- 共同保育って、どこまで進んでるの? - http://www.allday-thanks.net -

感情は共感のためにある ~アマゾン先住民・ヤノマミ族の暮らしから~

Posted By staff On 2010年1月22日 @ 2:45 PM In 未分類 | 2 Comments

みなさん、こんにちは~ :m034:
ひょんなことから未開部族の暮らしを知る機会があったのですが、
その生々しい生き様やありのままのしぐさや表情の美しさに、目を奪われました :shock:
yjb_bor.jpg [1]
ちなみに、 :m116: この番組です :m208:
どんな内容かというと・・
続きを読む前に・・ :love: :love:


感情は共感のためにある [2]
「アマゾン先住民~ヤノマミ~」のドキュメントから
特に印象に残った点は、
①一体感のあるオープンな住居
「シャボノ」と呼ばれる楕円形の共同住居には村人の70人全員が暮らしています。大きな中庭の周囲にぐるりと輪になる形で屋根あり、中庭からは各住居の様子が丸見えです。しかも各住居には間仕切りが無いのでシャノボ内は全くオープン。
何が起こってもすぐさま集団内に伝播するような、共認域をそのまま居住空間にしたような感じです。
②とにかく、みんな充足基調
何か面白いことをいつも探している。泥かけ合戦もその後の水かけ合戦も綱引きも日常的行われている筈です。誰かが始めると直ぐにみんなが同調します。オープンな場なので、みんなが参加せずには居られない感じです。
みんな心の底から笑うし、その笑顔が美しい。充足感情が全体を包み込み参加者が多いほど充足度が大きいことをストレートに体現している。肩を抱き合うスキンシップの挨拶や釣りの合間にも花飾りに熱心な女性たちなどを見ていると、集団の充足基調の中心に女性がいるんだなと思いました。
③表情から人物を読み取る能力に長けている
外部からの訪問者を受け入れるかどうかは長老が判断してました。男の場合は村長が女の場合は女長老が対応します。今回は女優であったので女長老がじっと彼女の表情を観察していました。このときの真剣な眼差しとその後の笑顔との落差に本物を見抜く眼力の凄さを感じます。
女長老が肩を抱き受け入れると、次に村長が肩を抱く。すると全員が肩を抱きに集まってきます。集団の存続に係るような大きな責任ある課題の一端を女長老が担っています。また、リーダーの判断にはみんなが絶対的な信頼を寄せているのもよく判ります。
④泣く時は、みんなで泣く
番組で、みんなが涙を流して泣いているシーンは三回ありました。一つは先の女優が体調を崩して寝込んだ時。そして、祭りの日のクライマックスで今年死んだ男の子を偲ぶ時。もう一つは女優との別れのシーン。いずれも、みんなで泣く。特に今年死んだ男の子の場合は悲しみの有り様について考えさせられます。
日常規範では死者の名を口にすることはタブーとされています。みんなに災いをもたらすからです。その代わり、祭りで思いっきり楽しんだ後に、みんなで泣く。年二回の祭りの時にはみんなで悲しみを共有する。男の子は誰の子供と言うわけではなく、みんなの子供。
だから母親や家族だけが悲しむ必要はないのでしょう。
    :m208:   :m020:   :m208:   :m020:   :m208:   :m020:   :m208:   :m020:   :m208:   :m020:
「一人部屋」「一人暮らし」だとか・・・ :m252: :m004:
「本音とタテマエ」「エンリョの美学(!?)」だとか・・・・ :m252: :m004:
「人前で泣いちゃ、だめ」「自分で何とかしなきゃ」だとか・・・・・ :m252: :m004:
私たちは、何をそんなに面倒くさいことしているんだろうと思いました。
目の前にあるありのままの「現実」が無理やり引き離されて、
「現実はこうなんだ:m049:」ってウソや言い訳を山盛り覆いかぶされているような感覚…:m081:
ウソや言い訳で頭はだませても、心まではだませません :m159:
「感情は、共認のためにある :m022:
「共認充足こそ、最大の活力源である :m023:

それを、ヤノマミ族のみんなが体現してくれているのだと思いました :m001:
私たちは、もっと現実を知り、現実を認め、受け入れることで充たされるんだということを学びました :m102:
ありがとう :m030:


Article printed from 共同保育って、どこまで進んでるの?: http://www.allday-thanks.net

URL to article: http://www.allday-thanks.net/blog/2010/01/000625.html

URLs in this post:

[1] Image: http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50797602.html

[2] 感情は共感のためにある: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=65005

Copyright © 2012 毎日のありがとう. All rights reserved.