潜在意識教育1 ~子は親の認める如くある。裡にある育つ力を素直に感じ、認めること。

豊かさの実現→活力衰弱の時代に生きる現代人にとって、活力再生の突破口は本源的な期待を掴むことにしかない。これは、人々の意識に徹底的に同化し続けるのと同義である。

対象への同化を進める上で手掛かりとなるのは、始原人類が極限の外圧状況の中で、生存をかけて自然対象に同化し続け、目に見える対象の奥にある本質的な力=精霊を掴むことによって、生存活力と能力を上昇させて生き延びてきたという事実。

人間同士の期待応合が主圧力となった現代に引き付ければ、相手の表出した言葉や行動の奥に潜んでいる力を感じ取り、この力を人々(社会)に役立つ方向に認めて喚び起こすということが、活力と能力を引き上げる鍵となるだろう。

以下は、約50年前に出版された本からの一部抜粋だが、人間の身体=潜在意識の構造をとことん追求してきた著者の感覚は、今こそ必要とされている気がする。

野口晴哉著『潜在意識教育』1966年 全生社 P158~160より
***
親が本当に、その子供のいたずらの中から智恵を見る。盗みの中からその批判する力を見る。意地悪の中からでもまた見るものを見つけてゆく。

親の目を盗むなどというのもやはり一つの智恵である。臆病だとか用心深いとか言われる中にも理性がある。不安というものがなかったら、火の中にでも手を突っ込んでしまう。やはり不安であるということのために、火をつかまないですむ。不安も一つの力である。

だから臆病だと罵らないで、不安の中に理性を認めるというように、その子供の行為の中にあるところの、その行為を最初に起こす力をつかまえ出す事が大事である。

それを、現れている部分だけつかまえ出して、臆病だとか、卑屈だとか、不潔だとかいうように決めつけてはいけない。親が自分の子として庇う気持ちでなく、また人に見せようという見栄でもなく、ただ素直に子供の智恵、子供の持っている能力、子供の中に隠れていて子供自身が気がつかないような、そういうものを見出してゆく。
(中略)

言葉で言わないでもよい。親がそう見ているだけで、ラッポール的に自ずから感応が起こる。庇おうと思っている子供はうるさくまつわりつく。甘えるし、いろいろ訴える。お前は特別甘えさせているのだというようなことを言わなくとも子供はそれを感ずる。

それと同じように、親にそういうような目で見られると、見られたようになってくる。だから親がその子供をよいと認めるとよくなる、悪いと認めると悪くなる。認めたようになってゆくのである。

私達は長い間、人間の中にある力を認めることによって、その人を健康にしてきた。熱が出たというと、みな大変な病気になったように慌てる。熱が大変な力を持っているように、悪いはたらきのように思う。何とかして熱を下げようとする。そういう時、私は、

「熱はその人の生命力のはたらきである、その人が健全に生きている証拠である、死んでいたら熱は出ない、そんなに熱を下げたかったら墓の下に行ったらよい、熱が出ないような体力なら死んでしまう、熱が出なかったら病気は治らない、壊れたところが治ろうというはたらきで熱が出るのだ、だから壊れているところに熱が出る、そして、細菌の繁殖を防ぐとか、細胞の入れ替わりを早くすることをやっている。それが熱だ」

と言って、熱を出せる力があるということを私が認めると、その人達はもう熱を怖がらない。いや熱が出ることによって安心する。熱を十日も二十日も半年も大事に抱えているなどということは、熱に怯えているからで、人間には熱を出す力が有りその力によって生きているのだということが分かると、熱などはあまり続かない。

病気に受身になった気持ちを切り替えることで、私は長い間病気を治療してきたけれども、こういう力を認めると力が出てくる。今まで悪いはたらきだと思っていたものが、心の角度が変わるだけで、そういう良い力になる。そういう方向にその人の力を見つけ出し、認めてゆくことによって、弱い人を丈夫にしてきた。

認める方法については、親がまずそれをありのまま見ることである。子供が極く小さい時には親は子供が立ったというだけでも立てる力を喜び、つかんだ、投げたと言っては喜んだ。

その心さえ忘れなければ良い。物を投げて割ったら大変だというように考えないで、その投げようとする力、或いは反抗したり腹を立てたりすれば、そういうこともできるという力、それを燻らせて内攻させるよりは、出させる方が賢明である。

いたずらしたら、いたずらする智恵を素直に認めてやればよい。幼い時その子供の裡にある育つ力を見て喜んだのだから、子供が大きくなってからは見られなくなるということはないと思う。
***

大島健男

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 16:26 |コメントする    Print This Post