思い込みの影に隠された「共生」のニーズ

>真ん中に共同の中庭やテラスを設けて、建物で囲むとか、めちゃ大きな共同の居間、リビングを作るとか、外出や食事をしようと思うと、自然にみんなが顔を合わせると、いう感じですね。(26462 阪本さん)

僕が学生だった頃、山本理顕と言う建築家が共同の庭を囲う集合住宅を設計しました
この住宅は、中心に中庭を囲む形でそれぞれの住戸が配置されていて、中庭には、住戸を介してのみアプローチできる仕掛けになっています
つまりこの中庭は、集合住宅に住む人々の共用の場であり、外部の人は一切入ることのできない「外部に閉ざされた共用空間」なのです

この「外部に閉ざされた共用空間」と言う考えは決して新しいものではなく、古くは中国の伝統家屋「客屋」に見ることが出来ます
(客屋は、中にはを円形に囲む形で住戸が配置され、血の繋がりのある親族がくらしています。外部に対しては強固な壁面によって閉じられています)

この、山本氏設計の住宅は、建築雑誌で取り上げられる一方で、様々な方面から批判を浴びました

「個人主義が進む現代日本の生活体系に合っていない」
「設計者がコミュニケーションを強要している」

ところが、実際にこの集合住宅に住んでいる人の見解は、全く予想外のものでした
住民は積極的に中庭をコミュニティスペースとして利用し、誰が言い出したわけでもないのに、その場でパーティや催しが開かれたりしたのです

それまで、全く面識のなかった家族同士が、住民達だけのパブリックスペースを介して、繋がっていきました

この住宅の”みそ”は、「住民」だけの共用空間を作ったことでしょう
この空間は、外部からの視線や進入をカットすることで、住民の「一体感」を生み出すことに成功しているのです

結局、核家族化や個人主義が浸透している現代日本に、「共生」は合っていない、好まれないと言う考えは、単なる思い込みに過ぎないことが実証されたことになります

この山本氏の住宅に限らず、「共生」を意識する形態の住戸は増えており、また高齢者におけるグループホームの広がりを見ても、人々の意識は、「繋がり」を求めて積極的にこのような住戸を求める傾向にあるようです

一部の専門家の思い込みなどよりも、人々の意識ははるかに進んでおり、自分自身設計に身を置くものとして、このような「思い込み」の影に隠されてしまった意識を汲み取り、鮮明に形にしていくことが必要不可欠だと感じます

西谷文宏

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

posted by staff at : 20:45 |コメントする    Print This Post