みんなが充足するために☆.。.:*・°

85.jpg
どうも :m034:  あこりんです :m030:
世の中には、決まりやルールがありますが、
それって何のためにあるの?
って思うことありませんか?
一部の苦情or事件をもとに、
問題解決のためのルールをつくる。
そして守らない人は処罰される。
そこでは、 「なんでそうなるのか?」 という思考は
徹底的に封鎖され、目先の方針へと流れていく。
問題の根本解決には至らない一方で、
そんなルールがあるために、苦しむ人もいるのです :cry:
:m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
 (ありがとうございます


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
( 『現代の医療はおかしい! より』 引用開始 )
先日妻の祖母が他界した。
そこに至る過程で、現代の医療に対しておおいなる疑問を感じた。
義祖母はその数週間前、食事を受け付けなくなり、腎機能も徐々に衰弱し、体の機能が徐々に低下し、所謂老衰によりその89年の生涯を“安らかに”まっとうしよう としていた。
しかし、医者によると、その状態は餓死を許容し、手当てを行わない犯罪行為になる可能性があるという。
そこで止む無く入院する ことになった。
病院では点滴をうち、酸素マスクをし、人工的に機能回復の治療にあたったが、腎機能が低下している為、毒素が体に回り腰周りから体液が染み出てくるひどい状態が続いた。
彼女は「痛い、痛い・・・」と悲痛な表情でそれをただただ耐えるだけ。しかも、途中には酸素マスクのホースを繋ぎ忘れたこで、顔が紫色に変色して“危ない”状態にもなった。
看病に当たっていた親類達は「最後の最後にこんなに痛い・酷い目にあうなんて・・・、安らかに行かしてあげたかった!」という思い。私も、「こんなのありか!!」と強く思った。これは、延命治療ではなく、ごく当たり前の治療と聞き、なおさら 現代医療はおかしい! と思った。
そういう状態が2週間ほど続き、やや安定して、看病の人が一時帰宅し、入院して初めて一人になったとき、彼女は息を引き取った。
せめてもの救いが、その数日前に体をさすってあげた時に「気持ちいい」とかすかに呟いたことだと、口々に慰めあっていた。
(引用終了)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
老衰で生涯を 安らかにまっとうすることもできない って、おかしくないですか?
そして、望んでもいない延命治療をする医者。
(延命治療ではなく、ごく当たり前の治療らしいけど。。。)
ホントに「こんなのあり!?」って感じです。
現代の医療+それ以外でも、見直すべき問題は山積み だと思います。


posted by staff at : 22:06 |コメント(6)    Print This Post