ママサポーターを結集させ 自分たちの力で子育て支援の社会を創っていく会社 As Mama

もう国や企業には頼っていられない。自分たちの力で社会を創っていく。そんな気概で子育ての環境を子育てママをネットワークすることで実現しようとしている会社 AsMamaの紹介をしたいと思います。

◆ワンコインで頼り合い 地域の子育てネットワーク『子育てシェア』(リンク より)

:::以下引用:::

子育てを応援するイベント運営と子どもを地域で預け合える環境づくりをすることがAsMamaの柱。独自のSNS「子育てシェア」に登録すると同じ園や学校同士の親と自動的につながり、個人情報を公開しなくても連絡網とオンラインのコミュニティができます。

もちろんつながっておきたい人を招待したり、友人知人を検索してつながることも可能。園や学校へのお迎えができなくなってしまったり、数時間子どもを見てほしい日があったり、日々困ったときにSNSで呼びかけると、助けてくれる人が見つかるというちょうどいい仕組みなのです。
 
助けてくれた人には1時間500円~の謝礼を払います。けがや事故が起こった場合も、このサービスを使った場合は保険がきくので安心ですね。

子どもを預かったり、イベントを運営するのは「ママサポーター」と呼ばれる人たち。多くは未就学児、とくに3歳以下の子どもをもつ親です。ママサポーターも我が子をつれて、送迎・お預かり・地域交流の場づくりイベントを行います。ボランティアではなく、自分の労働の対価として報酬をしっかりもらえるのも特徴です。

◆ママサポーターとは(HP リンクより)
ママサポーターはAsMamaが提供する託児研修(無償)を受講したのち、友だちの輪をどんどん広げて地域の送迎・託児を積極的に支援したい人です。AsMama主催の地域交流イベントを口コミで知らせたり、イベント会場での託児体験機会の提供を通じて、地域の人たちと知り合う機会を増やしながら、知人・友人の輪を拡げ、地域親子の支援の担い手役になっています。 ママサポーターの多くは自分の子どもと一緒に活動するママたちで、有資格者も多数います。

◆代表者からのご挨拶(リンク より)

はじめまして。AsMama代表のアズママです。

2009年11月4日、誰もが、ライフステージにかかわらず、思いどおり、理想どおりに、安心して「育児」や「仕事」や「なりたい自分」がかなえられる社会づくりと、地域や社会が一体となって、親や子どもの潜在能力や才能を開花させる環境づくりを目指し、子育て支援、親支援のためのコミュニティを、全国から有志で集まってくれたメンバーたちと共に創設しました。

それがAsMamaです。

:::中略:::

終身雇用が崩壊したまさに今、私たちは国や企業などだけに頼るのではなく、自分たちの力で、生活や子どもたちを守り、安心して幸せに暮らせる社会をつくっていかなければいけない時代が到来しているのだと思います。

育児と仕事を両立させたり、なりたい自分をかなえるためには、誰でも安心して子どもを育てることが出来る環境、いつでも働ける環境、なりたい自分をかなえるために支援が得られる環境が必要です。そしてそれらの環境を、誰でもいつでも手に入れられるという社会基盤が必要なのです。

その基盤がないために、知識や経験を積んだ女性が、やむを得ず一線から退いてしまうのは、長い目で見たときに、ママにとってだけでなく、子どもにとっても、家族にとっても、強いては、日本経済の成長一つを考えても、勿体無さ過ぎると、私は思います。

子どもが産まれ、育てることで、あきらめなければいけないことなんて一つもなく、逆に、出来ることや出会える人が10倍にも100倍にも増える社会であれば、ステキだと思いませんか?

子どもが産まれた後もキャリアアップを目指して企業で働きたいという場合には、いざという時にサポートしてくれる人が絶対に必要です。そして、働きたい、自己実現を求めたいと思えば思うほど、その時間、子どもには安心・安全に過ごせる環境と、欲を言えば、かけがえのない体験をしたり、付加教育を受けられたりするような、有意義な時間を過ごさせてやりたいと願うのも親心ではないかと思います。

一方で、子どもが小さいうちは子育てを優先しつつ、子どもの手が離れてきたら働きたいという場合には、そう思ったときスムーズに働ける環境が必要です。しかしながら、一旦離職して一定期間のブランクを経てしまうと、再就職が容易ではないというのも現状です。このとき、経験や特技を活かしたり、空いた時間に自分のペースで働くことが出来れば、子育てを優先しながら働くということが実現できるのです。

こうした状況を鑑みた時、理想とする子育てや働き方、自分自身のあり方を求めるために片やサービスやサポートを求め、片や提供することで、お互いに求める”理想”をかなえることができるのではないかと、思いました。

そして何より、子どもたちが健やかに個性や能力を伸ばして育つために、私たち大人が子どもたちと共に、これからの有り方について考え、学ぶ環境と、地域や社会と一体になって支えあう環境が必要です。子どもは家庭と環境で育つのです。

私は、親同士はもちろん、行政や団体、企業や個人が出会い、集い、支えあうことで共にWin-Winの関係を築き、お互いの理想を追求することができると思っています。

AsMamaはそんな社会創りを目指す同志の集いです。

子どもたちの未来のために、私たちの明日のために、自分たちの力で理想を追求して、共に生きる。それがAsMamaの目指す社会のあり方です。

子どもがいる人もいない人も、ご参加ください、そして、あなたの力を貸してください、子育て支援・親支援の社会基盤創りに。

株式会社AsMama 代表取締役
こうだ けいこ

:::引用終わり:::

 

 

チーズカレー

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:28 |コメントする    Print This Post