- 共同保育って、どこまで進んでるの? - http://www.allday-thanks.net -

算数が得意な子の脳は、どこが違うのか?  2/2

Posted By staff On 2017年6月28日 @ 2:53 PM In 未分類 | No Comments

算数脳とは、構造化・体系化記憶の形成に役立つ?

・・・・・・・・・・

リンク [1] より

●パッと問題が解けるのは集中している証拠
もうひとつが「集中力の向上」だ。

「回路がつながっていない頃や、つながりたての頃は、回路をつなぐパイプが細い状態。短時間で情報を運ぶことができないため、なかなか解答にたどり着けず、問題を解こうとする気持ちが散漫になりやすい。しかし回路を繰り返し使うことでパイプが太くなると、一気に多くの情報処理が可能になり、集中して問題を解くことができます」

それではわが子もこの回路を強化していけば、スーパーキッズのようになれるのか。

しかし、「この回路を強化するのが難しい」と加藤氏。それは、脳のある性質が関係している。
 「脳は、ある回路を通って心地よいと感じたら、もう一度同じ回路を通ろうとします。でも、嫌だと思ったら二度と同じ道を通りたがらないんです」

問題が解けるというような成功体験は脳にとって気持ちよいものであり、もう一度同じ道を通ろうとする。しかし、同じ「解ける」でも、その子のレベルに合っていないものを無理にやらせたり、お母さんから「この問題を解けるまで遊びに行っちゃダメよ!」なんて言われながら嫌々解いた場合には、たとえ解くことができても、脳にとっては苦い印象を与えてしまうのだ。

「誰かとご飯を食べて楽しかったら、また一緒に食べたいと思うでしょう。それと同じ法則が脳の回路にも当てはまるのです」

脳の回路を強化するには、何度も同じルートを通ることが必要。そのルートを何度も通らせることができるかどうかが、優秀な子とそうでない子の分かれ目だというわけだ。子供が「楽しい」と思うような環境づくりをすることが、解ける回路をつくる第一歩かもしれない。

算数や数学ができるようになる脳の仕組みがわかったところで、「回路をつくったり、強化する際にやってほしいことがある」と加藤氏。

●頭の中だけで考えても答えが出ないなら……
「それは、手を使うことです」

答えがわからないときは、脳のどこを使えばいいか迷っている状態。その際に、頭の中だけで考えるより、指を折って数えたり、図に描いたり、式に起こしたりすることが大事だという。

「解けないときには、思考が脳の同じ箇所だけをグルグルと回っていることもあります。そのときに手を動かせば、思考を違う箇所に動かすことができるのです」

算数ができる子は、わかっていることをすべて書き込んだり、文章を図示化したりする。これは、脳にも刺激を与えているというわけだ。

答えがどこで間違ったかを把握させよう

最後に、算数で育まれる力について一言。

「人間は生まれると『周りの人はこうしている』とまず他人を認識し、その後だんだん『自分はどうなのか』と、自分を確かめるようになります。算数で一番育まれるのは、前頭葉で発達するこの自己認識能力だと思います」

算数には必ず答えがある。問題を間違えた場合、自分がどこで誤ったかというプロセスを計算式の中で確認できる。それを認められる子は、どんどん成長していける。

「答えが間違ったという事実だけを意識する子は、それ以上先へ進めません」

算数で間違いを把握する作業は、自己認識能力につながるものなのだ。

「親は、子供が算数の問題で間違えた際に、どこでどんな間違いをしたかを子供自身が把握しているかにも気を付けたいところです。問題が解ける、解けないで一喜一憂することよりも、この問題を通して、子供の自己認識能力が成長しているんだ、と考えてみてはいかがでしょうか」

・・・・・・・・・・・・・

加藤俊治


Article printed from 共同保育って、どこまで進んでるの?: http://www.allday-thanks.net

URL to article: http://www.allday-thanks.net/blog/2017/06/001724.html

URLs in this post:

[1] リンク: http://president.jp/articles/-/8656

Copyright © 2012 毎日のありがとう. All rights reserved.