褒めるのではなく喜ぶことが最高の充足空間への鍵

>共認機能の真髄は、そこにある。共認の生命は、相手(=自分)の期待に応合することによって充足を得ることである。294529

上司は部下の頑張りを褒める
先生は生徒の頑張りを褒める
親は子供の頑張りを褒める

でもこれって相手=自分になってない。。どっちかと言うと、自分→相手って感じ。

上司は部下の頑張りを喜ぶ
先生は生徒の頑張りを喜ぶ
親は子供の頑張りを喜ぶ

こっちの方がお互い充足しそう。相手=自分って感じも出る。

思い返せば、ほんまに嬉しい時って、褒められた時よりも、みんなで喜びあった時やもんな。

当たり前のことだが、これはかなり大きい気づきかもしれない!

 

 

 

桜木花道

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:32 |コメントする    Print This Post