詰め込み教育は「人間の生命エネルギーを弱くする」

詰め込み教育の弊害は、今や至るところで指摘されるようになりました。
ですが今から100年も前に詰め込み教育の重大な欠陥を察知し、警鐘を鳴らしていた人がいたようです。

In Deep (リンク
より以下引用。

——-

●シュタイナーが「子どもへの詰め込み教育は絶望的な社会を作る」といった100年後に、完全なるその社会ができあがった日本。その日本人の生命エネルギーは驚異的なまでに低下しているかもしれない

以下は、約100年前に、ルドルフ・シュタイナーが人智学協会の会員向けに行った講演の一部です。

大学には多くの学部があり、教授たちが思考と研究以外のことに、一年中かなり駆り立てられています。学生が試験のために知らなくてはならないことを、二、三週間で習得させます。つまり、最も必要なものを詰め込むのです。そのような詰め込みが最悪なのです。

小学校でも詰め込み教育が行われるようになると、その害は想像を絶するものになるでしょう。詰め込み教育の本質は、心魂つまり存在の最奥の核と、詰め込まれるものとの結びつきが、まったくないことです。心魂は詰め込まれる内容に、関心を持てないからです。

習得したものをしっかりと自分のものにしたい、という気持ちがないのです。人間の心魂と自分が習得するものとのあいだに、興味の絆がわずかしかないのです。

その結果、活動的に公的生活に関わることができなくなります。詰め込まれたものが、自分の職業の課題と内的に結びつかないからです。心魂が、頭の活動から遠く離れているのです。

人間にとって、頭の活動と心魂が遠く離れていること以上に悪いことは、他にありません。

 

 

 

匿名希望

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 11:43 |コメントする    Print This Post