです。

これは、一方的に受身型で行われる認識能力が、
五感をフル動員して獲得する認識能力に劣ることを
示していると思います。

そこから敷衍すると、幼児期のみならず、
あらゆる年代層においても
受身型で行われる認識能力が、
五感をフル動員して獲得する認識能力に劣ることを
示しているのではないでしょうか。
また、なんで?どうして?という内発欠乏をともなわない
受身型の強制圧力が、能力伸張には
不向きなことを示唆しているように思います。

しかし、現代社会では、時と場合によって、
スマホ育児が必要なこともあるでしょう。

また、子供たちが直感的に操作でき、外部世界を探索できるスマホが
かつての「読み書きそろばん」に匹敵することも
否定できないトレンドです。

スマホ育児を単に「だめ」と言うだけではなく、
このほかに親子で触れ合える遊びの提案、
絵本の読み聞かせ、
仲間同士で関心事を追求するグループ追求など、
有効な代案を提案することも必要になりますね。

 

 

 

 

栗本敬浩

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 23:24 |コメントする    Print This Post