『自分』というフィルターをはずそう☆

こんにちは :m030: ゆかりんです :m202:
今日の東京は快晴 :m005: 心地よい風が吹いていて、とっても気持ちいい一日でしたね :m101:
さてさて。
みなさんは「子供」と聞くと、どんなイメージを持ちますか :roll:
「無邪気」「真っ白」「かわいい」「元気いっぱい」「素直」etc…
ところで、なんで子供って、あんなに素直でいられるんでしょう?? :m021: ランキングへのご協力、ヨロシクお願いします :m021:
 

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
~以下、『5科目も何も関係ない子供』より引用~
塾の生徒ですごい子供の話を聞いた。
どの教科であれ、テストであれ、5教科の枠にとらわれていない。
例えば、テスト。
彼にとっては、「質問があるから答えるだけ。」
テストでさえ5教科という枠は関係ない。
他にも、普段の勉強。
新しいことを習うと、普通は「これ大事だから覚えておこう」「~嫌いやから無理」などなど考えてしまうが彼は違う。
新しいこと知る→~はなんで?→自分で調べる→~はなんで?・・・
と新たな疑問がどんどんわいてくる。
新しいことは、そのつながりの一つでしかない。
勉強にかかわらず、質問される→答える、わからない→調べるっていうのは、
当たり前の思考であり、それを実践してるからこそ吸収できる。
逆に多くの人は、「苦手」「嫌い」という固定観念が邪魔して吸収できない。
大人になれば、それが当たり前になって、自ら吸収しようとしないという姿勢にかわっていく。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
子供は、何か疑問に感じる事があると、大人達にすかさず「これなぁに? :D 」「なんで~? :roll: 」と聞いてきます。
そして大人達は、子供の質問攻撃にトホホな状態・・・ :m002:
よく聞く話ですよね(笑)
子供は、ただ「分からない :nihi: 」と思うから聞くだけ。
そこに、「苦手」「嫌い」という意識はないのだと思います。
これが大人になってくると、だんだん「自分」というフィルター :m258: を通して物事を見るようになるから、“自分にとって”「苦手」「嫌い」という意識が芽生える :m146: →だから避ける :m108:
せっかく吸収出来るチャンスを自分で逃しているなんて・・・
もったいないですよね :m002:

%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%87%E3%82%8D%E3%81%84.jpg


posted by staff at : 16:50 |コメント(6)    Print This Post