- 共同保育って、どこまで進んでるの? - http://www.allday-thanks.net -

名付ける想い☆.。.:*・°

Posted By staff On 2008年2月28日 @ 12:17 AM In 未分類 | 6 Comments

%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%88%E5%91%89%EF%BC%89.jpg
こんにちは~ :m005:
みなさんは自分の名前って
どういう由来でつけられたのか? :roll:
聞いたことはありますか?
もしくは、自分の子供に名前をつけるときに、期待、願いや想いをあれこれ考えた経験がある!
っていう方もおられますよね :D
私も自分の名前について両親や親族に聞いたことがあります。
そして、「自分にもし子供ができたらこ~んな名前にしよ :m030: この漢字使おう :m030:
なんて妄想したこともあります :m108:
この前、お嬢さんが生まれたばかりという男性とお話をする機会がありました。
お嬢さんの名前が決まったというので、その由来、コンセプトを質問してみたんです :m042:
そこには、お父さんの想い、社会に出ている男としての想い
深ぁ~くこめられていました :m034: :m034:
気になる続きは クリック :m092: してから 読んで下さいね :m001:


お嬢さんが2人いるそうなんですが、2人とも名前は、漢字・読み仮名どちらもともに二文字。
とっても呼びやすくて何度も声に出したくなる可愛らしいお名前です :m036:
そのコンセプトは・・・? :roll: と言うと、
 「誰が見ても読みやすくて、呼びやすい名前」 
なるほど :shock: :m051:
そう言えば、るいネット [1]にこ~んな投稿がありました :m208: :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:
名前は、個人を特定するもの。
自分の利益のためだとしたら、必要性が薄れてゆくというのも納得だったけど、
課題をスムーズに遂行するために、相手やみんなにとって必要なものと捉えれば、
価値は増しますね!!
るいネット 「名前の価値」 [2]より引用 :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:   :m036:   :m037:
そうそう :D :m051:
名前や苗字の始まりって、集団生活=共同体の中で個人を特定するためや、
共同体で課題や作業を遂行する際に、呼びかけるためにみんなにとって必要だったから、1人1人つけられるようになったんですよね。
その男性は、そのことを意識した上で、つけたそうです :m034:
「読めるなら読んでみろよ!」という親の自我は出したくなかったので :m108:
難しい漢字や読み方はなるべく避けて、誰が見てもわかりやすいものにしたそうなんです。
お嬢さんのこと、お嬢さんの周りの人々のこと、お嬢さんがこれから出会うであろう人々に想い :m034: をはせて
名付けたことに、すごいなあ :m021: と想いました :m102:
ちなみに、珍しい漢字・読み方のお名前の方って、
一度聞いたら忘れられなくて記憶に残りやすい :m208: っていう例もありますよね。
きっとそれも、印象づけてみんなから名前を覚えてもらえるように、という名づけた方の期待 や想い があるんだと思います。
いずれにせよ、命名の本質って集団の中でみんなから個人を特定するために必要だったんだということに気づかせてもらいました :m194: :m001:
こんな気付きを与えてくれて、みんな発で考えられるステキなお父さん=ステキな男の人がいるってすばらしいなあ~ :m034: ありがたいなあ :m021:  
と感じた、さあさでした :m103:
最後まで読んでくれてありがとうございまぁ~す :m022:


Article printed from 共同保育って、どこまで進んでるの?: http://www.allday-thanks.net

URL to article: http://www.allday-thanks.net/blog/2008/02/000337.html

URLs in this post:

[1] るいネット: http://www.rui.jp/

[2]  「名前の価値」: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=132005

Copyright © 2012 毎日のありがとう. All rights reserved.