就活生必見!『自己アピールではなく、役割アピールをしよう☆』

こんにちはっ: :m193: るいです :m193:
もう年末も近くなってきましたね:m228:
この時期は、あこりんさんの記事にもあったように、就職活動がさかんになってくる時期でもありますよね。私も最近、リクルートスーツで歩き回ってる就活生をよく見かけるようになってきました:m071:
ということで、今日はそんな就活生にオススメ :m051:
『自己アピールではなく、役割アピールをしよう』
という、るいネットの投稿を紹介しようと思います:m034:
実際、私も2年前は就職活動していた身なのですが、そのときに出会っていれば…と思いました(笑)
でもこの投稿は、就活生はもちろん、すでに働いている人にもタメになるものなので、ぜひみなさん見てみて下さいね:m030:
では、続きはポチっとしてから、お願いします:m022:

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます

:m215:   :m216:   :m217:  :m218:  :m219:   :m215:   :m216:   :m217:   :m218:   :m219:   :m215:   :m216:
自分が普段仕事をしていて「この人、仕事ができるな」と思うのはこういう人だ。
場にある役割を率先して担える人。
例えば、会社が自分に与えた役割(仕事)以外のことでも、必要に応じて自ら主体的に動ける人はとても素敵だ。こういう人は、上司などに指示を出されてからしぶしぶ動くのではなく、常に現場でアンテナを張って、課題があれば自ら解決に向けて動く。
では、どのようにしたら、このような人になれるだろうか?
おそらく、このような人は、こんな考え方をしている。
1. 相手(お客様や同僚など)が何を求めているのかを知る。
2. どうしたら課題(相手が求めていること)を解決できるのかを考える。
3. 自分には何が出来るのか、担える役割は何かを考える。
この思考プロセスをぜひ真似してみたいと思う。
自ら役割を担い成果を出している人には、「この人になら仕事を任せても大丈夫」という安心感が生まれる。これはその人への信頼性そのものだ。
そこで、ふと思うことがある。よく「自己アピールをしなさい」だの「自己実現を目指そう」だのということが言われる。しかし、こんなことをして意味があるのだろうか?自分をアピールしたところで、それが場(職場)にある課題解決に寄与できなければ意味がない。
課題を解決するために、自分は何が出来るのかという「役割アピール」をすることが重要なのではないだろうか?
就職活動で面接をする際も、「自己アピール」をしようとするのではなく、「役割アピール」をしてみてはどうだろうか。
 『就職活動や仕事では、自己アピールではなく、役割アピールをしよう♪』 :m215:   :m216:   :m217:   :m218:   :m219:   :m215:   :m216:   :m217:   :m218:   :m219:   :m215:   :m216:
文章後半の、「自分をアピールしたところで、それが場(職場)にある課題解決に寄与できなければ意味がない。」というところに、めっちゃ納得しました:m199:
「自己アピール」は要するに、今までの自分を振り返って「ここはいいと思う」ところをアピールすることだと思うのですが、確かにそれはその人の「いい部分」であることは間違いないんだろうけど、その部分が会社側の必要としている部分とマッチしていなければ、”アピール”にはならないのは、その通りです。
アピールするためには、「相手が必要としていることは何なのか?」を知らないとできないと思います。
必要なのは、「自分を知る」ことではなくて、「相手を知る」こと。
前半部分の「場の役割を率先して担える人」というのも、結局は相手(お客様や仲間)を捉えていて、課題(みんな)がどうやったらうまくいくのか?ということを考えているから、役割に気づいて担っていけるんだと思います。
今、必死に自分探しをしている人は、自分について考えるよりも、相手(会社)のことを考えてみてはどうでしょうか?
その方が、答えに近づくことができると思います★


posted by staff at : 17:57 |コメント(2)    Print This Post