「子供をダメにする」親の研究~「両親とも教師」の家庭は危ない

先日、友人夫婦と会う機会がありました。友人夫婦は二人とも高校教諭。お互い1歳の娘がいるので遊ばせていたのですが二人に遊び方の違いが出ていて、それはまさに親の影響をうけているのではないかと考えさせられるものでした。
初めてのおもちゃ(知育玩具でコンセントやインターホンや無限に引っ張れるティッシュ等があるもの)を見て二人とも興味深々!すぐにおもちゃを手にとって「これはなんだろう?」とじっくり見始めます。コンセントにしろインターホンにしろ使い方なんて分からないのが当然で、うちの娘はコンセントの穴に指を入れてみたりコードを引っ張ってみたりたたいてみたりして楽しんでいました。
ところがそれを見た友人のご主人が「コンセントはこうするものなんだよ」と使い方の指導を始めました。すると娘の興味はなくなりおもちゃから離れてしまいました。でも友人の娘さんは始めは自由に触っていたのですがお父さんが介入すると教えてくれるのを待っていて何度も何度もやり方を見せてもらうと同じやり方でしか遊ばなくなっていました。そして次はどうするの?と父がしてくれるのを待っていました。
その二人の反応を見て「Aちゃん(うちの娘)は飽きっぽいんだね。Bちゃん(友人の娘)はやり方を何度か教えたらすぐに理解して遊べるようになるんだよ。」と言われてしまいました。が、それを聞いてものすごく違和感を感じました。
その後も子育ての話や学校の生徒の話をしたのですが、友人夫婦の意識は「初めてのことに対して子供ができないのは当たり前で大人がある程度やり方を教えてあげないと子供は何もできない。」「教えたのにできない、やらない子はダメ」となっている感じでした。
リンクを読んで、
学校の先生をしていると普段学校(職場)で生徒に対して教えるということをしていて、それが子供の追求心を奪うことだと思いもしないしおかしいとも思っていない人か多いのかもしれない。そして家庭でも自分の子供に対して生徒と同じように幼い頃から何でも教えて自分で追求する機会を奪って親の言うとおりに動く子供にしてしまうのだろうと感じました。

リンク より
********************************
(一部抜粋して転載します)

今から25年くらい前からでしょうか。入学してくる学生が、あまり勉強をしなくなっているということに気付いたんです。

医大に合格するくらいですから、暗記力は高いのですが、知識を入れて出すだけのロボットのような、自分の頭で考えない子供が目立ってきました。

そこで、成績の良くない学生の中でも特に問題の多い学生については、本人はもちろん親へのヒアリングも行い、どのような子育てをしてきたのか、聞き取り調査を始めたんです。

分析してみると、面白い結果が出ました。親の社会的ステータスや職業、育て方が、子供の成長にかなり密接に関わっていることが分かったんです。

たとえば、無気力症候群になる学生には、父親が高学歴だったり、成功者であるというケースが非常に多かった。

オガタ君という男子学生がいました。非常に頭が良いのですが、なぜか劣等感の塊みたいな子で、全然自主性がない。勉強に対しても、すごく消極的なんですね。

お父さんにもヒアリングしたいと思ったんですが、全然出てこない(笑)。何度も何度も呼びかけて、ようやく来たと思ったら、地方の名士でした。

「あなた、この子がどんなに勉強を頑張っても褒めなかったでしょう。ちょっとでも失敗したら、『こんなこともできないなんて、バカだ』と叱って育ててきたでしょう」

そう聞いたら、その通りだと。自分が優秀な人は、息子のやることがいちいち気に障るわけです。その上、できない人間の気持ちが理解ができない。だから、すぐに「バカだ」、「どうしてできないんだ」という類いの言葉を発してしまうんです。

子供のほうも、どんなに頑張っても、良い成績をとっても褒めてもらえなければ、勉強をしてもちっとも楽しくありません。小さい時からずっと「負け犬」精神を刷り込まれてしまったら、もう学習意欲も萎え切ってしまいます。

両親共に教師という家庭でも、多くの場合子育てはうまくいっていませんでした。

学校の先生をしていると、家に帰っても生徒に接するのと同じように、教訓的なことばかり話してしまうんです。すると、子供は学校でも家でもお説教ばかり聞かされて、もう参っちゃいます。

でも、先生といっても、親が幼稚園の先生の場合、子供は割合良い方向に育つんですよね。

というのも、親は幼稚園での仕事が終わって帰ってきて、自分の子供も同じように育てなくちゃいけない、という意識を強く持っているんです。そうすると、自然と密度の濃い接し方を心がける。だから、幼稚園の先生の子供はたっぷり愛情を受けることができるんです。

無気力学生の代表格だったオオクボ君のご両親も、中学と高校の先生でした。そこで、面談に呼んで話を聞いたら、両親が2人で寄ってたかって勉強に干渉すると。それでは、子供の気持ちの逃げ場がなくなって、精神的に潰れてしまいます。

********************************

 

 

 

秀凜

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:16 |コメントする    Print This Post