スマホユーザーの若年化が目立つ今、依存させないためには。

近年急激に利用人口が補給したスマートフォン、通称スマホ。従来の携帯電話と比較し、単に連絡手段としてのツールではなく、これひとつで仕事もできてしまう現代社会において必需品になりつつある。

さまざまなコミュニティーにアクセスでき、情報を手軽に手に入れることができる反面、その便利さを悪用されることもある。

時代の流れなのか、そんなスマホを手にする年齢層が今なんと小学生にまで下がってきているのだ。
はたしてスマホは現代を生きる小中学生にどのような効果をもたらすのか。

元ショップ店員である私が直に聞いた両親の声と、スマホを与える上での注意点を話していこう。

 スマホをもたせている家庭の中で1番多いのは、「持たせていないと心配。」という声だ。
確かに、塾などで夜帰りが遅くなったときなど、安全確認するツールとして利用できるし、両親は現状を把握できて安心だろう。
それでいて近年のスマホにはどれもGPSが搭載されているのが主なので、どこにいるかも特定できて安心できる。

 第2に、周りが持っているから。という声を多く聞く。
「ただ回りの同級生が持っているが故に持たせる。」といった現代の流れに任せた感覚が目立った。中には、「持っていないと周りの友達の話に入れずいじめられるかもしれない」といった声もあった。
これを聞いたとき「学校にスマホは持ち込んでも問題ないのですか?」と、小学校4年生の娘の母親に尋ねると、「本当はだめだが連絡を取りたい家庭の親は持ち込ませており、学校側も半ば黙認といった状況」と答えてくれた。
もしかすると、学校でスマホ持込が普通になる時代も沿うと浮くないのかもしれない。

これらのことから、大きく若い世代がスマホをもつ理由として自身の目の届かない場所で安全確認したいという両親の思いが強いことがわかる。

しかし一方で持たせて失敗したという声も多く聞く。
・夜に日付が変わっても子供部屋からラインの音が聞こえてくる。
・ゲームに熱中しすぎて勉強しなくなった。
・ネット(出会い系)被害にあった
・SNSによるいじめ

など、理由はさまざまであるが、これらの使われ方は大きく両親が求めているニーズとかけ離れているものが多い。
身の安全のために持たせたはずのスマホが別の用途で利用され、失敗している。
これならばGPS付の折りたたみ式携帯電話で事足りるのではないか!

でもそうもいかないこのご時勢なので、最後により安全かつ便利に使える情報を3つ紹介したい。

まず、ネットの利用時間を制限できるといったサービスである。(キャリア用確認)
有料コンテンツのものが多いが、夜遅くまでネットサーフィンがやめられないといった使い方は改善できる。
ただし、自宅のネットに無線でアクセスできては効果がないので注意していただきたい。

そして、アプリをダウンロードする際に管理人(親)の許可なくしてできないというものである。
アンドロイドスマホ(アイフォン以外のスマホ)には実装されているので、持たせる際は店員さんに相談してみると良い。
また、人気のアイフォンの場合はパスワードを必ず親が管理していれば問題ない。

最後にこれが最も重要なのだが、利用に関するルールをしっかり家庭で明確に決めておくことだ。
そして、ルールを破った際は、ネットができなくなる設定に変更するという措置があるということも伝えておくと良いだろう。

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:16 |コメントする    Print This Post