仕事=闘争場面での女の役割って?? ~女には女の闘いがある☆~

みなさん、こんにちは~ :m034:
モノが売れなくなり、どんどん企業間の競争が厳しくなる中、
なんで屋露店に寄ってくる男の子はこんな疑問を投げかけてくることが増えたそうです :m186:
「こういった社会情勢の中、仕事の場面等で“男として、どうあるべき”か?」
圧力が高まれば :m096: 高まる :m096: :m096: ほど、勝負は僅差が大差となる :m051:
だからこそ、よりであることを活かしあった方が、成果が高い :m034: からでしょうね :m034:
また、こんな風に感じている女の子も増えているそうです :m258:

「ちょっとした会話とか、食事とか・・日常場面で女であることは、わかるけど、仕事とか課題とかで(=闘争場面)女であることって、よくわからないんです。。いつのまにか男化してるんです。」

確かに :m107: :m004:
闘争場面での女の役割って、何?ひとりでは、イメージが貧弱で思いつきません :m003:
ここは、みんなの器(実感)を借りて、イメージを膨らませて、実践していきましょう :m030:
182.jpg
続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます


     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
①打合せ、会議では、必ず議長の隣りに座る☆
会議で議長は、「この方針でいけるか?」「みんなは付いてきているのか?」を常に考えながら運営している。一番側に座ることで、うなずいたり、ちょっとみんなの様子をみながら、「○○さん、ちょっとわからないみたいですよ。」と声をかけたり・・・・。
また、一番外圧を受けている=首雄の側に座わって充足を与えることも重要☆
②みんなへの声かけ。
とにかく、日常の接触が最重要です。
会議の場面だけ、ある課題の場面だけで、女の役割を遂行するのはとても難しい!
だから、常日頃から、みんなの様子をよく見る。そうすれば、闘争場面になったときでも、その表情や様子がスグにわかるので、それを首雄に伝えやすいです。
男同士である緊張感も女の前では、ほぐれてくれていることが多い☆
③連絡係は女の役割♪
何よりも重要なのは、事前に充足イメージを伝えていける。
この会議をすることで、課題をすることで、「もっと上手くいきそう!」「やってみたい!」「楽しそう☆」と、みんなのイメージを膨らませられるのも、女です。
仕事=闘争場面で女でいるには?②役割ってこんなにある☆)
     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
「女として闘う」というので真っ先に浮かんだのが、戦略会議やなんでや劇場のような、未明度の高い追求会議の場。
求められているのは、「女ならでは」の感覚や視点。
「自分」ではなく、「女ならでは」だから、躊躇無く明るく発言できるし、だからこそ相手(みんな)の参考にもなる。

そのためには、女としての潜在思念を磨かないといけないし、感覚を女たちですり合わせないといけないし、それを瞬時に伝える認識力も身につけないといけない。
また、みんな受け入れてくれる・応えてくれるという、みんなに対する肯定感がベースになっている。
どれだけ「女として」発言できるか
     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
私は営業なので、お客さんとの打ち合わせの場面が思い浮かびました。
■どれだけ、『明るく』居られるか。
常に成果が問われ、圧力にさらされていることもあり、お客さんとの打ち合わせは緊迫することもしばしば。それでも、女がいるだけで場が和み、女の発言や姿勢で、空気を一変する事だってできる。
その緊迫に圧倒され、緊張したり固くなったりするんじゃなく、「明るく」居る。
男の人同士だと対立してしまう場合も、女が「うんうん。」って一旦受け止めるだけで上手くいく。
■場の空気(=相手)をどれだけ読めるか。
そうやって、女がその場の空気を変えられるのはただ、常に明るく居ればいいというわけではない。
(ただ単に明るいだけでは、闘争の場で浮き足立って邪魔になってしまうこともある。)
相手によって、その明るさの表現の仕方も違うし、場合によっては相手の発言に対し、ピシャリ!と返すこともある。
要は、どれだけ場の空気が読めるか。これって、まさに静かな女の闘い!
闘争場面での女の役割①~どれだけ『明るく』居られるか~
     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
改めて思い返してみると「日々闘いだなぁ…!」と思いました。
■どれだけ充足を“相手に伝わるように”表現できるか?
例えば、来客場面を思い返してみても・・☆+゜
一社員であってもお客様にとってはその会社を表すものであり、会社の印象を決める。
出会ったお客様に、どれだけ充足感・安心感を得ていただけるか?が女としての腕のみせどころ♪
対応ひとつでも、その雰囲気や姿勢から、「どんなに活力・可能性のある会社なのか?」を感じてもらえるし、お客様にも“女の充足感”が伝わって、充足してもらうことができる♪♪
例えば・・
会った瞬間に、“お会いできて嬉しい!”という気持ちや心からの笑顔で相手を迎えられるか?
電話の一言でも、相手がよく来訪される方なら“いつもお世話になっております”という言葉に日頃の感謝の想いや親しみを込めて表現できるか?
つまり、どれだけ充足を“相手に伝わるように”表現できるか?
些細なことのようですが、それこそが、“女”としての闘い!!!
闘争場面での女の役割①~どれだけ充足を“相手に伝わるように”表現できるか?~) 
     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
そして、女は :m033: 充足媒体 :m034: という役割も担っています :m030:
以下2つの投稿は、具体的に男たち・職場のやる気を引き上げた具体的な事例が書いています :m118:
:m283: 【闘争の場】 女は充足媒体として、男たちに応えていける♪① :m283: 【闘争の場】 女は充足媒体として、男たちに応えていける♪②
     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:     :m021:     :m034:     :m020:     :m034:
いかがですか :love:
女には、女の闘いがあるんです :m030:
それは、いかにみんなを充足へ導くか?の闘いなのです :m072:
みなさんも、明日から真似してみて下さい :m146:


posted by staff at : 14:44 |コメントする    Print This Post