皮膚の驚くようなメカニズム①

東洋医学では、マッサージ、指圧、鍼灸治療など、皮膚を対象に施術する治療法が、確かに多くありますが、そのメカニズムに対してあまり研究されていなかったようです。これまで解明されていなかったような皮膚の驚くようなメカニズムが近年、どんどんわかってきているようです。

 以下、「皮膚のメカニズムの解明(黒岩裕勇起健康医学社社長講演会より)」のブログ記事をを紹介します。(リンク)より転載。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●皮膚の機能性に科学者達が注目

皮膚科学研究の第一人者、傳田光洋博士の著書「賢い皮膚」(ちくま新書)には、次のようなことが書かれています。

「この数年の間に急に、表皮が様々な情報受容機能、情報処理機能、そして情報発信機能を持っていることがわかりました。さらに、それらが神経系で認められているような電気的な因子が関与していることも明らかになってきました。
 機構やマッサージが正当な評価を受けてこなかった理由には、表皮の仕組みがわかっていなかったことが挙げられると思います。しかし今、我々は皮膚には中枢神経と同じ情報処理のための分子機械がある事を知っています。外部電場や温度、圧力といった物質的要因を表皮が受け取り、それを身体全体に伝達できることもわかって来ました。そうなると、表皮への施術が全身の健康につながるという仮説も、現代科学で解明する対象になった、と言えます。」

手術で胃を全摘出したり、肝臓を半分切り取ったりしても、命に別状はありません。しかし、皮膚の1/3を火傷などで失うと、命を落とすとされています。近年、皮膚機能のメカニズムについても急速に解明されてきました。皮膚は、単に外界と生体との境目をつくる体の包装紙の役目だけではなく、環境の変化に応じて多くの信号を発信しています。その信号は、免疫系や中枢神経などと密接な関係を持ち、皮膚バリアの再生機構についても、自立的に原子や分子のイオンの流れによる電気現象である事が、解明されてきたのです。

●皮膚の防御装置センサー

皮膚には3つの防御機能があります。簡単にそれをご説明しておきます。
1.異物の侵入を防ぐ角質層の「バリア機能」
2.異物を識別し、攻撃する「免疫機能」
3.殺菌作用のある「抗菌ペプチドをつくる機能」
この3つの機能は連鎖反応で補いながら体を守っています。例えば、バリア機能の角質層を壊したとすると、ランゲルハンス細胞や抗菌ペプチドが増え、体内の細胞を守ろうとします。しかし、水を通さない膜で壊れた角層を覆うと、ランゲルハンス細胞も抗菌ペプチドも増殖せず、角質層のバリアも回復しません。一方、水蒸気のみを通すゴアテックスで覆うと、バリア機能が回復します。このことから、皮膚表面の湿度を感知することで角層の状態が伝わり、皮膚の防御機能が調整されているのではないかとされています。

●皮膚細胞自身で温度感知 

皮膚細胞そのものが温かさを感知していると言うことが、自然科学研究機構・生理学研究所によって解明されました。それによると、温かみを感じる30℃を超えると、表皮細胞がATP(アデノシン三リン酸)を放出し、近くに神経を刺激する事を発見しました。そして40℃を超える温度では、感覚神経が直接反応し始めたことから、温度によって表皮細胞と感覚神経が役割を分担していることがわかりました。
ATPとは、エネルギーをため込むことが出来る体内の乾電池のような役割を果たすものです。そのATPを作るために、 人間の細胞は内呼吸をしていますが、表皮細胞で温度を感知し、ATPを放出し、温度の情報伝達物質の役割を担っているということです。

●神経より先に皮膚が感じる

これまで、「痛み」というと、体にある痛点の神経が感じ取り、認識するとされてきましたが、最近の研究から、表皮を形成するケラチノサイトにも、その機能があることがわかりました。
ケラチノサイトには、痛みだけでなく温度の刺激、圧力の刺激なども、神経より先に感じ取る機能があることがわかっています。
 皆さんも、バンキーをかけていて、痛いと感じることがあると思いますが、点在する痛点が感じ取っているのではなくて、表皮がそれを感じ取っているということが考えられています。
また、この表皮のセンサーであるケラチノサイトには、酸を感知する機能もあるとされています。ということは、黒酢の足湯や黒酢の全身浴をしている時も、人間自身は黒酢が酸性であることを感じていなくとも、皮膚細胞は酸性であることを感知しているのです。

 

 

 

若林勇夫

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 22:13 |コメントする    Print This Post